ヲタキッシュ(利尻島在住のブログ)

釣り(ロックフィッシング)、利尻島情報、ピュアオーディオ、ビリケン商会のガレージキット等がメインです。リンクフリーです。
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

ホッケの刺身 アニサキスとの戦いには勝利した模様 

 ホッケの刺身は美味です。しかしあまり食べる機会がありません。鮮度が落ちやすいと言う理由もありますが、やはりアニサキスがたくさん寄生しているというのが1番の理由でしょう。(身が柔らかいためルイベには向いていないと思います)

 今までもホッケの刺身は食べたことがあります。
その時の記事:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2040.html
もう一つ:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1773.html

 ただ、その時はアニサキスが少ない個体を選びました。さて、今回のメガホッケですが、脂ぎとぎとでどう考えても美味しそうなのですが、ぱっと見ただけで、アニサキスが6匹もいました。(美味しい腹身の部分に多かったです)そのうちの1匹は見落とすくらい小さく、色も薄いものでした。食べるにはかなり危険な状態です。

 しかし、どう考えても美味しそうなので刺身に挑戦してみました

ホッケの刺身

 写真上の紐状のものは、ホッケのえんがわです。この写真の分だけ味見しました。

 今回は万全を期すため、ピチットシートも使用したためか、完璧に美味しいです。脂がのりのりとろとろで、繊細で旨みも深いです。写真の分はあっという間に平らげてしまい、これだけでは済まずに追加してこの2倍ほどは食べてしまいました。普通のホッケの刺身よりずっと美味いです。

 しかし、どう考えても危険なので、残りは泣く泣くなめろう風にして食べました。なめろう風も良いのですが、食味は刺身にはかないません。なめろう風にした理由は、身を粉々に切れば万が一アニサキスがいても切断され死ぬからです。(アニサキスは切断すれば比較的すぐ死にます。切断しないとかなりの生命力があります。生のイカをソーメン状に切ったり、お寿司等で生魚に飾り切りを入れるのも同じ理由です。)

ホッケのなめろう

 今のところ、お腹は痛くなっていません。アニサキスに勝てたのだと思います。最終兵器の正露丸を飲んで予防しようとしましたが、見つかりませんでした。(正露丸の成分のクレオソートがアニサキスに効くとの噂があります)


 特選素材の時には以下のピチットシートを使用します。刺身にはレギュラータイプより、以下のマイルド低吸収がオススメです。臭みが消え、水っぽさが無くなり、味が濃くなります。高いのが難点ですが、かなりの効果です。
脱水シート ピチット【マイルド 低吸収】30R(枚)ロールタイプ[水切シート]脱水シート ピチット【マイルド 低吸収】30R(枚)ロールタイプ[水切シート]

オカモト株式会社
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[ 2017/10/21 22:52 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

ブリ狙いでメガホッケ

 みっちゃんのお船で、おそらく今シーズン最後となるブリ釣りに行きました。波がそこそこあり、またしても酔いながらに釣りとなりました。(酔い止めは服薬していましたが...)

 なかなか渋かったのですが、今回はメガホッケが釣れました51センチ1.85キロでした。(血抜きしなければもう少し重かったと思われます)残念ながら日本記録の2.2キロにはもうひとまわり足りませんでした。(非公認ながら3キロオーバーも釣れているようです)。ホッケだから記録申請していないのかも)。捌いたら脂でギットギトでした。

 下の魚がレギュラーサイズのホッケ35センチです。メガホッケは異常に体高がありました。

メガホッケ

メガホッケ2

 卵の大きさもこれほど違いました。

メガホッケ3

 ところで、ブリですが渋いながら1匹釣れました。おそらく自己最高となる、83センチ、6.8キロです。みっちゃんの釣ったは9キロだったのかな?いつもはオラオラ巻きであげるのですが、今回は最後の1匹と言うことで出来るだけ暴れないようにだましだまし丁寧にファイトしました。

 それにしても、大きすぎて魚が半分宙に浮いた状態で捌かなくてはいけなかったので大変でした。また、骨が硬く兜割がなかなか上手くいきませんでした。(包丁もなまっていた気がします)脂ものっていてぬるぬるしました。

ブリ

 その他、美味しそうな河豚(リリース)、超美味しそうなヤリイカ(生け簀から脱走)も釣れて楽しめました。来シーズンこそブリの1mオーバーの10キロオーバーを釣ってみたいです。

 今シーズンのブリ釣果は5回の出漁で、2,0,3,0,1の計5匹でした。みっちゃん、ボートに乗せてくれてありがとうございました。


 雪は5合目付近まで降りてきています。雪虫が飛んでいたらしいのでもうすぐ雪が降るのかな???(まだ早い?)

山
[ 2017/10/21 19:45 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

礼文島での釣果

 礼文島ツアーでの釣果です。

 最も釣れる可能性が高く、最も期待していた鮭は何とボウズ。この時期は島全体に鮭がうようよしているのですが、姿すらほとんど見ることが出来ませんでした。(利尻島も鮭が異常に少ない状態が続いています。その反面ブリが釣れ続いています。)と言うわけで、それ以外の釣果です。


1 ソイの夜釣り
 強風の悪条件の中、何とか港で釣りが出来ました。風に負けず何とか頑張って、クロソイの良型が結構出ました。嫁も30センチくらいのクロソイを釣りました。風が無ければもっと釣れたと思います。(利尻より、型も数も釣れるかも?)

嫁クロソイ

 自分の最高は写真の43センチのクロソイです。41センチも釣れました。秋なので痩せています。
クロソイ43センチ


2 渓流釣り
 利尻と礼文の釣りで大きな違いが渓流です。利尻島ではほとんどの川が砂防ダムとなり自然河川はほとんどありませんが、礼文島には自然河川が多く残っており、イワナ(アメマス)の魚影がすこぶる濃いです。おそらく、知床の河川のオショロコマより魚影が濃いと思います。春先では降海型のアメマスも釣れます。40センチくらいのは釣ったことがあります。
 
 地元民の話だと、数匹なら消しゴムでも釣れるとのこと。以前、内路小学校の生徒が学校前の内路川で、ご飯粒をエサにしてイワナを沢山釣っていました。(内路小学校は現在廃校)

 適当に川に降りて、素人の嫁が適当にやってもバンバン釣れます。遡上している鮭が邪魔しなければもっと簡単に釣れます。(鮭を警戒して中大型魚が隠れてしまうんですよ。釣りづらい場所に隠れてしまいます。)この立ち位置から動かなくても10匹とか釣れます。(ただしミニミニサイズも含みます)
渓流

イワナ

 イワナだけは少しキープして家で焼いて食べました。川魚はゆっくり時間をかけて水分を抜いた方が美味しくいただけると思います。レモン汁をかけていただきました。
イワナ

イワナ焼き


3 テトラの穴釣り
 利尻島でも穴釣りは良く釣れます。(巨大なやつも釣れます)ただ、礼文島や天売島ではハチガラが良く釣れるんですよ。竿は大型魚をブチ抜いても折れないようにグラスロッドを使用します。

 ガヤ、クロソイ、シマゾイ、ハチガラが全部で30匹くらい釣れましたが、半分近くがハチガラでした。また、どうしてもテトラの奥に潜られてのラインブレイクもそこそこありました。(ラインがいくら太くても潜る角度等によって無理なこともあります)針が折れたり、針がもげたりもしたので市販のブラクリでは無理がありそうです。大型魚をあげるのは難しいです。穴釣りの魚は全てリリースしました。

穴釣り

 嫁や娘も良型ハチガラをゲット。
ハチガラ

 今回のハチガラの最大サイズは31センチです。
ハチガラ31センチ

 利尻島にもハチガラポイントはあるようなのですが、自分はよく解りません。たまには釣れます。

前回の礼文釣行:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1617.html
前々回の礼文釣行:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1507.html 
[ 2017/10/09 18:29 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

今回の鮭釣りはメス祭り 

 先日はオス4匹とオス祭りでしたが、今回はメス祭りとなりました。

鮭メス3匹

 メス鮭5匹でした。(写真に無い2匹はボロボロでグロかったので載せるのをやめました。)今回も前回とも同じポイントで超短浮き下でしたが、なぜかメスばかりとなりました。利尻の鮭は釣れていたり釣れなかったりとイマイチの状態が続いています。早く本格化して欲しいものです。

 目の前では鮭漁の網あげをしていましたが、鮭はほとんど入っていない気がしました。

鮭漁
[ 2017/10/01 18:18 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

利尻山は初冠雪 鮭も初釣果

 利尻島は秋を通り越して冬っぽくなってきました。我が家では、贅沢は敵と言うことで、9月中のストーブ使用は禁止していますが、早い人は9月の半ばから日によってはストーブを使っています。

 今朝、とうとう冬の訪れを告げる利尻山の初冠雪が観測されました。う~ん、早朝は6合目くらいまで積もっているかも?
初冠雪

 流石に夕方には8合目より下は雪が溶けたようです。 
初冠雪夕方

 さて、鮭ですが4回目のチャレンジでやっと釣れました。なんと、オス4匹でした。(1匹はブナブナだったのでリリース)浮き下を長くするとガヤにエサを捕られるので浮き下を短くしたので、オスばかりだったと思われます。

初釣果鮭

 ぱっと見、一番下はメスですが実際はオスでした。銀ぴかで若かったのでメスと間違えました。
[ 2017/09/29 17:18 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

シマゾイを炙り刺しにしてみました

 鮭釣りは3連敗中で書くことが無いので、先週もらったシマゾイを炙り刺しにしてみたので紹介します。

炙り刺し

 冷蔵庫で4日ほど熟成させたシマゾイを使用しました。うろこをきちんととって、ガスバーナーで炙り、氷でしめました。

炙り

 ポン酢と紅葉おろしでいただきましたが、身がぷりぷりしており、皮目から旨みもしみだしてきており非常に美味でした。今まで刺身か昆布締めで食べていましたが、炙り刺しもレギュラー入りですね。試したことが無い方がほとんどだと思います。大変美味ですので皆様もお試しあれ。

 クロソイを塩麹に約1週間漬けて焼いたものも大変美味でした。麹が焦げて黒くなり見た目は不味そうになったので写真は無しです。2回目は焦げなかったので写真を載せます。

塩麹
[ 2017/09/23 17:54 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

今シーズンラスト?のブリ釣りで大撃沈

 利尻はまだ鮭は本格化していません。(先日一度だけ行きましたがボウズ)たまたま海が凪でしたので、みっちゃんの船に乗せてもらいブリ釣りに行きました。9月以降、利尻は荒れた海が続くのでこれがラストチャンスの可能性が大です。

 下の写真が、今回3人分の釣果です。(リリースした魚もいます。)

釣果

 ブリは5キロ程度、大きなクロソイは59センチ(リリースしたかったのですが無理でした)。

 私が釣ったのは、ガヤ1匹のみです。(小ガヤ2匹はリリース)ブリもヒットしましたが、メインラインが高切れしてしまいました。(おそらく傷が入っていたのでしょう)

 と言うわけで、最後の最後に散々の釣果となりました.....う~ん、リベンジしたいところですがもうチャンスが無いかも?

追記
59センチのクロソイです。私の拳がすっぽり口の中に収まってしまいました。写真では大きさをお伝えできなくて残念です。大きい魚を深い場所で釣ると蘇生が難しいのが難点です。本当は大きく成長する貴重なDNAを持つ魚なのでリリースしたかったのですが...

クロソイ59センチ
[ 2017/09/17 18:54 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

ブリ釣りの後はブリホルモン(美味)

 ひさしぶりにみっちゃんの船に乗せてもらってブリ釣りに行きました。今回は70~75センチのブリが3本釣れました。(ワラササイズです)刺身やブリカマ焼きは次の日以降が美味しいので、まずはお約束のブリホルモンを作りました。

ブリホルモン

 今回は生の南蛮があったので、それも入れました。作り方はいつも通り、塩でしめて、湯がいて灰汁の出そうな部分や変な部分を丁寧に取り除いて(これが重要)、焦げ目が付くくらい炒めて、ニンニクとバターで仕上げました。(ソイのホルモンも入っています)ホルモン嫌いの嫁もこれは食べます。あっさり味で癖や臭みが無く、硬めではあるものの、ちゃんとかみ切れます。

 ちなみに市販品では以下の佐々木畜産のマルチョク手造りコロコロホルモンなら嫁も食べます。ホルモン好きの私のイチオシでもあります。

ホルモン

 今回は、同船した島のお嬢様が私の写真を撮ってくれたので紹介します。(ありがとうございました)

 これはファイト中です。新兵器のGOCEAN S64MLは、太くて重いだけあってなかなかハイパワーな竿です。手元まで来たブリは結構疲れていました。
ファイト

 これはナイフで〆ようとしているところです。この後、しっぽから神経締めで仕上げます。
捌き

 利尻島と私。
釣り

 今回の全員の釣果です。ブリが渋く、ソイも超渋かったのですが、同船の方が釣ったクロソイは巨大でした。
獲物
[ 2017/08/21 21:39 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

なんと、ブリは不発

 今日は利尻山の登山も選択肢にあったのですが、膝と腰の不調のため断念し、ブリ狙いに沖に出ました。

利尻島

 天気は最高でしたが、その分気温が高く(最高気温22℃)太陽光をまともに浴びるので熱中症になりかけで、ついでに船酔いのダブルパンチを食らってしまいました。ブリは昨日も不漁らしく、今日もダメでした。船中4人でゼロでした。体が冬に順応しすぎて20℃を超えると活動するのが苦しいです。

 ソイ類はそれなりに釣れたので、食べる分だけ・あまり大きくないものをお持ち帰りしました。大体はリリースしました。(上から3番目はカジカで、味噌汁で美味しくいただきました)

ソイ

 ニューウェポンとして、tailwalkのGOCEAN S64ML を導入しました。チャーマス氏の設計した竿です。今まで使用してきたダイワのブラスト J61S-2/3はなかなか良い竿ですが、柔すぎて重いジグが振りにくい気もしたので少し硬めの竿として今回追加購入しました。ジグを振った感じは、「曲がりは少ないのでやや楽かな?気のせいかな?」という感じでした。今日はソイしか釣れなかったので、竿はあまり曲がりませんでした。パワーは結構ありそうです。

製品のHPの記事:http://tailwalk.jp/salt/gocean/

チャーマス
テイルウォーク チャーマス

 釣りにはパジェロミニで行くので、長いワンピースの竿はダメなんですよね。グリップの外れるジギングロッドってほとんど無いんですよね。選択肢の少ない中から選びましたが、今のところ良さそうです。
[ 2017/07/30 21:14 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

7月上旬の釣り記録

 非常に遅くなりましたが、7月上旬の釣り結果です。

 同僚の父上(超釣り好き)が来島されたので一緒に釣りに行きました。(同僚は釣りをしないので同行せず)いくら利尻とは言え、夏枯れ直前で良い時期ではありませんでした。

 しかし、せっかく遠くから来てくれたので島の女神がほほえんだのか、同僚の父上には77センチのブリがヒットし、もちろん取り込みまでいけました。(ブリは我が家で美味しくいただきました)
 なんと、防波堤からガヤ釣り用の小さいワームを投げたところなんと1投目でヒットしたんですよ。(硬めの竿にPE2.5号というガヤには強めのタックルでしたので取り込めました)

 私にも、45センチ1.5キロのアブラコや、35センチのクロガシラガレイがワームで釣れました。

アブラコ

カレイ

 ガヤや、30センチまでのクロソイはいっぱい釣れたのでこの時期としては良い釣果でした。
[ 2017/07/15 19:02 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

JGFAクロソイの日本記録2つめ

 JGFAクロソイの日本記録2つめをいただくことができました。これで私が2ポンドと4ポンドクラス、嫁がレディスの8ポンドクラス、次女がジュニア部門の合計4つとなりました。
JGFAのページ:http://www.jgfa.or.jp/record/shore/

クロソイ記録

 ここ数年は産卵時期が早くなってきており、最終のタイミングで釣れた感じです。(口から大きめの魚を吐き出したので太っていただけかもしれませんが....)障害物の少ないポイントでしたので、落ち着いてやりとりをしたところ何とか取り込めました。

 次に狙いたい記録は、ボートでの12ポンドですが、今シーズンは時期的に厳しそうです。それ以外の記録はう~ん...利尻も以前ほど釣れなくなってきたので運任せになりそうです。3キロオーバーはめっきり釣れなくなってきました。1.5キロくらいまでならまだそこそこ釣れるのですが...2キロオーバーも少ないですね。


(以下ラインに関する覚え書き)
 2ポンドと4ポンドの体感的な違いはかなりある。数字では2倍の強度差だが体感的には3~4倍の差を感じる。使用タックルの関係もあるだろうが、とにかく2ポンドはすぐ切れる印象。(意外と魚では切れないが、根掛かりするとすぐに切れるこれが4ポンドになると急に強度が上がる感じ

 ちなみに6ポンドではもっと安心感が上がる。ドラグ調整も含めてタックルがキチンとしており、障害物がないポイントでは初心者でも実際に50センチオーバー2.4キロのクロソイが釣り上げられている。
その時の記事:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2036.html

 逆に、ボートで流れがあり障害物のある浅めのポイントでは8ポンドでも切られたことがある。ボートで流れ・障害物がある場合なら12ポンド以上はあった方が安心の気がする。

 自分のタックルとしては、ボートの基本はベイトにフロロ12ポンド、穴撃ち用は20ポンド(穴撃ちならもっと太くていいが、記録申請できるのが20ポンドまで)
 陸釣りでは、スピニングのPE0.8号が基本。記録を狙う場合のみ、替えスプールに巻いたナイロンラインを使用。ナイロンラインを用いるのは障害物がないポイントのみ。(それプラス複数匹釣れそうな時。不意な大物に切られるのがいやなので、1匹目からナイロンは使用しません。)

 レバーブレーキリールであるエクスセンスLB C2000MDHはワンタッチでスプール交換ができるので重宝している。替えスプールは磯用リールBB-Xハイパーフォースの夢屋バージョンを使用しています。

シマノ リール 15エクスセンスLB C2000MDHシマノ リール 15エクスセンスLB C2000MDH

SHIMANO(シマノ) 2015-09-28
売り上げランキング : 33873

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[ 2017/07/09 22:53 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

ブリの刺身を熟成してみました(ブリホルモンも有り)

 先週土曜に釣ったぶりの刺身を3回食べましたので味の差を書いておきます。(以下の写真は5日後のもの)

熟成


(その1)即日
 釣ったその日は、パリパリコリコリした食感で味わいは薄め。マヨネーズや野菜と和えてサラダで食べると美味しそう。

(その2)3日後
 切り身にして皮は残した状態で柵の状態で保存。(一度海水で洗い、水気を拭き取っています)見た目がとろりとしてくる。歯ごたえは残しつつ旨みも出ている。関西で好まれる熟成度合いかな?

(その3)5日後 
 メンテナンス無しで冷蔵庫内でほったらかしていたため、血合いの部分がやや変色していた。そのため、表面をトリミングしたが、内部は非常に綺麗だったため、刺身で食べてみた。味わいは少し深まり、大分柔らかくなっていた。関東で好まれる熟成具合よりはこれでもまだ浅めかな?

 臭み等は全くなく、お店で売られている最高に新鮮なブリよりもっと新鮮な感じです。鮮度だけならお高いお店のブリ刺しの感じ。トリミングすれば1週間くらいは刺身で食べられそうですね。

 ちなみにソイも3日後に食べましたが、まだまだ熟成できそうでした。(ソイは内臓を取り出して海水で洗い、水気を取って保存)4日後に昆布〆で食べてもまだ余裕でした。釣ってきちんと〆て処理すればかなりの時間生食出来ますね。



(おまけ)ブリホルモン
 以前も紹介しましたが、ブリホルモンが非常にオススメです。(これは次の日に食べました) ブリの胃や心臓を用います。(肝臓はイマイチだった気がします)それなりの大きさがあります。

ブリホルモン

 味は、脂がやや少なめながら、新鮮で臭みの無いいわゆるホルモンの味です。高級な味です。言われなければ魚とは思われないでしょう。捨てるのは超もったいないです。これだけで売って欲しいぐらいです。
 
ブリホルモン焼き

 注意としては、臭み抜きは全く必要ないですが、一度湯がいて、良く洗って、あく抜き・汚れ抜きはしないといけないですね。味付けですが、私の場合は塩コショウ+ニンニクです。ブリ料理の好みとしては、刺身>カマ焼き、ホルモン>その他(照り焼き、しゃぶしゃぶ等)です。
[ 2017/06/24 16:22 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(2)

美味ホッケの刺身に挑戦(VS アニサキス)

 ホッケの刺身は、柔らかくて味も濃くて美味です。しかし、ホッケの刺身には挑戦が必要です。

ホッケの刺身

 その理由は、かなりの高確率で、寄生虫のアニサキスが入っているからです。(アニサキスにやられると、数日間は胃の中でアニサキスが死ぬまで、激痛が続くそうです。胃カメラで取り除くしか有りません。)

(以下やや閲覧注意)

 こんな感じでアニサキスがいます。(写真は手で引っ張り出したものです)

アニサキス

 完全に引っ張り出すと、こんな感じです。生命力はかなり強く、冷蔵庫に入れておけば何日も生きています

アニサキス2

 今回は、季節的な関係かアニサキスが多くありませんでした。ホッケ6匹中、アニサキスがぱっと見つかったのは2匹だけでした。そこで今回は刺身に挑戦しました。切り身の1枚1枚を太陽に透かしてアニサキスがいないことを確認しました。今回は食後も平気でした。挑戦は成功でした。しかし、非常にリスキーなのでオススメはしません

 それにしても、希にお店でホッケの刺身を出すお店がありますが、手間がかかりそうだな~と思います。冷凍すればアニサキスは死にますが、ホッケの刺身は身の質からも冷凍はダメだと思います。


(おまけ)ブリの寄生虫(ブリ糸状虫) 

 今回ブリを3匹捌いたのですが、その中の1匹からぶりの寄生虫(ブリ糸状虫)が2匹出てきました。(写真は2匹です)でも、御安心ください。長さは15センチくらい有るので目立つのですぐ取り除けますし、万が一生で食べても無害です。元々無害ですし、アニサキスと比べ体も弱くすぐに死にました。

ブリ寄生虫


(注意)
 ソイにはアニサキスが絶対にいないというわけではありません。今まで1匹だけ入っていたことがあります。一応注意した方が良さそうです。知人が1人、ソイのアニサキスでやられたことがあります。
[ 2017/06/20 18:47 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(3)

利尻島もブリ開幕

 積丹方面からはブリの便りを聞いていました。しかし、利尻島ではブリ確保は噂のレベルでした。と言うわけで、みっちゃん号にて仲間4人で出撃しました。

 凪の予定でしたが、意外と波があり、私は半ギブアップ状態であったため、船上写真は無しです。今回は酔い止めが効きませんでした。リバース寸前でした。

 釣果ですが、以下の感じです。4人で9匹です。比較的型が良いです。写真の大きめの魚で5キロくらいです。(私は2匹釣りました

ブリの初

 大きい方で、81センチ、5.1キロでした。ただ、この大きさになると、我が家のキッチンで捌くのに一苦労です。捌くスペースも置く場所もありません。出刃包丁は小さく見えますが、大型です。

ブリまな板

 今回は、最初のうちは非常に苦戦し、3度目の場所替えからブリが釣れ始めました。それまでは、ソイ類やホッケがポツポツの状態でした。たまには生魚を食べたかったので、中型を少しだけキープしました。(大型をキープすると大型魚のDNAが絶えるのでリリースしています)

 40センチ弱の、マゾイ、シマゾイ、40センチオーバーのホッケ、30センチのマガレイです。北海道では珍しい5目釣りが出来ました。(ギスカジカも釣れましたけどね...)

 このカレイは、インチクで狙って釣ったものです。インチクで砂底を小突いていたら釣れました。

食事

 船酔いが酷かったのですが、なかなか良い開幕戦となりました。

 また、今回同船したうっちーが浅場の釣りとしては、超レアな魚を釣りました。通常は深い海に住んでいるマダラです。釣られたマダラを見たのは4人とも初めてでした。(40センチくらいで幼魚かな?)

タラ
[ 2017/06/18 19:36 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(2)

久しぶりに利尻クオリティ炸裂 & ビギナーズラック

 ここのところボートロックは不発で、マイゴムボートでは痛恨の完全ボウズ。(急に風が出てきたために、すぐ帰港したのも理由です)みっちゃんのお船でも、ソイはボウズと、ダメダメ続きでした。(極小ホッケ3匹と中型アブラコ2匹のみ)

 それと並行して、クロソイのビッグママ狙いで夜な夜な出撃していました。数は出ないのですが、クロソイの良型はポツポツ釣れていました。

 先日のマイゴムボート釣りでは、荷物運び(ゴムボは重たい)もかねて同僚を釣りに連れて行ったのですが、完全にボウズだったため、「不完全燃焼感が酷い」とのことで夜のソイ釣りに連れて行きました。(ほぼ初心者でリールを使うのは4回目)

 まだ水温が低いため、ほとんどアタリすらありません。初心者には非常に厳しい状況でした。苦戦しつつ、やっと釣れたのが下の写真の記念すべき人生初ソイです。(彼は夜釣りはもちろん生まれて初めて)

子ソイ

 そしてこれが、彼の人生3匹目のクロソイです。52センチ2.4キロのビッグママです。

巨ソイ

 初めてのクロソイ釣りで、50UPを釣るなんて、なんと運が良いことか....自分は50UPを釣るまで、本格的に狙いだしてから5年かかっていますからね。(苫小牧や室蘭でボートに乗りまくっても当時は50UPは1匹も出ませんでした。自分の初50UPはもちろん利尻島。)それなのに、初心者にもふらっと50UPが釣れちゃうところが利尻島の凄さであります。

 彼は先日のボート釣りでは第一投目で根掛かりし、リーダーごとラインブレイク。そこで、今回は根掛かりしても復旧しやすいナイロンの6ポンドを使用していました。それにしても良くラインブレイクしなかったものです。初心者に6ポンドで50UPは厳しかったです。(ちなみに、彼のこの日の第一投は、救命胴衣を釣ってしまい、イキナリラインブレイクでした)

 まあ、彼は昨年鮭釣りでもビギナーズラックをたたき出していますからね。鮭釣り1投目でヒットしています。ただその後、寄せ方が分からずラインブレイク。今までリールを使用して釣りをした4回のうち3回が第一投目からラインブレイクという凄い記録を持っています。
昨年の鮭釣りの記事:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1990.html

 この日は自分にもビッグママが来ました。54センチ、2.9キロ。岸釣りでは久しぶりの大物でした。(岸からでは重量では最大魚かも?)

巨ソイ

 やはり利尻島は条件さえ合えば、初心者でもビッグママが釣れる凄い場所です。基本的にお魚はリリースしています。抱卵魚を持って帰ると魚が減りますからね。利尻も魚がかなり減ってきている気がします。

 ボートのクロソイ釣りに関しては、以前は平均サイズが55センチくらいでしたが、今は平均45センチくらいまで小さくなっています。もうすぐ平均40センチになるかもしれません。いくら魚の多い利尻といえども、キープしまくると特に大型魚は姿を消します

 港の中でも50UPが釣れる今の現状が昔話にならないことを祈っています。
[ 2017/05/27 23:39 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)
ページ最上部へ