ヲタキッシュ(利尻島在住のブログ)

釣り(ロックフィッシング)、利尻島情報、ピュアオーディオ、ビリケン商会のガレージキット等がメインです。リンクフリーです。
2007 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312007 09
月別アーカイブ  [ 2007年08月 ] 
≪前月 |  2007年08月  | 翌月≫

室蘭3時間 ボートによる試し釣り!!! 

 今日の夕方はやっちゃんと室蘭の偵察をしてきました。乗せてもらったボートはフレンドです。やたらと大きな船です。ポイントは沖の根です。
 フレンド

 釣りを始めて第1投目からアタリ、ワームは黒パルス、こつこつと小さなアタリ。ぐいっとあわせるも、あまり重くない。「小さいですねぇ~」と言った瞬間、ぐねぐねと重量感のある引きに変貌し、固く締めたドラグからラインがミリミリと音を立てて出ていく....そうこうしていると、軽くなり痛恨のバラシ。フックが外れました。何だったんでしょうね?引きの感じからするとランカークラスのアブラコかな?

 この後は、同船の方々も沈黙が続き希に釣れる程度でした。とにかく、とんでもなく流れが速く大変でした。2オンスを使用していました。その後2時間以上アタリが皆無でした。自分以外は何とか1匹は釣ってボウズを回避する体制となっていました。
 もう、いいかげん終了という頃になって、ウグイのような吸い込むアタリ。35センチくらいのアブラコでした。
沖ねアブラコ
 
 暗くなり上がる直前には、ソイ類の活性が上がり、それなりに釣れました。左から、ガヤ、クロソイ、マゾイ、シマソイです。アブラコを混ぜて5目釣りが出来ました。
5木釣り
 今日は、とんでもなく渋かったですが、珍しく5目釣りが出来たので良しとします。条件が良ければ、ビッグソイやヒラメの期待も出来そうな場所でした。

 07ステラの魂入れを、バラしたビッグワンでしたかったですね。35センチのアブラコで魂を入れてしまいました。使ってみてのインプレですが、流石07ステラという感じです、98ステラとの比較では時代の違いをはっきりと感じさせますし、01ステラとの比較では使いやすさを感じます。非常に気に入りました。長~く使えそうな逸品ですね。
07ステラ

 帰りはライトアップされた白鳥大橋や、コンビナートの明かりが綺麗でした。
白鳥大橋
[ 2007/08/26 23:07 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(4)

船でも釣れないヒラメ様!!!

 昨年に引き続き、今年も余市沖にヒラメ釣りに出かけました。昨年は2匹ずつの釣果でした。さて今日はいかに?風は良い具合です。ただ潮流と逆だというのが難点....
余市船
 今回も同様にバケ+オオナゴでの釣りです。ルアー釣りでも同じ事をやっているような気が...
オオナゴリグ

 しかし、やってみるとフグの猛攻でした。写真はフグのダブルです。1匹のオオナゴで2匹釣れました。
フグダブル
 あっという間にフグがバケツ一杯になりました。(下にも一杯います)
フグ大量

 あまりに釣れないので、見かねた超ベテランの船頭が、「こうやって釣るんだよ~貸して見れ~」「おおっ、すぐ食ったどぉ、ほれあげて見れ」
 ヒラメ付いてていました39センチ。そして船頭がおおおっ、ボウズじゃなくて良かったなぁぁぁ」

 いえ、私ただリール巻いただけですけど....
 いや、ヒラメは釣り味を楽しむんじゃなくて、持って帰ることに意義があると言うことで我慢しよう....

 フグの猛攻にあい、みんな餌切れです。もう帰るという時に、信頼の厚い赤パルスを付けて、パルスの凹凸がブルブルするようにガンガンしゃくったら、ガシガシと、ヒラメ特有のアタリ。
余市ヒラメ釣れた
 最後の最後に38センチが釣れました。この船でワームを使ったことがある人はいたが、実際釣れたのを見るのは初めてとのこと。いやぁ釣れて良かった。

※帰りがけにプロショップカワグチに寄ったら、なんと81センチのヒラメが持ち込まれていました。岩内のマイボートでの釣果だとのこと。すんごいでかかったです。昨夜?岩内港内で77センチが出たのの情報もありました。
[ 2007/08/25 20:27 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(2)

マイボートで初噴火湾!!!

 胆振っ子のやっちゃんのガイドで、初噴火湾としゃれこみました。なんと、釣りキチのやっちゃんは、しんこさんとヒラメを狙って岩内釣行をした直後だったそうです。睡眠時間2時間とのこと。いつも通りキチガイぶりを発揮しています。
 第一希望は今調子が良いヒラメ!!!と言うわけで、天気予報でも無風に近いヒラメポイントにGO!!!

          風びゅーびゅーじゃん...天気予報の嘘つき...

 と言うわけで、地元民のやっちゃんのガイドで、風をしのげそうなポイントに移動。しかし途中どこもかしこも風びゅーびゅー。しかし、さすが胆振っ子やっちゃん、良いポイントを知っていました。なんとか出航です。時既に夕方5時を回っていました。残された時間は後僅か、夏枯れですし、とにかく目標は1匹!!! 
堤防

 ところが1投目フォール中に良いアタリ、中型が1匹釣れました。その後もアタリが続き、中型アブがポチポチ釣れ続きます。しかし、日が陰ると急にアブのアタリが無くなりました。その後はガヤの猛攻でした。ついでにドンコも釣れましたよ。
室蘭ガヤ
室蘭ドンコ

 何とかアブラコもポツポツ当たります。そこでやっと本日のビッグワンが釣れました。47センチくらいのアブラコです。(やはり正確に測れません。ネットから飛び出したりで大変でした。)
大アブ

 その後、急に波が出てきたため撤収。撤収ついでにキャストすると本日唯一のソイが釣れました。
唯一のソイ

 約2時間の短時間釣行で、良型も1匹のみでしたが、夏枯れを感じさせない良い反応で数も魚種も楽しめました。噴火湾は風波が穏やかで、ポイントが近くて安全なのが良いですね。
 やっちゃん、素晴らしいガイドありがとうございました。
[ 2007/08/18 23:19 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(4)

NBSブラックラベル引退か???

 急に涼しくなり、暑がりの私でも窓を閉められる気温になりました。ここ暫くは、まともにオーディオはやっていませんでした。(夏はオーディオの敵!!!
 マイボートを購入して以来、慢性的に金欠です。その金欠を一発で吹き飛ばせるもの。それがNBSブラックラベルの売却です。これまでの釣り具の売却益+NBSブラックラベルの売却益なら、マイボートの損失も、おつりが来ます。

 そこで、NBSのBL対WADIA純正ケーブルです。試すのは壁コン→PIMMの本体です。(その他の場所ではNBSのBLは硬くて重くて太すぎて使用不能) 
NBSBL
 WADIA純正ケーブルは、超優秀なため、癖のある中途半端な電源ケーブルは負かしてしまいます。今回も善戦しました。単体で聴く限り文句なしです。しかし、NBSのBLと比較すると何だか淋しく感じます。純正を上手い具合に全般的にグレードアップし、より自然に滑らかに高品位にした感じになります。バランしも良く嫌な音もしません。

            駄目だ....ヲーヲタの自分には売却できない....
             この差は無視できない


 導入したばかりの時は、それほど差を感じなかったのですが、馴染んだのでしょうか?(ケーブルが?耳が??)無視できない差を感じました。

 と言うわけで残留が決定しました。また金欠が続きそうです。安くてこのNBSのBLに代わるケーブルが有ればいいのですが、なかなかなさそうです。
 キャメロットテクノロジーのPM-1000辺りはどうでしょう?これなら新品でもおつりが来ますね。シュンヤッタのアナコンダ、JPSのアルミネーターの中古じゃあトントンでしょうし、アレグロや、カレントケーブルだとモロ赤字になっちゃいますね。聴いた中ではアレグロが良さそうでしたけどね。(小型SPなので低音ドーンの方が良いんです。変な音色が乗るケーブルは駄目です。)
[ 2007/08/17 20:53 ] ピュアオーディオ | トラックバック(-) | Comment(4)

灼熱地獄から脱出!!!支笏湖で湖水浴

 ここ4日間は灼熱地獄です。1日目は、苫小牧離岸堤アタックで海の上にいたために何とかクリア。2日目は早朝から白老アタック、帰宅後一番暑い時間帯はお昼寝でクリア、3日目は札幌方面にお買い物に行きお店や車のクーラーでクリア(暑気払いにマジスパに行ったところ、無人島帰りのノアールさんに偶然遭遇。無人島から帰ってまずはマジスパを食べたかったそうです。)

 そして、いよいよ4日目は支笏湖で湖水浴です。お盆時期は例年ならカラフトマスアタックなのですが、ボート購入による金欠と、ガソリン高で泣く泣くあきらめました......ちなみに明日からは出勤。

 次女の幼稚園仲間3家族合同湖水浴です。午前の早い時間帯から気温はグングン上昇、湖水浴日和となりました。ポロピナイは思ったほどは込んでいませんでした。10時~12時は湖水浴、12~14時は炭火でお食事。食事中暑くなったら、湖に入って涼しさをチャージ。沖の駆け上がり部分まで行くと水温も下がりますし、2メートル以上潜るとグ~ンと水温が下がります。14~17時もしつこく湖水浴でした。気温が高いことを忘れさせてくれました。しかし、帰宅したところ異常な暑さに驚きました。
 以下の機種は最新で、私のは旧型ですが、水中撮影も行いました。(いつも通りクリックで拡大します)


 夏枯れでマス類はいませんでしたので水草です。
草1
草2
草3

 ハゼの仲間?やエビはいました。小型アカハラは速くて撮れませんでした。
ハゼ
エビ

 マイボートも、ローアングル、水中でもOK。
船
船底

 水中から太陽も撮りました。
太陽

            なかなか涼しくて楽しい1日となりました。

※ちなみに夜は、濡れバスタオルを体にかけて扇風機をガンガンにかけ、気化熱で涼しくして寝る方法をとっています。
 昼間逃げ場がないときは、お風呂で、チョロチョロ流水を浴びながら昼寝をするという方法があります。皆さんもレッツチャレンジ!!!風邪を引いても責任は持てませんが....
 
[ 2007/08/16 00:51 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(6)

夏の カップ焼きそば

 夏限定?のカップ焼きそばを買い込みました。
夏焼き1

まるちゃんの『ちょい辛焼きそば弁当』普通に旨かった。さすが定番。
日清『UFO TanTan』見た目も悪くて、普通に不味かった。ノーマルUFOは美味しいんですけどね.....

明星『真っ赤な油そば』
赤あぶらそば
見た目は非常に美味しそうです。辛さはほどほどで一般の方でも大丈夫でしょう、もちろん味もGOODでした。油が多いので、油嫌いは駄目でしょうね。

 やはり真打ちといえば、明星『赤いハバネロ塩焼きそば』 
夏焼き2
 具は少なめで赤いです。
夏焼き3
 市販されている食べ物の中では結構辛いと思います。私も『一応辛いな』と思ったので、普通の人には少し厳しいかも知れません。確かに辛いけどあまり美味しいくも無いという感じでした。少しがっかり....でも市販品としては珍しいほど辛いです。
[ 2007/08/15 00:48 ] ラーメン | TrackBack(0) | Comment(0)

2日連続 マイボート 白老へGOGO!!!!!

 苫小牧離岸堤は夏枯れっぽかったので、夏に強い白老へGOGO!!!しかし、白老と言えば早朝勝負、とりあえず急だったので朝に弱くて、激しくいやがる嫁を無理矢理ひきつれて夜中に出発!!! 昨日の今日なので、準備は順調、べた凪!!!そしていよいよ出船と言うとき、

                   エンジン、完全なる沈黙................

 家に帰って調整後始動させたら1発快調始動しました。(プラグの接触不良?)というわけで終了...とはならずに、私たちが撤収準備をしていた横で、高速モーターボート船を出そうとしていた夫婦から
        「今からソウハチ釣りに行くけど、
        そのまま帰るのも何だろうから、一緒に行かないかい?」 
 とのお誘い、ソウハチ仕掛けはないものの、2人で乗せて頂きました。それに、せっかくだからと言うので外防波堤も少し流してくれるとのこと♡♡♡。そして第1投、テトラ際のフォール中にゴツンときました。 
白老サイズ
 タモが巨大なので小さく見えますが、掛け値なしの白老サイズです。(2キロクラス?)自己新記録っぽかったのですが(今までは53センチ)、最低装備で乗り込んだのでメジャー無し....幻の記録となりました。白老の沖流しで一番釣れたときの1、2番目くらいに大きい魚も計測しておらず(その時の3番目くらいで53センチ)、またしても白老で幻の(自己)記録魚となりました。
 嫁も中型を2本ヒットしました。私も中型を2本追加。ワームの方が目立ちますし、タイトに狙えるので餌より釣れますね。(オーナー夫婦は餌釣りでしたので、食いがイマイチでした)
嫁アブラコ

 
 しばらくアブラコ場をやって頂いた後に、今度は沖のソウハチ場に移動しました。
白老沖
 とりあえずは、ワームで挑戦。魚は小型ですが異常に濃いため、上手く合わせると釣れました。ちなみに、予想通り礁楽はカレイ釣りでもOKでした。もう少しトップが軟らかいと、もっと良っそうです。SL-69MHCならバッチリかも。 
ソウハチ1
 嫁も苦戦しつつも、何とかワームでヒット。
ソウハチ2
 魚の割にはワーム用では針が大き過ぎてやや苦戦しました。その後嫁は、生餌とソウハチ仕掛けを借りて順調に釣り続けました。おかげさまで、50匹以上釣れました。(リリース含む)白老沖はこの写真くらいにソウハチが密集しているのでは?凄い入れ食いでした。
ソウハチ干し

   ♡♡♡ボートに乗せて下さったご夫婦ありがとうございました♡♡♡
[ 2007/08/14 00:32 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

釣りの帰りは 「極」でラーメン

 帰りは非常に暑かったですが、やはりラーメンとしました。苫小牧の西地区といえばやはり『極』ですね。
 先日は、極味噌を食べました。今回は私がとんこつの背脂ちゃっちゃ醤油(大盛り)、嫁は、極味噌です。
極 醤油
 見た目は「てつや」系です。味も「てつや」系で美味しいです。てつや好きの私には合います。しかし、嫁が『味噌の後に食べると、魚ダシの風味を強く感じる!!!』とのこと。私も試してみたところ、確かに鰹?の風味を強く感じます。味覚の不思議ですね。味噌を食べた後は関東ラーメンの風味になりました。

 まあ、いずれにせよ美味しいラーメンですね。人気もあるようです。待つ人のために、屋外にイスが沢山用意されていました。でも列んだら暑そう....
極 人気
[ 2007/08/13 00:00 ] ラーメン | トラックバック(-) | Comment(0)

6月24日以来のマイボート釣果!!!

 6月は順調に出船できたのですが、7月以降天候に恵まれず、きちんとマイボートフィッシングが出来たのは1ヶ月以上ぶりでした。

 今回は初めて苫小牧の西区域です。嫁と二人で目指すは離岸堤です。(子供たちはお留守番)
離岸堤
 ポイントに到着し、いよいよスタートです。
離岸堤2
 しかしながらチョー渋い。元々夏枯れ気味に加え、この前の大雨で濁りも入り、今年最高の気温、ついでに正午を挟んでの真っ昼間の釣り。ということで何~にも反応が有りません。近くにいたゴムボートの方も全然反応がないようでした。
 
 諦めず際攻めを続けたところ、フォール中にコツンと来て重くなりました。50センチくらいのやつがヒットしました。ただ、ネットを準備している最中に足下で自動リリース。手間が省けて良かったとしておきましょう。
 その後、攻め続けたところまたフォール中同じくコツンと来て、同じような大型サイズをゲット。
離岸定アブ

 嫁は地元であり、野球部監督も知り合いと言うわけで「聖光学院」の甲子園での試合をラジオで聴きながら海の上でキーキーいってました。(岩国に11-7で快勝)
 
 あまりに渋いので、離岸堤には見切りを付けて、水深があり潮通しが良さそうな西港先端部の外海テトラに移動しました。ところが波は高いは、アンカー入れてもテトラに吸い寄せられるはで危険。4投で退却。
苫西
 しかし、1投目のフィール中にコツンと来て50くらいの大型ヒット。
苫西外
 結局は大型が3ヒットでした。数は全く出ませんでしたが、型はいつもより良かったです。大型が出る季節なんでしょうかね?海の上はかなり涼しかったので、まあ良かったと思います。

 出船場所に戻ったら、海遊びの人でごった返していました。人の切れ間を利用して着岸しました。ボート解りますか?
海遊びの人たち
[ 2007/08/12 19:34 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(2)

スープカレー『lavi』千歳店

 千歳市に出来たお昼だけやっているスープカレー店『lavi』に行ってきました。「lavi」は多店舗展開をしている支店です。場所は現在休業中?の『山下商店』のあった駐車場の隣のビルです。(飲屋街の中です)スープカレーはお昼だけの営業で、夜は居酒屋になります。お昼3:30までは隣の駐車場が無料で使えます。
ラビ
 私は手堅くチキンを注文しました。辛さは50番。
ラビ 千歳
 オーソドックスな味で、安心して食べられます。自慢のチキンは確かに絶妙で旨かったです。アイスも旨かったですよ。嫁にテイクアウトでお土産にチキンカレーを買って帰りました。

laviのHP:http://www.011bros.com/lavi/
[ 2007/08/12 12:10 ] グルメ | TrackBack(0) | Comment(0)

スープカレー『心』

 昨日は、次女と私で麻生の耳鼻科に行きました。何だかんだと検査しまくりで、2人薬代合わせて2万円もかかりました。結局昼飯を食うひまが無く、仕方ないので、昼飯として『心』でスープカレー、おやつとして『ボストンベイク』でパン、夕食として『ばりきや』でラーメンを食べました

 今回はスープカレーの『心』を紹介します。北大近辺の超激戦区の中でも人気を誇るお店です。スコールの真っ最中で、時間も外したのでなんと2人だけでした。
心
 注文したのはチキン、辛さは40番、ライスは普通でした。
心 チキン
 赤いです。見たまんま結構辛かったです。自分には丁度良い辛さでした。(自分で)味わいを楽しむには30番、辛いのに挑戦したいときには50番くらいでしょうか?
 さすが人気店だけあり、旨みが強くて濃い~トマトスープです。スパイシーな感じは弱いですが、この旨みが魅力です。チキン、ライスももちろん旨いです。野菜は持ち味を殺さない調理がされています。流石、元洋食職人が作ったという感じのカレーですね。
 お店の雰囲気も良いですし、トマト嫌い以外には安心してオススメできますね。ただ、普通は激混みだそうです。

『心』HP:http://www.cocoro-soupcurry.com/
驚きました...道外にメチャ進出しています。

※ちなみに、この日の夜食はボストンベイクの残りのパンでした。次女が「何で一度に3食も食べるの~?」と聞いてきましたが、「昼食・おやつ・夕食」の説明をしたら納得したようです。所詮は『餓鬼の浅知恵』と言うことですね。
[ 2007/08/11 12:28 ] グルメ | TrackBack(1) | Comment(2)

『吉田苑』からの暑中見舞い

 『吉田苑』からの暑中見舞い....
暑中1

その1 スパイク研いで涼しくなるのか???
その2 デジタルアンプはアナログと比べると、確かに涼しい。
その3 さわやかな音楽は確かに効くかも?


 それにしてもイっちゃっている暑中見舞いですね。オーディオ屋とは思えないところが良いですね。それにしても、どうしてここまでデジタルにこだわるのかが謎。

ラーメン『味の大王』苫小牧

 紹介し忘れていました。ラーメン『味の大王』です。苫小牧市の、千歳市寄り国道沿いにあります。有名ですし、目立つのでご存じの方も多いのでは?割と遅くまでやっているようです。 
大王
 
 食べたのはもちろんカレーラーメンです。
大王 カレー
 調味料もあります。辛くも出来ます。
大王 調味
 味は、カレーラーメンと聞いて想像するとおりのど真ん中の味です。
 ひとつ失敗したのは、ライスを注文しなかったことです。(ラーメンの時はライスは食べない主義なんです)残ったラーメンスープでカレーライスにして食べきるのがオツですね。
[ 2007/08/09 11:53 ] ラーメン | TrackBack(0) | Comment(0)

ラーメン「極」(きわめ)苫小牧

 今まで2~3度ふられ続けてきたラーメン屋さん『極』(きわめ)に行ってきました。苫小牧の西の外れ国道沿いです。夜は8時までです。
極
 とんこつ味の醤油か、鶏ガラの味噌か迷いましたが、今回は味噌にしました。
極 味噌
 鶏ガラなのであっさりかと思いきや、脂はあっさりめでしたが、塩分と旨みで結構パンチのある味でした。あまり味噌味噌はしていませんね。
 私はかなり気に入りました。特に寒い時期に食べたいですね。醤油も是非挑戦してみたいと思います。

 ノーマル→ゴールド→プラチナ→ブラックとグレードアップするスタンプカードがあるのですが、もし近所にあったら結構溜まりそうです。(ブラック満杯で隠れメニューだそうです)
[ 2007/08/08 11:41 ] ラーメン | TrackBack(0) | Comment(0)

初白老マイボート

 月曜日、久しぶりに苫小牧にマイボートで出撃!!!!!しかし、予想外の強風、船を出せなくはないものの、風を避けるために、思い切って白老に移動。
 移動中なんか、風向きがあやしくなってきました。しかし、お試しの意味も含めて、いざ出船!!!

 船を進めれば進めるほど強風に!!!それも完全な向かい風!!!おそらく沖堤にいっても真横に流されるはず。

 と、言うわけで港内をクルージングして帰港...
白老港内
[ 2007/08/07 11:27 ] 釣り | TrackBack(0) | Comment(0)

古ネタ一気に放出!!!! 千歳空港航空祭

 昨年は、土曜日開催を日曜日と勘違いしたために、航空祭に行けませんでした。今年は行きました。基地の外から見ました.....

しかし    激しい曇天で曲芸飛行ほとんど無し....

 また来年に期待....
航空祭
 ブルーインパルスの水平飛行のみ...

渡島大島(松前大島)の写真 その2

 上陸しての主に地形・地層の写真です。奇岩目白押しです。火山性で非常にもろい土壌です。
松前大島12
松前大島13
松前大島14
P7291811.jpg
松前大島15
松前大島16
松前大島17
松前大島18
松前大島19
松前大島20
松前大島21P7301839.jpg
松前大島22
[ 2007/08/05 11:41 ] 実録 無人島生活 | トラックバック(-) | Comment(2)

渡島大島(松前大島の写真) その1

 渡島大島(松前大島)の写真はネット上でもほとんど見かけません。そこでここにひっそりとアップしたいと思います。貴重な物になるかもしれません。地質・地形的にかなり面白い島だと思われます。今回は船の上からの撮影です。
渡島大島2
渡島大島3
渡島大島4
渡島大島5
渡島大島6
渡島大島7
渡島大島8
渡島大島9
渡島大島10
[ 2007/08/05 11:27 ] 実録 無人島生活 | トラックバック(-) | Comment(2)

無人島の食事

 最初の3日間は、冷凍で持ち込んだなまものを何とか食べることが出来ました。葉野菜も何とか食べることが出来ます。ここまでは、普通の食事が出来ました。

 1週間までは、保存食を食べることが可能です。例えば、納豆、キムチ、佃煮、干物等...しかし、何れも食べられるギリギリでした。
 納豆は腐敗を開始し、強烈なアンモニア臭?を放ち、干物は、ウジでホワイトアウトしており、キムチは食べられるものの、通常とは違った甘く酸っぱく濃い味になっていました。
 私はこの時点で帰還しました。そのため、食には特に困ったことはありませんでした。ここまではノアールさんがいつもリッチなアウトドア食を作ってくれました。(ホッケ飯、めかぶ納豆、刺身の霜降り)

 残された2人はこの先何を食べていくのでしょうか?『山には食べるものが全く無く、海は完全な夏枯れ....』このような状況も想定して、レトルトは多量に持ち込んでいるので何とかなるとは思います。残った3週間弱のうち、漁師が魚を数回運んできてくれるでしょうからそれが頼みの綱でしょうか?

 ちなみに、今回特に役に立ったのは圧力鍋と無洗米でした。圧力鍋は確実に短時間で炊きあがるので、ガスの消費が非常に少なくて済みました。無洗米は洗わなくて良いので水の消費が少なくて良かったです。
 「さとうのご飯」は手軽で美味しいのですが、ゆで時間がかかりすぎますね。電気が有ればレンジですぐ出来るので、こちらの方が良いかも?

無人島から帰還して最初にしたかったこと

 無人島から帰還して何が最初にしたかったかと言えば、食べ物でも、飲み物でも、情報でも何でもなく、

        塩素のがっちり効いたプールで泳ぎたい!!!!!でした

 結局は温泉に行ったのですが、本当は塩素の効いたプールに行きたかったでんす。
温泉
 島に渡る前には、2日間車中泊しており、実質1週間お風呂に入っていませんでした。島では海水なのでとにかくず~っと、べたべたしっ放しだったんです。

 とにかく水に飢えていました。特にカルキの効いた水道水にです。温泉水は不純物が少し混ざっているので少しべたつく感じがあるでしょ、消毒された水道水が欲しかったんです。(露天風呂には何やかんや落ちてきますしね)普通は温泉水にゆっくりつかるのですが、今回はとにかく水道水を浴びました

 この温泉には、石けんしかなかったのですが、泡立ちの良い合成洗剤も欲しくなりましたね。我が家での最初の風呂では、豪勢に合成洗剤で泡立てまくり、水道水掛け流しをやりました。

無人島での生活

 無人島では色々面倒がありました。忘れないうちに書いておきます。一番大変だったことは真水が無かったことです。

①洗顔
基本的に無し。ウエットティッシュで拭く。海で洗う。
②歯磨き
普通に歯磨きして海水でゆすぐ。液体歯磨きがGOOD。
③小
基本的に海。地上では一ヶ所に決めず、毎回違う場所に撃つ。
④大
基本的に便秘気味。
決まった場所に穴を掘り、使用した紙は焼却、バイオトイレの元を入れて埋め戻し。
⑤洗濯
基本的に無し。着たまま泳げばそれが洗濯代わり。着替えもほとんどなし。
⑥お風呂
基本的に無し。泳げばそれがお風呂代わり。
(1度、海水でも使用可能な衣類洗剤で洗髪と体洗いを行った)
⑦食事
燃料の関係もあり、1日2回。大体ブランチと夕食。
⑧寝起き
日の出に起きて、日の入りに就寝。

 真水は無いのですが、海水は豊富にあったのでそれを最大限利用する形でした。何かと不便ではありましたが、海水は豊富にありますし、無人島なのでプライバシーの問題が無いので、災害時の集団生活と比較すれば、全く楽であろうと思われます。
 被災地の生活は不便さでは同程度かもしれませんが、実際はかなり厳しそうだと思いました。やはり、今回は1人当たりのスペースが広大でしたし、人の目を全く気にしなくて良いというのは楽です。

無人島で5泊6日生活していました

 実は7月29日(日)~8月3日(金)まで、5泊6日 無人島で生活していました。時化のため、1日遅く出発し1日早く帰還しました。(予定では7泊8日でした)

 メンバーは、ノアールさんと、大学院生と私の3人です。残りの2人は、なんと8月20日くらいまで、無人島生活続行です。昨日の帰還も突然であったため、ブログに何処まで書いて良いのか解りませんし、2人が帰還するまで連絡が取れませんので、問題なさそうな部分だけ書いていきます。

無人島の状況は....
①船で片道2~3時間。チャーターのみ。少しでも時化ると着岸は無理。
②連絡手段は、ほとんどつながらない衛星電話のみ。(携帯は不可)
水がない。(これが最大の難関)
④木がほとんど生えていない。
(島全体でも10本もないかも?確認できたのは1ヶ所に3本ほど生えていたのみ。)
⑤もちろん植物は食べられそうなものは無し。(雑草か、高山植物)
⑥ほ乳類は、恐ろしいどぶ鼠と、警戒心が高くて捕まらないウサギのみ。
⑦海は典型的な夏枯れで、フグ以外の魚がいない。
⑧海岸は崩落が多いごろた石の海岸か、断崖絶壁。
⑨海は、ショア部分でも、どん深で潮流も非常に速く危険。
⑩山は急斜面で、足場がどんどん崩壊して超登りづらい。


          絶対に普通には住めないって!!!

無事 無人島から生還しました 松前大島(渡島大島)

                 先ほど無事帰還しました

                 2度ほど死にかけましたが
                        大丈夫でした
               自然と4キロ減量できました♡♡♡

                   台風のため1日早い帰還となりました
           (今日帰れないと、何時帰れるか解らなくなるところでした...)
                  流石に今日は疲れたので、詳細は後日...

※追記
あれから1年ががたったので、無人島の場所をひっそりと記載しておきます。(ちゃんと上陸許可もらってますよ。生態調査です。)
松前沖の、『松前大島(渡島大島)』です。陸から見える松前小島ではなく、松前大島です。まさしく、人が足を踏み入れることが出来ない絶海の孤島です。見たこともないような超絶地形が目白押しですが、崩壊が激しく、激しく危険でした。

松前大島ウイキペディア:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A1%E5%B3%B6%E5%A4%A7%E5%B3%B6
松前1
松前10
松前8
松前9
松前2松前3
松前4
松前5
松前6
松前7
松前大島11
[ 2007/08/03 23:39 ] 実録 無人島生活 | トラックバック(-) | Comment(2)
ページ最上部へ