ヲタキッシュ(利尻島在住のブログ)

釣り(ロックフィッシング)、利尻島情報、ピュアオーディオ、ビリケン商会のガレージキット等がメインです。リンクフリーです。
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

札幌でラーメン色々

 札幌や千歳に住んでいた時はラーメン屋巡りを良くやっていましたが、まあ今は遠くてやっていません。しかし、久しぶりに少しだけまわってきました。自分のメモ代わりに記憶しておきます。

1 いそのかづお
 札幌ブラックという醤油ラーメンが大人気のお店です。異常に並ぶとのことで、客も減りそうな朝4時半に挑戦したところ丁度売り切れとのことでした。もうその時間に空いている有名店もなく、空戻りしてしまいました。

かづお

 次の日はリベンジとして、開店30分前の夜9時半から並んで最初に席に着くことが出来ました。味は想像通りの味でした。

かづお

 伝統的な札幌醤油を磨き上げた感じです。ベルのラーメンスープの手作り高級バージョンという感じです。この手でこのレベルの醤油ラーメンはこの近辺には無い気がするので超並ぶのも納得です。近所で並ばなくて良いなら、ガンガン通いたいお店です。店も店主もとても良い雰囲気です。有名な富山ブラックも2店舗ほど食べましたが、いそのかづおの方がずっと美味しかったです。

2 雪風
 こちらも開店20分前から並びました。ただ開店時間の6時になってもアナウンスがなく、6時5分の開店でした。この暑いさなか並んでいるんですからちゃんと時間通りに開店して欲しいです。(札幌は開店時間にややルーズな気がします)

 濃厚味噌なだけあって、濃厚でコク深いラーメンでした。チャーシューは大きく分厚く、下には鶏肉のチャーシューも隠れています。万人向けの高品質味噌ラーメンでした。

雪風

3 狼スープ
 ここは昔から何度も通っている味噌ラーメン専門店です。相変わらずというか...少しずつ進化しているというか...いつも通り旨いです。元すみれ出身だけあってパンチが効きつつも、繊細さもあり、ワイルドさもほどよく残している完成度の高い味噌ラーメンです。ダンディーな主人に、可愛い店員さんもポイント高いです。あああっ、持ち帰りラーメンを買うの忘れた~。

狼スープ

4 えびそば一幻
 ここは開店したてのころ行きました。最初から確かに美味しかったのですが、ここまで人気店になるとは思いませんでした。えびしょうゆのあじわいにしました。元々バランスの良いスープに海老の風味が良く効いていて相変わらず旨いです。意外と万人向けな気がします。

えびそば

 今回の4店はどこも美味しかったです。しかし、暑い夏に味噌ラーメンは少しきついですね。出来れば雪の季節に食べたいです。  

 札幌~すすきの間には非常に多くのラーメン屋があります。人気店では信玄が未食です。現時点で自分が良く行く店をメモしておきます。

一徹:狸小路にある昭和の名店「冨公」の後を継ぐお店。味噌・塩・醤油で見かけが変わらない変わったスープのお店。万人向きではないが自分はイチオシ。
山嵐黒虎:本店の山嵐のほうが好きだがこちらも良い。ニコーリフレから近くて行きやすい。
千寿:なかなか開いている時間に行けないのが難点。
ラーメン 空:こってり味噌が食べたいとき。朝までやっているし便利。
三角山五衛門ラーメン:あっさりいきたいとき。
糸末と喜来登:懐かしの昭和の味噌ラーメン。万人向けではないかも?
ばりきや:博多ラーメンは大好き(ソウルフード)なので。大昔の一風堂の味がしますよ。

すすきのと札幌駅にあった孤高のラーメンを出す「爐」が無くなったのが痛い。苫小牧の「ラーメン 極」も撤退しちゃったのも残念。 
[ 2016/09/06 00:49 ] ラーメン | トラックバック(-) | Comment(0)

毎年恒例のラーメン作り

 利尻島は大荒れです。元々孤島なのですが、島内の道道が全面通行止めのため、家の中に軟禁状態です。車も全く通っていません。孤島の中で、陸の孤島状態です。ゴーゴーと雪が横に降っており、強風のため建物の体感気温も低いらしく、部屋の中も気温の割にかなり寒いです。

通行止め

 明日午前中、島内で出張の予定なのですが、実施されるのかどうか微妙な状態です。(島外の出張は100%不可能)明日朝、道路が開通すれば出張となるでしょう。

 というわけで、毎年恒例のラーメン(スープ)を作りました。クリスマス用に購入したスモークチキンは、おなかがいっぱいになったためクリスマスには食べずにとっておきました。その肉は先日食べて、そのガラを利用してラーメン用黄金スープを作りました。

スモーク

 今回も鶏ガラ+利尻昆布+藻塩を圧力鍋で30分煮込んで作りました。チャーシューはスモークチキンを使用しました。水は汲んできた霊峰湧水です。

ラーメン

 今年も美味しくできました。素材が非常に良ければ、素人でも美味しくできますね。今回も、札幌の有名店「きちりん」の味になりました。(札幌ら~めん共和国店の人気店でもありました。現在は入れ替え。)
該当記事:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1790.html

 また、年末(or年始)に挑戦したいと思います。
[ 2015/01/07 22:04 ] ラーメン | トラックバック(-) | Comment(3)

旭川グルメの覚え書き(その1) 旭川ラーメン蜂屋

 先日網走に出張予定でしたが、大荒れになり旭川市に閉じ込められました。その時食べたものの覚え書きです。

 ちなみに、出張時の時系列を簡単に....
1日目 家を朝8時に出発、フェリーに乗り、稚内には11時着。1時半過ぎに特急に乗り、5時半に旭川着、旭川泊。
     (旭川まで普通に片道9時間半かかります)
2日目 猛吹雪で網走方面運休、稚内に帰ろうにも稚内方面も運休。旭川泊。
3日目 夕方まで稚内方面運休。夜7時過ぎの便から復活し、稚内に移動。夜11時稚内着。稚内泊。
4日目 寝不足のまま、草朝5時半に起床し、フェリーに乗り朝9時前に利尻着。一度帰宅して準備をしたら、職場に復帰。
 旭川に行って帰ってくるだけで、3泊4日かかりました。

 さて、旭川といえば旭川ラーメンです。車がなかったので駅周辺のみです。まずは蜂屋四条本店です。実は、前々回は臨時休業で食えず、前日も臨時早仕舞いで食えず、やっと三度目の正直で食べられました。

本店

 勢いで、つい大盛りチャーシュー脂濃いめにしてしまいました。

大盛り

 いつも通り、バランスが良く洗練されたダブルスープの上に、原始的で癖の強い脂がたっぷり浮いていました。蜂屋では、東京中野の名店「青葉」が日本中にダブルスープを広げる何十年も前からダブルスープを行っており、昔からこの完成度らしいですからある意味奇跡的なお店かと思います。
 ただ一つ残念なのは、脂の風味が割と普通になったことです。昔は人によっては「罰ゲーム並に不味い」と思えるほど、焦げっぽくて魚臭かったのですが、今は割と普通の味ですね。中毒性の高い臭い脂と、絶品スープのアンバランスさが懐かしい気もしますが、今の方が万人向けでしょうね。(それとも、自分が味に慣れて普通に感じただけ???)

 蜂屋好きの私は、次の日蜂屋五条創業店にも行きました。今回は普通のラーメンで脂は濃いめです。

創業店
普通

 驚いたのは二店で味の差が少ないことです。味を合わせにくいタイプのラーメンだと思うのですが、ほぼ同じです。技術の高さを感じます。またもう一つ驚いたのは、脂多めを注文する人の多さです。平日のお昼時で、観光客は少なく、いかにも地元のおじさんおばさん老人達でお店が埋まっていたのですが、7割くらいの人が脂多めでした。あの独特な脂が愛されているんだな~と感じました。

 また、五条創業店はロケーションが良いです。昭和風の商店街が良い味を出しています。

昭和1
昭和2
虎サンタ
[ 2014/12/27 14:27 ] ラーメン | トラックバック(-) | Comment(0)

札幌でのラーメン覚え書き(その3) ラーメン共和国

 久しぶりにラーメン共和国にも行きました。すぐ後に飲み会が控えていたので、今回はハーフで3杯だけにしておきました。
ラー共のHP:http://www.sapporo-esta.jp/ramen

1 きちりん 塩ラーメン
きちりん

 以前自分のブログ記事でも書いたとおり、我が家自家製の塩ラーメンと似た味です。今回再確認できました。薄味なのに味わいの深い、王道の鶏スープの塩ラーメンです。ここは本店の味とあまり変わらないクオリティですね。北海道独特の味ではないので、観光客の方々は他のお店が良いかもしれませんが、地元民には是非オススメしたいです。
該当記事:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1521.html
 我が家の自家製ラーメンが美味しいのは、一年に一度だけ特選鶏を仕入れるからです。普通に作ってこの味は無理です。今年からは特選鶏が手に入らない?のでもう二度と作れないかも???

2 らーめん そら 味噌ラーメン
空 味噌
 このお店は好きで本店に何度も行っています。(冷凍ラーメンも買っています)いかにも村中系の濃い味で油も多い味噌ラーメンです。ラー共に来た観光客にはここの味噌をオススメしたいです。味も本店とあまり変わらない気がします。ただ、暑い夏に食べるにはちょっときつい味かな?本当は寒い真冬に食べたいな。

3 吉山商店 醤油ラーメン
吉山 醤油
 ここのイチオシは味噌らしいのですが、醤油も良いらしいので醤油にしてみました。(既に「そら」で味噌を食べていたので)うん、悪くは無いけど普通の札幌醤油ラーメンかな?今度は味噌を食べてみたいです。

その他のお店の簡単インプレ(古いインプレ多し)

白樺山荘の味噌
 好きなタイプの味ですが、作っている人が悪いのかはっきり言って不味いことが多い。味のバランスが悪い。スープを多量に残している人が多かった。本当はこんな味ではないと信じたい。だって、白樺山荘のインスタントを自分で作った方が遙かに美味いんですよ。(白樺のインスタントは美味しい)本店は未体験。

あじさいの塩
 あじさいの本店は非常に美味しくて大好きだが、以前食べたラー共店はイマイチだった。千歳空港店はもっともっと酷かった。今はどうか解らない。

初代 
 非常に有名なラーメン店で何度も行きました。美味しいのですが特徴が少ないので、自分は他の店に行ってしまいます。外したくない場合には良い選択かも?

梅光軒 醤油
 自分の中では、旭川ラーメンの上位ではないが、旭川ラーメン好きなので入りたくなる。以前、稚内のフェリーターミナルに入っていた支店は本店同様のクオリティだったので、ラー共店も美味しいかも?

みそのだけは全くの未体験。 

 あくまでも自分のお薦めですが、初級の観光客向けならそらの味噌、リピーターで旭川ラーメン未体験なら迷わず梅光軒の醤油、地元民で味噌ならそら、塩ならきちりん、醤油なら初代かな?

※自分の古い記事を見ていたら、ラー共で従業員の態度に激怒したものを見つけました。
http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1139.html
今回はどのお店もとても良かったです。改善されたんですね。
[ 2014/08/08 15:57 ] ラーメン | トラックバック(-) | Comment(0)

札幌でのラーメン覚え書き(その2) 洗練された「狼スープ」

 灼熱の札幌で味噌ラーメンを食べるというのもイマイチですが、久しぶりに味噌ラーメン専門店の狼スープに行ってきました。
HP:http://www.ohkami-soup.net/index.html

オオカミ店舗

  「狼スープ」は、千歳時代よく通っていた「赤のれん」(閉店)や、今や北海道で人気最高の「彩未」、大通りの隠れた人気店「千寿」の主人達と同時期に「純連(すみれ)」で修行した方々の一店です。

 ここ「狼スープ」はここ数年、各有名ラーメン店とのコラボ企画を成功させてきました。その成果は味わってみようという所です。メニューはもちろん味噌ラーメンです。(バリエーションは、これに卵が入るくらいです。味噌一本勝負のお店です)

 おおおおっ、見た目が全然違います。上品で美しい盛りつけです。食欲がそそられます。

オオカミ味噌

 下は2007年時の写真です。盛りつけが荒いですね。狼スープ

 味自体の傾向は以前と同じです。味噌味のベースは、すみれ卒業組共通の万人向けの深い味わいのもので、やや甘みが強く、その上にスパイスが強めに効く感じです。今回は、味の上でも以前感じられた荒さが抑えられてぐっと洗練された感じになりました。見た目も味も良い意味で洗練されました。この暑いさなかなのに、どのお客さんもスープの残量が少なかったです。それだけ美味しかったということですね。

 生姜や一味をはじめとして、かなりスパイシーな出来なので多少の好き嫌いは出ると思います。自分は今のままでも好きですが、ベースのスープが美味しいのでスパイスを利かさないままのラーメンも食べてみたいです。札幌ラーメンの代表としてオススメできる一店だと思います。村中系卒業組のお店は、店長が一人できちんと作ってくれるのでクオリティも安定していて良いですね。
[ 2014/08/08 15:00 ] ラーメン | トラックバック(-) | Comment(2)

札幌でのラーメン覚え書き(その1) 純連の塩ラーメン(泣)

 久しぶりに札幌に行き、色々とラーメンを食べてきたので覚え書きをしておきます。

 まず、一番食べたかったバイオレンス系ラーメンの雄である清田区の花丸(旧名はな丸)に数年ぶりに行ったのですが、痛恨の夏休み(連休)でした。

花丸

 どうしてもバイオレンス系塩ラーメンが食べたかったので、現花丸店長が、かつて店長を勤めた純連(じゅんれん)に行きました。塩のチャーシューにしましたが、値段が高いのでノーマルでも十分でしたね。ノーマルでもチャーシューが2枚乗っていますしね。

純連店舗

純連塩

 相変わらず油膜に覆われており湯気がが出ていません。しかし、油膜が薄い気がする...悪い予感が...

 一口すすると、ああああああああああああっ、バイオレンスが身を潜めている。普通の塩ラーメンと比較すれば、これでもまだまだ相当に濃い味ではあるがまだ許容範囲。すみれの塩に近づいてしまった。

 バイオレンスじゃない理由はまずは油の量では無かろうか?下の写真は2006年の純連塩のものである。2006年の油の層の方が厚くてドロドロしている気がします。(油の上に油が浮いている感じ)

純連塩

 もう1点違うとすれば、魔法の白い粉の量であろうか?(シャブじゃないくてグルタミン酸ナトリウムのことよ)今回は口の中がビリビリしびれない。いずれにせよ自分には解らない。味の方向性自体は変わっていない。ただ、暴力的な味ではなくなった....

 しかし、これで1つはっきりしたことがある。あっさり系の塩ラーメンマニアがゲロを吐くようなバイオレンス系の塩ラーメンを出すお店は清田の花丸しか存在しないということだ。(他にあれば是非教えて欲しい。九州のとんこつ塩は元々バイオレンスなので除く。)

 ただ少し気になっているのは、以前花丸に行った時も、以前と比較するとやや優しい味になっていたことです。店長もお年を召されて今はバイオレンスなラーメンは止めている可能性もあります。

 花丸ではあっさり派の人はしお丸ラーメンを食べないとダメですよ。バイオレンス塩を食べてもクレームを付けないでくださいね。(純連塩はクレームでもついたから優しい味にしたのかな~?)

※今回、音威子府の駅ソバ、ラーメン山嵐も臨時休業で行きそびれました。音威子府の駅ソバはこれで4連敗かな?山嵐も4敗目くらい。
[ 2014/08/08 13:17 ] ラーメン | トラックバック(-) | Comment(0)

年末ラーメン祭り

 年末ラーメン祭りを開催中です。

(その1)
 カヤニファームのスモークチキンの鶏ガラを用いて作った自作塩ラーメン。カヤニの鶏ガラと利尻昆布+塩を材料にして、圧力鍋で30分加熱すれば美味しいスープの出来上がりです。アクがほとんどでないのがカヤニの鶏の特徴ですね。
 
 札幌市のきちりんの風味に似ています。チャーシューの代わりにスモークチキンを使用しています。鶏ガラに残った身は全てこそぎ落として食べました。(それだけでも、相当な量がありました。食べきらないで鶏ガラを捨てている人が多いかも?もったいない。)

塩ラーメン

(その2)
 毎年の恒例行事なのですが、宮崎市のラーメンマンから、冷凍のとんこつラーメン5個+こってりとんこつラーメン5個+替え玉10個+餃子2パックを購入。年末年始恒例の送料半額セールを利用しました。送料1800円が900円。(北海道までだと送料がバカ高いんです)冷凍庫がパンパンになりました。年始はとんこつラーメン食べ放題ですね。

大人買い
[ 2013/12/31 06:13 ] ラーメン | トラックバック(-) | Comment(4)

狸小路7丁目のいつもの「一徹」

 リフレが狸小路2丁目にあるので、狸小路で食事です。ただ、狸小路は西方面の方がお気に入りです。特にオススメなのは7丁目です。

 1丁目から6丁目までは綺麗な未来型のアーケードです。(昭和57年に改築)
6丁目
 
 ただし、7丁目だけは直線型で、トタンか何かで出来ています。ここだけ時代が違います。(昭和30年代に製造)
7丁目

 7丁目には先日紹介した、士別バーベキューや、怪しいお店が色々有ります。
士別バーベキューの記事:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1726.html

 いつも利用している、ラーメンの一徹もあります。

一徹

 昭和の末期、冨公というキチ○イ親父が腕をふるった有名なラーメン屋があって、その味を継承したお店です。

 見ての通り、しそ醤油ラーメンなのに味噌ラーメンの色をしています。塩ラーメンも味噌ラーメンの色をしています。食べ比べた人の話だとあまり味の差はないとのこと。どれを食べても、結局は何ともいえない複雑系の味がするようです。よく、「昭和の味だ」と評価されますが、自分は今風の味だと思います。昭和の時代はもっと淡泊でシンプルな味の味噌ラーメンが多かったです。(昭和の当時にすれば未来の味だったので人気だったんだと思います。)

しそ

 昼は比較的空いているのですが、夜は居酒屋として混んでいます。今回は激込みで、ギリギリ入れました。多くの人が満席で入店を断られていました。厨房は戦場のようでした。

 ラーメンが美味しい店ですが、元洋食のプロという噂もあり、スジ煮込み等の洋食も美味しいです。刺身や煮付けを出したり、ボルシチやオムレツ、全く意味がわからないお店です。(何を食べても美味しいようです)大人数で居酒屋として訪問してみたいです。(予約しないと無理かも?)

 ラーメンを作っているのは、昔はおねーちゃんでしたが、今は年月が経って素敵なマダムになっています。初めて店を訪れたときは、キチ○イ親父のファイヤー技を難なく繰り出すおねーちゃんに驚いたものです。今もダイナミックかつ繊細な技でラーメンを作っています。まだまだお若いので、後数十年は大丈夫そうです。

 今回は、狸小路6丁目にある、同じく昭和の名店糸末にも行きました。こちらはやはり優しい味でした。こっちは、まあ昭和の味かな。

以前の記事:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1630.html
[ 2013/12/11 23:26 ] ラーメン | トラックバック(-) | Comment(0)

らぁめん食堂NOBu 五条天金 旭川市買い物公園の美味しいラーメン屋

 さて、続いては旭川バージョンです。旭川ラーメンでは、天金は大好きなお店です。(一番は孤高の味の「蜂屋」)本店、パワーズ店をよく利用していたのですが、買い物公園にある らぁめん食堂NOBu 五条天金 には行ったことがありませんでした。しかし、今回とうとう行く事が出来ました。

 旭川駅からも近くて行きやすいお店です。

天金NOBU

 食べたのはもちろん基本となる醤油。本店よりあっさり目の印象です。といっても天金は元々かなり濃いめの複雑系の味なので普通よりは濃い味です。(サービスのゼリーもすっぱくて爽やかで美味しかったです。) 

醤油

 天金の名に恥じないおいしさでした。本店は最近しょっぱめなので、NOBuの方が良いかも?最近パワーズ店には行っていないのですが、あそこも侮れないんですよね。旭川駅近辺でラーメンを食べるなら個人的にはココが一番オススメかな。

(おまけ)
 朝は早くてお店が開いていなかったので、キオスクで旭川名物ジュンドッグを食べました。(ホットドッグのように細長い具入りおにぎり。)残念ながらイチオシのエビフライは早朝にもかかわらず既に売り切れでした。(他の人もエビフライを探していました)仕方ないのでチキンカツにしましたが、やはりエビフライの方が美味しいですね。
HP:http://jundog.com/
 キオスクの電子レンジにはジュンドッグ専用ボタンまであります。

ジュンドッグ 電子レンジ

 裏のバーコードが焼けて変色するほど、火傷するほど加熱して5分ほど蒸らして食べます。ヌルイのは絶対にダメです。

ジュンドッグ
切り口

 1本400円弱とバカ高いのが難点ですし、家でもすぐ作れそうな代物なのですが、色々とノウハウが有るらしく確かに美味しいのでよく食べます。(基本的な味は、あくまでもおにぎりですが、同じようなレベルに仕上げるのは家庭では意外と難しそう)

 ジュンドッグは400円弱と高価でも納得できたのですが、一緒に購入した220円の調理パンはあまりに不味くて食べずに捨てそうになりました。(我慢して何とか食べました)あんなもの店に置いて欲しくないです。まさかあれほど不味いとは....ショック。
[ 2013/11/23 20:00 ] ラーメン | トラックバック(-) | Comment(0)

狸小路「糸末」 懐かしのお店が十数年ぶりに復活 

 この前札幌に出張があったので、狸小路に復活した糸末に行ってきました。「先代の糸末」の時代は、好きなお店で良く通っていました。(場所は昔と同じ狸小路ですが、少し移動しています。)

味噌

 九州から越してきた自分にとって初めて美味しいと思えた味噌ラーメンがこのお店でした。

 ただ、時間があまりにも経ちすぎて味の記憶は薄れていました。以前、「糸末」の流れを汲む「喜来登」さんにも行きましたが「先代の糸末」とは少し違う感じでした。

 さて、復活店舗にて10数年ぶりの味噌ラーメンです。一口食べて「ああ、こんな味だったな。」って思い出しました。

糸末

 あの当時そのままではないのですが、やや濃い味でにんにくや生姜が利いている、今風の複雑な感じでは無く素朴な感じ、古き良き時代の札幌味噌ラーメンが蘇りました。(チャーシューは洗練されて、今の方が美味しい気がします。)

 個人的な感じでは、昔の糸末=(今の糸末+喜来登)/2ですね。(ただ、今の糸末の方が近いと思います)現代の札幌味噌とは違いますが、美味しい味噌ラーメンだと思います。

 昔の「糸末」の流れを汲む、今の「糸末」「喜来登」「冨幸」の流れを汲む「一徹」、今も昔も狸小路の名店ですね。大切なお店です。

「喜来登」の記事:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1396.html
(追加)
「一徹」の記事:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-728.html
          http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-451.html
[ 2012/11/23 17:02 ] ラーメン | トラックバック(-) | Comment(6)

家で作るお店ラーメンナンバーワン はな丸

 札幌に行ったは治療がメインですが、食事も楽しみました。(ついでに眼鏡も2人替えました。なんと、釣り具のノースキャストはGWなのに痛恨の定休日...)

 昼はマジスパで(今回は昔のように美味しかったです。味が復活した?)、夜はだるまでジンギスカン、車移動ではボストンベイクのパン。おやつは清田区のはな丸でラーメンでした。(純連の元店長のお店

 我が家ははな丸では塩、醤油、味噌の順番です。お店では塩を食べて、お持ち帰りで醤油と味噌を購入しました。(今回初めて見ました。新企画かな?)

外箱
中身

 チャーシューとメンマは付いていましたので、炒めもやしとネギをのせただけです。
醤油
味噌

 おおおおっ、家で作るお店ラーメンでは最強

 お店の味に極めて近いです。取り寄せラーメンは今まで色々試しましたが、家庭での再現度はこれが最強です。

 最強の理由は、ストレートスープかつ冷凍でないからでしょう。ストレートスープで販売しているお店は冷凍販売ですから、どうしても僅かながら風味が落ちるのだと思います。
 そのかわりというか、はな丸のお持ち帰りは、お店でないと買えないのが難点ですね。結局札幌に行かないと食べられないということか....

 知らない方のために説明します。はな丸の味は、基本的に村中系です。(純連・すみれ系)油膜が凄いです。(しかし最近は、油膜も塩分もやや薄くなった気がします。)

味噌はスパイスが利いてパンチがあります。一昔前の純連の味。(純連店長当時より、今の方が旨い)
醤油は村中系ではイチオシ。ただし普通の人には濃すぎるかな?
塩は純連の味。濃くてパンチ・油のある塩。魚介出汁が効いている。(ホタテ出汁かな?)

基本的には、あっさり味が好きな方には合わないお店です。

※札幌市清田区美しが丘3条7丁目1-33
(011)883-5003、11:30~20:00、火曜定休だった気がします
羊ケ丘通りを北広島に向かって左側。ダイナムまで行ったら行き過ぎ。
[ 2011/05/07 20:50 ] ラーメン | トラックバック(-) | Comment(0)

久しぶりの 「すみれ」本店と「櫻島」レラ店

 今回通過点となった札幌地区では、2軒でラーメンを食べました。

 1軒目「すみれ」本店。支店ではたまに食べているのですが支店はやはり駄目です。私の生涯ベスト味噌ラーメンは、澄川旧店舗時代の「純連(じゅんれん)」ですが、現在は何だかんだ言っても「すみれ」本店でした。

 高橋名人のサインを見ながら久しぶりのすみれです。
高橋名人

 奮発して味噌チャーシュー大盛り卵付きです。
すみれ 味噌

 麺をすくった瞬間悪い予感がしました。湯気が上がらない。スープを口に運んで予感が確信に変化しました。ヌルイ。
ぬるい上に味は濃いので、相当しょっぱい。

 これでは厳しいです。札幌ラーメンに耐性がない本土観光客なら完全ギブアップでしょう。重厚な味の深みハーモニーも今ひとつ。どうした「すみれ」!!!駄目じゃん

 今回は調子が悪かっただけかも知れないので、もう一度行って確かめたいと思います。次は作ってもらう前にちゃんと作るように頼んでみます。この味なら、すみれからストレートスープを取り寄せて自分で作った方が間違いなく旨いです。

ランク付けするとこういう感じかな?
以前の本店>旧新横浜店、旧小樽店、旧福岡店>>千歳鶴支店>今回の本店>>>ススキノ支店

 2軒目は、千歳市レラの「櫻島」です。ここは西区の本店と比較するとやはり味は落ちるのですが、それでも安定して他店比かなり美味しいです。

櫻島
櫻島 あぶり

 あぶりチャーシューの大盛りにしました。いつもながら安定して美味しかったです。チャーシューも相変わらずとんでもない量でした。大満足の一杯でした。
 櫻島では、スープはレンゲを使用しないで飲むことを勧めていますが、確かにレンゲを使用しないで直接どんぶりの縁から飲んだ方が美味しい。何故だろう???レンゲがプラだからプラ臭くなるのかな?

※これにて、今回の旅行記録は終了です。
[ 2011/01/17 08:34 ] ラーメン | トラックバック(-) | Comment(0)

山嵐が身近に 山嵐黒虎 狸小路1

 私の大好きな山嵐本店は車がないと行きづらいため、最近はなかなか行く事が出来ませんでした。狸小路1丁目の側に支店山嵐黒虎が出来ていたことは知っていたのですが、臨時休業等なかなか食べる機会に恵まれませんでした。しかし、やっと訪問できました。

山嵐 黒虎

 私は白スープの極細派なので、それを注文。

白

 あれっ、何か質感が違う。何故かパンがのっている。食べてみても、とろみが強い。まるでポタージュ。確かにパンが合う。これはこれで美味しい、確かに美味しいけど、何か違う。洋食のスープのようだ。腑に落ちないままその日は終了。(これには、ねぎだくが合うかも?)

 次の日も行く事が出来たので、再訪。今回は黒虎の名前の通りを注文。

黒

 背脂が黒い。うんこれこれ、本店とは違うんだけどこれが自分の求めていた味だ。ベースのスープは先日のポタージュ風なのですが、黒い背脂がパンチを加えて良い塩梅です。

 普通の札幌ラーメンとは違うので観光客にはあまりお勧め出来ませんが、個人的には札幌駅~ススキノ駅間では、ここが1番かな?(他には、孤高の「一徹」と「爐(いろり)」が大好きです。)

 夜遅くからは、雷門というお店にバージョン替えするそうですが、それにも興味有ります。

山嵐HP:http://best.miru-kuru.com/yamaarashi/
[ 2010/12/23 13:15 ] ラーメン | トラックバック(-) | Comment(2)

日本一辛い担々麺に挑戦 万豚記(ワンツーチィー)

 札幌駅地下のアピアに日本一辛い担々麺があるとのことで挑戦しました。お店は万豚記(ワンツーチィー)です。

万豚記

 見た目からヤヴァィです。

日本一辛い担々麺

 味はカラシビです。激辛はまあ耐えられるのですが、痺れる系はあまり得意ではありません。ビリビリジンジンして味が解りづらくなります。今まで食べた中では最も痺れる食べ物でした。やっと食べられました。
 
 日本一かどうかは解りませんが、確かに凄まじいカラシビです。辛さはまだしも、とにかく凄くシビレます。普通の人には絶対無理。何かも罰ゲームに食べさせるにしても厳しすぎると思います。痺れなければ、結構食べられると思います。自分は入っていた鷹の爪も全部食べましたが、鷹の爪を食べなければ辛さは平気かも知れません。
[ 2010/12/23 12:40 ] ラーメン | トラックバック(-) | Comment(0)

掘り起こし記録 ラーメン 一幕とZEROと喜来登

 携帯写真に入ったまま、記事をアップしていなかった分です。半年以上前の記憶なので曖昧ですが一応載せておきます。

 一幕です。JR新琴似駅側のラルズマックスバリューに入っています。
一幕

 鶏ガラ醤油ラーメンだったはず...
醤油

 あっさり醤油ラーメンでは、見た目も味も高品位で上位に来るラーメンでしょう。麻ほろ等が好きならここも良いと思います。近くに寄れば食べたいお店です。ただ自分なら、このエリアなら自分なら北山龍かな?

北海道札幌市北区新琴似十条2-1-10
新琴似駅から282m
営業時間 11:00~22:00
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)



 こちらは、狸小路1丁目の有名店零(ZERO)です。
zero

 食べたのは味噌だった気がします。
味噌

 自分には少し味が濃すぎる感じかな?ただ、他に美味しそうなメニューもありましたし、丁寧な作りなので再訪してみたい気はします。

狸小路1
11:00~22:00
定休日 火曜日



 3軒目は喜來登(写真は旧店舗)
きらいと

 今は亡き名店糸末の味を次ぐとのことで、味噌を注文。
味噌

 ネギタワーです。一口目は薄~い印象。食べ進うちに良い感じの濃さになってきます。優しい味噌味です。パンチはないですが、体に悪くなさそうな味です。この味噌ラーメンはにどこかで食べた風味がしました。これが糸末の味だったかも知れません。糸末の味はもう忘れてしまっていますが、喜來登にもう少しパンチの有る味だったと思います。

狸小路5か6?
11:30~22:00
定休日 木曜
[ 2010/12/23 11:19 ] ラーメン | トラックバック(-) | Comment(2)
ページ最上部へ