ヲタキッシュ(利尻島在住のブログ)

釣り(ロックフィッシング)、利尻島情報、ピュアオーディオ、ビリケン商会のガレージキット等がメインです。リンクフリーです。
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

日本一の秘境駅の小幌駅が廃止か?(昔は小幌仙人も住んでいたよ)

 日本一の秘境駅である小幌駅が10月で廃止の見込みとのニュースです。良い釣り場でしたし、面白い場所なので大変残念です。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0158186.html

小幌駅1

小幌駅2

小幌駅3

小幌駅4

小幌5

 小幌は、2006年の2度目の釣行時ににZさんご一行とすれ違った思い出の地です。以下は詳細記事へのリンクです。(あの時お会いしたのが初めてでしたよね?)
小幌釣行1回目:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-date-20060710.html
小幌釣行2回目:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-date-20060717.html

 あの頃は小幌仙人も存命中でした。以下に私のブログの小幌駅と仙人の詳細記事のリンクを置いておきます。
小幌駅:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-275.html
仙人について(その1):http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-277.html
仙人について(その2):http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-284.html
仙人救出:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-463.html
訃報:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-470.html

 少しですが私が撮影した動画もあげておきます。
[ 2015/07/25 10:54 ] 伝説の人 (必見) | トラックバック(-) | Comment(0)

2013年の総括その2(訃報)

【訃報】
 最初に嫁がお世話になってから、約25年間お世話になってきた整体師の佐藤晴美先生(男)が昨年春頃亡くなられました。やること、言うこと、施術料金はぶっ飛んでいましたが、腕は確かな先生でした。

 先生の記事はこのリンクの中間ぐらい:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-category-18.html

 享年83歳だと思います。早すぎる死でした。脳内の血管が破裂したそうなのですが、先生のポリシーに「死んでも医者の世話にはならない」というのがあり、それを貫かれて亡くなられたそうです。(外科手術は否定していなかったので、ちゃんとお医者さんにかかって生き延びて欲しかった気がしました。)先生が亡くなられたのを知ったのは今年(2013年)になってからです。交通事故で痛めた嫁の首や腰を治してもらおうと思って電話をして、亡くなられていたことが判明しました。

整体師
 
 インターネットが流行る15年以上前のことですが、貸し切りバスで団体客が来たりて、早朝から夜中まで働かれていたので、当時お世話になった方は相当数いるのではないかと思います。(若い客は少なかったでしょうから、この記事を目にすることはないかも知れませんが...)

 しかし、元々相当高かった施術費をブラックジャックのように超絶に高くして客減らしをしてからは急患さんが来る程度だったようで、ネットでは一切情報を見たことがないですね。(とんでもない値段を請求されますが、出世払いは可でした。)

(怪しさ爆発の看板 モエレ沼の駐車場近くにありましたので見たことある方も多いでしょう)
ギャグとしか思えないこの看板を見て、ここで看てもらおうなんて絶対思いませんよね。

satousennsei 2

 先生には、嫁は何度か首やら腰を治してもらい、その場で毎度毎度目のクマをとってもらました。私は大腸の内視鏡検査で壊されたお腹を治してもらい(何も言わなかったのですが急に治りました)、長女は喘息を治してもらいました(1発完治で再発無し)、次女の蓄膿は薬を飲まない程度までには治りました。

 先生にしてもらった我が家最後の大仕事は、義理の兄夫婦の不妊治療でした。(わざわざ東京から来てもらいました)16年くらい不妊で悩み、専門医師の治療も受け続けていましたが、ずーっとダメでした。先生に看てもらった後は1発で酷い生理痛が完治しました。

 そして、今年11月18日に無事健康な男の子を出産しました。一流のお医者さんに観てもらっていたこともあるでしょうが、佐藤先生の力も大きかったと思います。佐藤先生が生きていて、出産の報告をしたら、先生はきっと「それは良かった。よ~し、100万円もってこい、安いもんだろ~。」と笑って言ってくれたことでしょう。しかし、長年不妊治療に費やした膨大なお金を考えれば確かに100万円は安い気がしますね。(本当に困っていれば、ただでもやってくれる先生でした。)

 先生は弟子をとっていなかったのが悔やまれます。先生は「この技は誰でも出来る、まねして自分でやれ。これを真似て世界中の人がこれをやれば、世界中の人が健康になれる。」と言っていたのですが、素人には無理でした。確かに何も特別なことはしていないのですが、実際に治ったんですよね。自分がまねしてみても治せません。

 佐藤先生が生きているうちは、多少大きな病気や怪我をしても何の心配もないと思っていたのですが、これからは怪我や健康に気をつけて生きていかなければならなくなりました。脳の血管さえ破れなければ後20年くらいは余裕で生きていられそうな程元気だったのに残念です。我が家を長年支えて頂きありがとうございました。

【追記】
 施術料がぶっとんでいたので、お金は結構入ってきたようですが、極めて質素な生活をされていました。ほとんど食べないですし、巨大な家も全て手作りでした。お金は世界平和のために何らかの研究をしていたらしく、自宅の庭にプラントを作っては実験していたようです。その研究費としてお金が必要だったようです。ただ、プラントが爆発してしまい中断しちゃいましたけどね。常に世界平和のために生きてきた先生でした。
 さすがに高かったので、私、長女、次女がフルで施術してもらったのは各1回だけでした。嫁だけ何度もやってもらっています。私と娘達は、いつも嫁のオマケでやってもらっていました。
[ 2013/12/31 10:45 ] 伝説の人 (必見) | トラックバック(-) | Comment(0)

念願の 【 見世物小屋 】 初♥体♥験 

 私は昭和の人間にもかかわらず【 見世物小屋 】 には行ったことがありませんでした。行きたいと思った頃には既に見世物小屋は姿を消していました。

 しかし、日本にも見世物小屋は残っていました!!! (現在は、大寅興行社と入方興行社のみらしいのですが入方の方は興行主が亡くなられたらしく現存しているかは謎。今回どちらの興行かは解りませんでした。)

見せ物小屋1
見せ物小屋2
見せ物小屋3

 札幌祭り期間中の中島公園。年間を通して、北海道ではこの時しか見られるチャンスはありません。

 今回はたまたま出張とぶつかり、仕事の終了後駆けつけたところ、ギリギリで間に合いました。中島公園の土地勘はないし、とてつもなく混んでいて動きがとれない状況でしたが、たまたま最短の移動で見つけることが出来ました。まさしく神のお導き。

 ショーは3部構成でした。1部はボイン(作り物)おねーちゃん(男かも?)のボインショーと空中浮遊。2部は危険な獣(女)の大岩を持ち上げる怪力ショーでした。(下の写真)

怪力2
怪力

 さて3部は有名な小雪太夫の登場です。彼女のおかげで見世物小屋が絶滅せずに済んでいるといわれています。まさしく救世主です。何をするかは...写真で見たとおりです。(手に持っているのは生きた本物の蛇です)

蛇女1
蛇見せ
蛇女2
蛇女3
蛇女4

 昭和にタイムスリップした感覚と(江戸川乱歩とか少女椿の雰囲気もあります。)、何ともいえない達成感を胸に600円を支払い、見世物小屋を後にしました。こういった特殊な内容ですから、賛否はあると思いますが私は貴重な文化遺産だと思います。見世物小屋に関しては色々知りたいのですが、元々アンダーグラウンドで背徳的なものですから、資料自体あまり残っていないようで残念です。

 見世物小屋は600円で異世界へ誘ってくれる貴重な場所だと思います。細々とでいいので続けていって欲しいです。見たことの無い方は必見ですよ!!!
 
興味と勇気のある方は以下の動画を見て下さい。(下の文字をクリック)
小雪太夫動画リンク

※今回はデリシャススィートスとの共同公演のようですね。ちなみに、写真が汚いのはスマホだからです。
[ 2012/06/17 21:24 ] 伝説の人 (必見) | トラックバック(-) | Comment(2)

GWは札幌に治療旅行

 今冬、2月2日にコンビニのひさしから氷が落ちてきて嫁の頭にヒットし氷が砕けました。頭と首にかなりの衝撃をくらったようです。それから病院に行くも、ほとんど良くはなりませんでした。頭と首は痛いまんま。

 どうしても治らない時は、そうあの先生の所に行こうとのことで、札幌まで行ってきました。(嫁は20年以上前からお世話になっています。)

先生に関しての記事:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-date-20080128.html 

 以前の治療所は火事で焼けてしまっていました。そのため現在の治療所がどこなのか解らなくなってしまいました。(築40年だったそうです。周囲からは「10年で崩壊する」と言われていたそうです。確かに、あれでよく40年ももったなと...)

焼けた

 携帯で尋ねると、「前の建物から100m奥」とのこと。ドロドロの道を進むと、10人くらいは暮らせそうな大きな家が建っていました。(近くには謎の本格的な自作工業プラントまでありました。現在は故障中とのこと。)

外観

 なんと、この家は自分で建てたそうです。基礎はなく、移動が出来るので、物置扱いだそうです。確かに手作り感満点の家です。(写真の矢印部分ベッドの枠が飾り?として使用されています。)柱から何から何まで適当ですし、所々光が差し込んでいますが、多少の隙間は気にしないそうです。そのくせ水洗トイレで、床暖房まで入っています

 ノリはほとんど北の国からです。まあ、今回焼けた建物も自分で建てたそうですし、家族の住居の3階建ての家も自作だそうです。確かに言われてみれば、それらも手作り感MAXです。(窓あったっけ?)

内部

 今回は、嫁と長女はフルコース、次女は矯正のみ、私はチェックのみでした。先生は81歳ですが相変わらず元気で、恒例のお話も含めて、トータル5時間以上でした。今回も、私を太ももの付け根に踵で立たせてグングン持ち上げる(弾きあげる)デモンストレーションをしてくれました。乗っかる時、先生の骨が折れないかヒヤヒヤしました。

 嫁の首はまだイマイチですが、腰はかなり良くなったようで、目の下のクマもぐんと減りました。(首の効き目が出るのはもう少し先かな?)長女の持病・便秘への効果は今のところ不明で特に改善の自覚症状は無し。(小さい頃にやってもらった時にはぜんそくが完治しました)今回次女には効果てきめんで蓄膿気味の鼻が全然出なくなりました。(前回より、かなり効きが良いです。効果がいつまでもつかは解りません。前回は2年半くらいもちました。)私は見てもらったところ、まあ大丈夫だろうとのことでした。

 相変わらずお元気かつ、今まで以上にアナーキーで安心しました。自称120歳まで生きる(最低でも100歳までは生きる)とのことなので、まだしばらくはお世話になれそうです。

 非常に親切丁寧なのですが、相変わらずブラックジャックのノリの先生なので(金額的に)非常~に紹介しづらいのが難点です。
[ 2011/05/07 20:18 ] 伝説の人 (必見) | トラックバック(-) | Comment(0)

ガムの崩壊(分解)に成功

 先日長女が、ガムの崩壊(分解)に成功しました。 

 実は自分自身は何度も経験しているのですが、自分以外が成功したのを初めて見ました。ちなみに私が最初に成功したのは、約15年前に愛媛県の宇和海の中泊にグレ釣りに行っていた時でした。(私は、ずーっと同じガムをかみ続けることが出来るんですよ。)

 ガムを6~8時間ほどかみ続けていると、ある時急に噛みごたえが無くなり、数分中(数十秒?)には突然ボロボロと崩壊しはじめ、あっという間に水を吸った小さな紙くずみたいに変化します。そして全く噛めなくなります。

 私の場合、最近では先日のクロガシラカレイ釣り(先日の4匹の釣果)で崩壊を起こしました。(職場の同僚に見せました。)

 その話を聞き長女も挑戦し、見事成し遂げました。かみ始めは午前11時ちょうど、途中ガムを口に入れたままお昼寝、崩壊が起きたのは夕方6時ちょうどでした。所要時間はきっかり7時間でした。経験的には6~8時間なのでまあ妥当な数字でした。

             さあ、皆さんもレッツトライ
[ 2009/04/29 19:26 ] 伝説の人 (必見) | トラックバック(-) | Comment(5)

新カテゴリー追加 『伝説の人』

 新カテゴリー『伝説の人』を作りました。

http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-category-18.html

 今のところ該当は3人です。

(その1)整体師の先生
凄腕なんだけど、初診料はブラックジャックのように恐ろしく高いです。
(治ればそれでも安い???)

(その2)ほがらかおじさん。(故人)  
札幌に住んでいた人なら誰でも知っている?大通り近辺を、女装をして歌いまくっていました。

(その3)小幌仙人(故人)
鉄道マニアと、一部の釣り人には有名。完全に隔離された無人駅の小幌駅(鉄道以外の陸路が皆無。停車する列車も日に数本)で夏冬限らず15年以上も、1人で生活をされていた方です。

 上記3人に関しては、現時点ではこのブログが1番詳しいと思います。是非ご一読下さい。他にも「伝説の人」と言って良い方にもお会いしていますが、今のところ公表できるのは上記御3方ですね。
[ 2008/01/30 00:57 ] 伝説の人 (必見) | トラックバック(-) | Comment(0)

嫁の腰を治してもらいました 例の場所で......(先生の秘密)

 以前、小幌仙人についても書きましたが、この先生も結構仙人系です。先生に関して、色々記憶をたどって書いてみたいです。

1 先生はあまり食べない
 朝食は無し。忙しいときはご飯と自家製味噌のみ。昔はご飯と、もろみでした。肉は食べない。お子さんも肉を全く食べないらしく、昔、給食の件で担任の先生や、校長先生まで家庭訪問に来たらしい。
2 先生は頑丈
 大昔、プレハブで鉄骨が剥き出しの時代には自分の頭を鉄骨に打ち付けて見せてくれた。(←嫁談)今回は、自分の腕をグーでガシガシぶん殴っていた。私は慣れているので平気でしたが、旭川のお客さんはびびってすぐに止めに入っていました。今回も、私をふくらはぎに立たせて持ち上げたり、股関節の継ぎ目の部分(凄く痛い部分)に私を踵で立たせておりゃーと持ち上げたりしてくれました。
3 世界平和のために生きている  
 現在は世界平和のための発明品作りに精力を注いでいる。そのためにしかお金は使わない。衣食住にはほとんど執着がない。家はプレハブで自作。服はいつも同じ。ご飯はあまり食べない。ただし、億万長者になれたら、好きな場所に別荘を建てて綺麗な景色を見ながら気ままに暮らしてみたいとのこと。
4 娘さんも若い
 娘さんも見た目相当若い。今回お会いしたのですが、あまりに若くて、娘なのか孫なのか迷いました。とても良さそうな人でした。
5 先生の技の秘密
 大昔になるが、動物(主に家畜)を用いて生物体の構造に関して(時に骨)相当研究したらしい。犠牲にしてしまった動物も結構いるが、感謝しているとのこと。
6 先生の嫌いな物
 悪い医者や、政治家、薬、手術。ただし、救急医療は重要とのこと。理由は、「俺は外傷は治せない。事故には気をつけろ。」。ちなみに、「風邪は治せない。そんなもん自分で治せ。」とのこと。基本的には「病気なんてするな。」
7 先生の教え
 神様はバチを与えない。(自業自得ということはある)神様は拝むだけじゃ駄目、無意味。神の考えで行動せよ。何事にも感謝して生きよ。

 なかなかグレイトな方です。  
[ 2008/01/28 00:37 ] 伝説の人 (必見) | トラックバック(-) | Comment(5)

嫁の腰を治してもらいました 例の場所で......(その3)

 さて、4時間経っていよいよ嫁の施術です。また素晴らしいクッションワークの後えいっえいっと整体をします。
施術1
 するとまた、あっさり治りました。数分です。仙骨がほんの少し悪くなっていたようです。

 後はサービスの筋肉マッサージです。ネット初公開、構想10年特製マッサージ機。
施術2
 松葉杖を用いたケツ踏み。(松葉杖で、かける体重を調整)
施術3
 
 サービスで娘もやってもらいました。背骨が結構ずれているとのこと。年1回くらい来ると良いと言われました。現在蓄膿気味なのですが、これで治れば嬉しいですね。(それ以外は今のところ何も無しで、元気)
施術

 帰りには、先生お手製の生ハスカップジュースまで頂きました。
ハスカップジュース

                                        (先生の秘密につづく) 
[ 2008/01/28 00:11 ] 伝説の人 (必見) | トラックバック(-) | Comment(0)

嫁の腰を治してもらいました 例の場所で......(その2)

 お話を聞いている最中、お客さん(母と娘)が来ました。「旭川からの重症患者さんだから、先にやる」とのこと。娘さんは20代の女性看護師さんで火曜日に腰に激痛→車椅子で帰宅、金曜まで自宅療養、土曜日になんとかこの治療院に来れたいうことでした。(ヘルニアのようです)
 かなりやばそうな感じで、やっと歩いて部屋に入ってきました。先生は、「治し方を教えるから見に来い。」と、私たちを呼びました。そういうわけで、見学させてもらいました。(先ほどの部屋の写真の右手奥半分が治療部屋です。)
 
 先生曰く、「こんなの簡単だから、すぐに終わるからね。」とのこと。いつもながら見事な布団and座布団ワークでその症状に応じたクッションを作ります。
 そうして、私たちに手短に治療に関する講義をして、数分間えいっえいっと整体をしました。そして、「立ってみて」といわれると彼女は普通にすくっと立ちました。本人も含め非常に不思議なえっ???という感じでした。既に大丈夫なようです。これで終了でも良いらしいのですが、放っておくと再発するので、サービスで先生が気合いを入れて筋肉マッサージをしてくれます。最後には、再発しないための運動方法を指導してくれます。(骨を治しても、筋肉が治らないと、また引っ張られて再発するそうです。)先生は、基本的には「自分でやれ、自分で治せ」をモットーにしているので、その患者さんには「次来るときは、100万円もってこい」と言っていました。(「今日完治したのに、また悪くなったらおまえがさぼったせいだ」ということです。もちろん、すぐ悪くなったのなら、また普通に看てくれます。)

 先生はメチャクチャ語りたそうでしたが、遠方から来た方で外の車でお父さんが待っている(部屋が狭くて入れない)ので早めに帰宅されました。

 さて、そのお客さんが驚いたのは、やはり初診料でした。初診料は高いんですよ。マヂで。初診料は1生に1回で良いですし家族はそれ以降初診料はいらないんですが(昔はそうでした。今は変わっているかも?)、普通の診療費と比べるとぶっ飛ぶほど高いです。ブラックジャックよりは安いですけどね。
 今回のお客さんは、娘さんの出世払いのような感じで、今回の施術料に持ち金を取り敢えず上乗せして払っていきました。
 病気や症状によっては、確かに治っちゃえば凄く安いともいえるのですが、イキナリは普通払えない金額です。実は、当時大学生だったうちの嫁も、嫁の兄も、とても支払えないので出世払いと言うことにしてもらっていました。結局嫁が払ったのは、私と結婚してからです。つまり12年前ですね。(8年待ってもらった事になりますね。ちなみに嫁の兄は未だに未払い。でも家族だから払わなくて良いのかな?)ただ、12年前は今よりは相当に初診料が安かったので、何とか払えました。そういう理由もあり、自信を持ってオススメは出来ないんですよ。(それに、最近は発明品の開発のために、北海道に半分くらいしかいないので、あまり整体はしていないようです。)
 ただ、お金に糸目をつけないで、どうしても治したい病気がある方にはご紹介します。(自己責任でお願いします)年収数億円のノアールさんはすぐに払える金額だと思いますけどね。先生は現在78歳ですが、100歳までは整体を続けると言っていますから後20年は大丈夫です。ちなみに120歳まで生きるそうです。(嫁によると、確かに、この20年あまり歳をとっていないように見えるそうです。) 
                                                  (つづく)
[ 2008/01/28 00:06 ] 伝説の人 (必見) | トラックバック(-) | Comment(0)

嫁の腰を治してもらいました 例の場所で......(その1)

 先日少しご紹介した私の家族行きつけ?の整体師さんに行ってきました。嫁の兄と嫁が20年前にお世話になり(2人ともむち打ち症→完治)、私と長女が12年前(私アレルギー性鼻炎→再発、長女は喘息→完治)、今回は、嫁と次女がお世話になりました。(嫁は座骨神経痛、次女は蓄膿気味)

  誰でもドン引きしてしまうこの看板の整体師です。今回この看板について尋ねたところ、この看板は置いてあるだけ。この看板を見て来る人なんていないよ。とのことでした。ただ、「書いてある事は本当だよ。と付け加えてくれました。この看板がないと、確かに地味すぎて見つけられないですね。
satousennsei 2
 先生は、ここしばらく発明品の製作に忙しく、北海道を離れているので、なかなか整体を出来ない状況でしたが土曜日に、やっとやって頂きました。

 9時開始のはずでしたが、吹雪で高速が全面ストップ、下は大渋滞となり、到着は10時となりました。(看板の名前は消しています)相変わらず、先生自作のプレハブ小屋です。
整体1

部屋はすきま風が入るので恐ろしく寒く、最初は10℃以下だったと思います。トイレは外気温と同じでしたので、ー10℃くらいでした。やたらとトイレに行ってしまいました。
整体2
 
 さて、治療に入る前には毎回恒例の先生の語りがあります。毎回壮大なスケールで面白い話が聞けます。1時間半くらいは予想していたのですが、今回はたっぷり4時間でした激しく寒かったことと、お腹がぐーぐー鳴ったのが少し困りましたね。(私はシャツ1枚だったのですが、スペースの都合上こたつには足先しか入れなかったので、流石に寒かったです。)

 お部屋の整骨の図。これであなたも治療が出来ますね。(治療法は秘伝でも何でもないので、誰にでも教えるから自分でやれとのこと。今回も少し教えてもらいました。ただ、教わっても素人には出来そうにないんですが.....)自分でやる運動くらいかな、出来るのは。
整骨表
 説明用の本???
ライトな絵本
 豪快な、たこ足配線。
たこ足
[ 2008/01/28 00:00 ] 伝説の人 (必見) | トラックバック(-) | Comment(2)

覚えていますか?『ほがらかおじさん』

 ここしばらく、空いた時間には大掃除をしているのですが、レアなものが見つかりました。『ほがらかおじさん』の名刺です。
ほがらかおじさん
 札幌に長く住んでいる方はご存じでしょう。大通駅近辺を女装して、ラジカセ片手にカラオケしていた、あのおじさんです。(歌う真似だけだったかな???)アラレちゃんや、松坂慶子、インディアンあたりが最も多かった気がします。

 ただ、かなり昔の話(20年前?)になるので最近は話題にもなりませんし、ググっても情報が出てきません。そこで、私の覚えている限りの情報をここに残しておきたいと思います。

 どうして私が名刺を持っているかというと、ほがらかおじさんのお宅に、おじゃましたことがあるからです。大学でたまたま知り合った人が、おじさんのファンで「一緒にお家に行かないか?」と誘われたので一緒に行きました。(残念ながら、写真は撮って無いです)
 
 札幌市篠路にあった元スーパーがお宅でした。かなり広いお宅で、ほとんどの部屋は、衣装部屋と化していました。嫁と子供には逃げられたとのことです。基本的に冷暖房は入れないらしく、かなり寒いお家でした。ただ、おじさんは部屋の中では半裸!!!でした。健康のためだと言うことです。食事まで出して頂きました。健康的に野菜(確かゴボウ)の煮物でした。大変美味しかったです。(なんか、せんべいみたいなクッキーみたいなあやしいしい物体もご飯代わりに食べたかも???) 
 
 何故女装しているのかの答えは『世界平和のため』だそうです。色々詳しく説明してくれたのですが、大昔のことなので忘れてしまいました。しかし、なかなか良いことを言っていたと思います。ファンレターも山ほどもらっていて、私たちに見せてくれました。大変素敵な方でしたが、何時の頃からか見なくなりました。

※あくまでも噂ですが、「悪口を言った子供を殴ってから表に出なくなった」「家が火事になった」「もう大分前に癌で亡くなった」とのことです。まあかなりのお歳でしたから亡くなられているでしょうね。

秘境小幌駅の仙人逝く....

 釣り新年会は大変楽しかったのですが、残念なお知らせも聞くことになりました。
 それは『小幌仙人が逝った』との情報です。
 道南噴火湾付近に親類、実家のあるやっちゃんさんからの情報でした。TVで放送された救出劇のあと長万部の病院に搬送されたそうですが、その後しばらくして胃ガンで亡くなられたそうです。
 小幌駅も本当に無人になってしまいました。今シーズンも会えるのを凄く楽しみにしていたのですが、今度こそ家族みんなで行くつもりでした。大変残念です。
 ちなみに、地元では小幌太郎さんと呼ばれていたようです。

秘境駅小幌仙人の映像がようつべにアップされていました

 昨年の小幌遠征時に(ブログ内で検索をかけると出てきます。)、お世話になった仙人が低体温症で病院に運ばれる姿が、TV番組に出ていたという話は聞いていたのですが、映像は未見でした。しかし、調べたところYOU TUBEにその模様がアップされていました。(「交通警察24時」という番組です)
該当部分のアドレス:リンク切れ

 間違いなく小幌仙人です。発見したのは釣り人とのことです。紅葉していますので、秋頃の映像ですね。秋にも潮や天候が合えば小幌遠征に行っていたと思いますので、自分が発見者になっていた可能性があります
 仙人はどうなったのでしょうか?今シーズンは記録的な少雪ですが、あの感じでは、さすがにこの冬はあの場所では過ごせないでしょう。
 ただ、暖かくなってからは、またあの場所に復帰して欲しいです。仙人がいてこその秘境小幌だと思います。来春にはまた小幌に遠征すると思いますので、是非またお会いしたいです。前回は栄養ドリンクを持って行ったのですが、次はもっと元気が出る物を持って行きたいですね。

秘境駅の小幌仙人追記

 ちょっと遅くなりましたが、先日の小幌釣行では、仙人と少しお話をしてきました。
isu
 そこで解ったことは、
1 真冬でも一人で小幌に住んでいる。
2 生活費を稼ぐためのアルバイトは静狩でたまにしている。
3 冬は小幌駅の除雪をする代わりに、駅側の小屋を使わせてもらっている。
4 燃料(薪)や水(湧き水?)には困らない。
5 ラジオと電池が置いてあった。(使用しているかどうかは???)
6 最近はあまり海には降りていないらしい。
7 「釣った魚を持ってきますか?」との問いに「特にいらない」とのことだったので、尾頭付きの生魚は調理しない???
と、いうことであった。
 今回はおにぎりをお供えしてきました。皆さんも持って行けば何か御利益があるかも知れません。まあ、釣り人は仙人の寝室兼居間を通してもらわなければ釣り場にも行けませんしね。  

意味不明
 小幌駅のホームにあったのですが、電話なんか何処にもないんですけど....それに、崖を降りて海まで行かないと携帯も通じないんですけど....
 今回は鉄道マニアらしき人も行きに1人、帰りに2人見ました。人のいる小幌駅も不思議なので撮影してみました。
乗降客

小幌駅は大人気ですね!!!

小幌仙人は実在した!!!

 小幌には仙人が住むと言われていました。私も実際に会ってきました。(もちろん電気、ガス、水道、電話何も無しですよ)
 会ってきたというより、仙人の居間を通らないと海岸に出られません。こちらが仙人の家の駅側の入り口↓。
せんいん
 仙人さんは、道の真ん中で灯油缶を使用して火をたいていました。朝食の準備だったかも知れません。私は仙人に栄養ドリンクを2本献上して彼の居間を通りました。なかなか仙人は紳士でした。こちらは居間を海側から見たところです。↓
仙人
 ちなみにこれ↓が炊事場?でしょうか。色々な物が冷やしてありました。
仙人2
 今回は仙人とはあまりお話ししていませんが、次回はゆっくりお話しする予定です。既に15年以上ここに住んでいらっしゃるようなので(真冬でも)次回小幌に行った時にも必ず会えるでしょう。
ページ最上部へ