ヲタキッシュ(利尻島在住のブログ)

釣り(ロックフィッシング)、利尻島情報、ピュアオーディオ、ビリケン商会のガレージキット等がメインです。リンクフリーです。
2012 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312012 11

釣り人が買うべき車、それはジムニー 他は認めない

 現在我が家には2台車があります。トヨタツーリングハイエースの平成14年車走行15万キロオーバー)と、ホンダビートの平成3年車オイルの消費が500キロの走行で1リットル)の満身創痍コンビです。

 ホンダビートはご存じの通り、釣りには全く使えません。ツーリングハイエースは荷物はたくさん載り、車中泊もお手のものなのですが、燃費が激悪(6~8km/L)で荒れ地も苦手です。

 そこで釣り人が乗るにふさわしい車を選びました。それは言わずと知れたスズキジムニーです。

1 荒れ地もガンガン走れる(なんちゃってのパジェロミニとは違う)
2 買うならもちろん5MT。ATなんてクソ食らえ。ビートで慣れているし。
  特に3速ATなんてマジあり得ない。お買い物にしか使えない。
3 買うならもちろんターボ車。北海道は長距離が多いし、峠もある。ターボじゃないと無理。
4 買うならもちろん新車。ぶつけられているかも知れないし、落ちているかも知れない。
  そんな車には乗れない。ドアやバンパーが交換されていたりもするらしい。
5 ライバルのパジェロミニには市販のロッドホルダーが構造上つけられない。
  ジムニーはパーツだらけで何でも出来る。ライバル視することすらおこがましい。

結論:ジムニーは漢の乗る車。パジェロミニは女子供の乗る車。


 ボートを積んだり、長い竿を積むこと、車中泊の困難さはありますが、それ以外に関してはジムニーに死角は見あたらない。

 大切で間違いのないことなので、もう一度言う。

スズキジムニーのターボ、MTの新車以外に選択肢はない。


 おおおっ、な、何だ、この車は.... 

車

(つづく) 
[ 2012/10/31 23:18 ] 車 HONDA BEAT | トラックバック(-) | Comment(2)

今日で10月も終わり 10月といえば新居浜太鼓祭り

 今日で10月は終了です。以前四国の愛媛県新居浜市に住んでいた頃は10月と言えば新居浜太鼓祭りでした。

 約3年間住んでいたので、3回経験しました。巨大な太鼓台が街を練り歩いて、太鼓台の鉢合わせでは死人や怪我人が出るほどのガチ喧嘩が絶えませんでしたね。(2003年の時点の統計ですが、60年間で死者13名、重軽傷者700名以上とのこと)重さ2.5トンの太鼓台を150~200人でかかえており、それをぶつけ合うのですから危険ですよね。(ちなみに1台1億円ほど。市内に50台くらいあるとのこと。修理等にかかる寄付金等が大変みたいです。)

 私が参加した年も、(他の地区ですが)鉢合わせで腕を切断した人がいましたし、祭り最中の喧嘩が尾を引いて祭りの後に太鼓の台車で敵の自治会館につっこんで建物を破壊した事件もありました。

 四国を離れてから約18年、また見て(参加して)みたいですね。あれほどみんなが命懸けになる祭りは見たことがないですね。今でも凄いのかな?(会社はもちろん、学校も休みですからね。盆正月は帰省しなくても祭りには帰省します。)

 当時、祭り期間中、信号機で停車していたら自分の前の車が、酔っぱらいに襲撃されました。びっくりしましたね~(前の車も、私も逃げました。)街全体がアナーキーな雰囲気でした。昼間から酔って倒れている人、暴れている人が結構いました。パトカーが走りまくりで、警官もうじゃうじゃいましたね。

 というわけで、今年の新居浜太鼓祭りのポスターと、大昔私が祭りに参加した時の姿です。(93年10月16日 19年前の写真)

新居浜太鼓
太鼓

祭り

やべえ、上で書いた自治会館襲撃の生映像が存在した...
初めて見た。(上の写真を撮った翌日か、翌々日の事件のはず。4分40秒あたりからが襲撃映像。ガチで戦う・破壊行為をする時は飾りを外して裸台にします。)台車で門を破壊するシーンは時代劇のワンシーンのようです



 また、新居浜の超マニアックでプレミアムなお土産と言えば、銅滴(どうてき)ですね。新居浜にはかつて別子銅山があり、今でも銅精錬が行われています。銅精錬でこぼれ落ちた金属がかたまった物が銅滴。今はそれを人工的に作ってオブジェとして売っています。(人工と言っても、束ねた藁に溶けた銅をぶちかけて作る完全手作り品。)
 
 1個1個形が違いますし、お値段もかなりなものなのでヤフオクで中古を狙っていました。綺麗な形のものが出品されたので、太鼓祭り月間なので購入してみました。金銀を含む色々な不純物が入っているので、銅色だけではなく複雑な色合いです。

銅滴1
銅滴2
銅滴3

 ただ、地元民でも銅滴を持っている人は非常に少ないと思います。ただ、ほとんどの市民はあちこちに飾られているので、必ず見たことはありますけどね。

 またゆっくりと四国に行き、グレ釣りやバス釣り、ブリのジギング等をやりたいですね。ただ、先月は出張でほんの数時間だけですが、18年ぶりに四国に上陸できました。(太鼓祭りの写真はその時に撮影しました。)
[ 2012/10/31 21:49 ] 未分類 | トラックバック(-) | Comment(4)

今日はハロウィン 北海道のハロウィンは七夕です

 北海道では圧倒的なシェアを誇るローカルなコンビニ、セイコーマート

マーク

 そのセイコーマートのカレンダーに、道産子でも解らない人がいそうなマニアックなネタが書いてありました。

カレンダー

拡大してみると...
拡大

 北海道の一部では七夕にろうそくだーせというイベントが行われます。

 ハロウインのように仮装はしませんが、半狂乱の状態で「ろうそくだーせだーせーよ♪だーさーなーきゃカッチャクぞー、おーまーけーにー食いつくぞー♪」と叫びながら練り歩きお宅訪問をしてお菓子をもらっていきます。

 あまりに狂いっぷりが凄いので、毎年見たいのですが休みと重ならないと見られないのが残念です。悪魔に取り憑かれたように完全に目がいっちゃってますから見物ですよ。

 このネタは、道外の人には全く想像もつかないでしょうし、道産子でも解らない人が結構いると思います。メチャクチャローカルなネタ過ぎて笑いました。「ろうそくだーせ」は、自分も稚内に来て初めて知ったんですよ。

※ちなみに私のセイコーマート評
(長所)
他のコンビニが皆無の、広大な宗谷地方や離島にもお店がある。
牛乳が安くて美味しい。オリジナル牛乳アイスも美味しい。卵が美味しい。
お店で作られるホットシェフの弁当は美味しい。
セイコーマートブランド商品は安い。
野菜が多く、調味料や日用雑貨品が意外と多いのでプチスーパーとして使える。 
(短所)
普通のお弁当は味にパンチがない(化学調味料が少なめ?)
セコマブランドの食品は味にパンチがない(化学調味料が少なめ?)
置いてある雑誌にパンチがない。
お酒はメチャ安いが、あまり美味しくない。(たまに安くて美味しいのもある。)
パンやカップラーメン、冷凍食品が楽しくないし美味しくない。(ヤマザキパンが欲しい)
目新しさや変化に乏しく、おしゃれじゃない。
[ 2012/10/31 19:07 ] 稚内(宗谷)情報  | トラックバック(-) | Comment(2)

Windows 8を入れてみた 嫁のノートPCが実験台

 【 Windows 8を入れてみた 】

 自分のPCは危険なのでやめて、一太郎とエクセルとIEしか使用していない嫁のノートPC(VISTA機)を実験台にしてみた

 元々嫁のPCには不要なアプリが溢れており、異常に動作が鈍くなっていたのでWIN7でも購入してクリーンインストールしようと思っていた矢先でした。そうこうしているうちに、WIN8が発売となり、それもWIN7よりずっ~と安い。こうなるとWIN8を入れてみないわけにはいきませんよね。

 さて、土曜日にダウンロードをしたのですが....回線が超混んでいたようで、3~4時間かかりました。しかし、ダウンロードが出来てからは早く簡単にセットアップが出来ました。

 【 WIN8を立ち上げてみた 】

1 ごちゃごちゃしたスタート画面がうざいことこの上なしでしたので、ほとんどの表示を消してしまいました。
2 データーは残したのですが、基本的にはクリーンインストールでアプリが消滅してしまったので入れ直して、再起動をかけようとしたものの、電源の切り方が解らない..調べてみると凄く面倒くさくなっている。
3 一番困ったのが、オフィス2007まで消えている....おなじマイクロソフトなんだから、それくらい引き継げよ。

 という感じで、思いの外手間がかかり半日仕事になってしまいました。まあ、不要なアプリが消滅して動きは良くなった気がします。

(追記)目障りなごちゃごちゃピン止めをほとんど外しちゃった。すっきりした。

UI

 そして、設定を全て終えての感想

 WIN7で十分。というか、WIN8はちょっと使いにくいですね。まあ、タブレットに使用する分には良いんでしょうけどね。

 結局、自分のPCには導入見送りとなりました。(嫁は何とかWIN8を動かせているようです。)
[ 2012/10/29 23:12 ] パソコン・スマホ・ガジェット | トラックバック(-) | Comment(0)

あっ、鮭釣れちゃった イトウはもうダメ

 ちょっと用事で、港の近くに行ったところ、鮭が跳ねていました。近づいてみると20~30匹の鮭の群れが足下にいました。(写真では写っていませんが、水面下にうじゃうじゃいました。)ただ、ほとんど、もう食べられない黒色~燃え尽きてしまって死ぬのを待つだけの白色がほとんどでした。

港の鮭

 手持ちが、ブラーの5グラム、タックルがイトウ用のニューウエポンワールドシャウラ2752R-2(中古)でした。

 足下にブラーを垂らし、鮭の目の前でプラプラさせていると、1匹がパクリ。

 釣れちゃいました。

ブラーで釣れたメス鮭

 色的にはギリギリ食べられそうですが、リリースしました。ワールドシャウラ(中古)に魂が入りました。基本はバスロッドですが、一応鮭でも大丈夫ですね。今まで使用してきたエバーグリーン ポセイドン ゼファー PZS-76 ベイシューターと大体同じ感じです。


 その後、久しぶりにイトウ釣りに行きました。雪虫が飛びまくっていました。思ったほど落ち葉が流れておらず、一応釣りにはなりましたが、平常時より30センチ水位が高くあまりポイントを攻められませんし、水温も8℃と低く釣れる感じはしませんでした。もちろんボウズでした。

紅葉の川

 紅葉も終わりかけですし、鮭釣りもイトウ釣りも終わりの感じですね。そろそろ冬ごもりです。アイスの恋しい季節がやってきました。(北海道では真冬、暖房が効いた家の中でアイスを食べるのがデフォ。)
[ 2012/10/28 21:34 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

冠雪した利尻島が綺麗だ 鮭はボウズだ

 調子こいて、今朝も仕事前にチョイ釣り。見事ボウズ。魚が1カ所に密集しており、横幅3メートル程度の範囲で鮭が2~30本の入れ食い状態。その他のポイントでは数十人で数本という圧倒的な差が出ていた。もう終わりかな....

 雪を頂いた利尻山が綺麗だった。

利尻山
[ 2012/10/22 20:48 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

鮭も最終シーズン 朝のチョイ釣り 今、外では雪が降っている....

 初雪も降っていよいよ冬になってきました。シーズンインが遅かった鮭釣りもいよいよ最終です。

 朝、近くの港でチョイ釣りしてきました。

 しかし、気温は5℃で風は10m以上、体感気温は-5℃以下という凄まじい寒さでした。ロープに引っかかって切れたウキ(写真のオレンジ色の物体)が真横になびいていました。皆さん完全武装です。

風

 魚は居るようですが、一カ所にかたまっておりその場所では1人5匹以上の爆釣でした。自分は、ウキルアーで3ヒット1バラシでした。(やはり、雑にやり取りするとバレますね。混んでいたので強引にあげようとしました。)

 ゲットした2匹とも、ウキルアーなのに足下でヒットしました。オスはピックアップ寸前に食いつくのが見えました。出ているラインがほぼ0でしたので、瞬時にベールを起こしてラインを出して体制を整えて取り込みました。(こういう時こそ、レバーブレーキなんでしょうけどね。)

 オスはリリースしましたが、メスはピカピカで綺麗だったので冷凍庫に入れる場所は無いのに持ち帰りました。結局あまりに寒くて2時間でギブアップ。

オス鮭
メス鮭

 イクラだけは何とか冷凍庫に入れられそうです。身の半分はチャンチャン焼き用にすれば、捌く手間が省けます。(ただし、最近は夕食のメニューにやたらとチャンチャン焼きが多い。)半身は3日くらい冷蔵庫で寝かせておいても全然平気です。(良い感じに熟成します)そろそろ冷蔵庫がいらない季節なので、屋外でケースに入れておけば十分な気もしますが、日中気温が上がると腐るかも?(とりあえず今は、玄関先に放置。気温6℃で野菜室並。)

 うわぁ、今雪降ってるし.... タイヤ交換まだしていない....
[ 2012/10/21 10:27 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

今期最終離島遠征 礼文島でハチガラと鮭フィーバー

 この週末は、嫁が我が家で女子会を開くために強制的に礼文島に出撃させられました

 波は3m、天気は雨、やませがびゅーびゅーの予報です。

 もうこの時期なると、観光客はほとんどいません。上の写真が出発時刻寸前の稚内のフェリーターミナル。下がフェリーのメイン客室です。

人いない
人いない

 前日仕事が遅くまであったので、午後便での到着となりました。しかし、そんな私を神様が不憫に思ったのか、波はやや収まり(それでもフェリーは結構揺れていました)、風も釣りが出来る程度で、雨も降りませんでした。

【第1ラウンド 穴釣り】
 日暮れまであまり時間がありません。ここは鮭ではなく、やはり穴釣りでしょう。

 前回のようにマシンガンのようには釣れませんでしたが、今回は型が揃っていました。

 痩せていますが、クロソイ40センチ。30センチ弱のシマソイ

クロソイ40
シマソイ30弱

 ハチガラの型が揃いました。上から自己新記録の31センチ、30センチ、27センチ、28センチです。hojoさんの分を残しておきましたよ。キープは1匹だけです。大物遺伝子を残すために、30センチ超えは全てリリースしました。

ハチガラ31
ハチガラ30
ハチガラ27
ハチガラ28

 時期的に日暮れが早く短時間勝負でしたが良い釣りが出来ました。ハチガラは小さいのも入れて10匹以上釣れました。雨も振り出したので撤収し、食事と温泉に入りました。食事はいつもの香深漁協直営の海鮮処 かふかで、今回は塩ラーメン(大盛り)とタコザンギです。ラーメンはあっさりして美味しいです。海苔がポイントかな?タコザンギは結構量がありました。頭を利用している気がします。

塩ラーメン
タコザンギ

【第2ラウンド 港でロック】

 雨も上がったので、安全に港でロックです。

 しかし、全然釣れません。テトラ際に落としてやっとポツポツ釣れる程度でした。全く回遊していませんね。写真はクロソイ35センチ、ハチガラ27センチです。

ソイ35
ハチガラ27

【休憩 ケビンマスクさんのお宅へ】 
 夜の10時半ほどに、伝説の釣り師の息子さんで、オーディオマニアでもあるケビンマスクさんのお宅にお邪魔させて頂きました。アキュフェーズとリンのアンプは死亡してしまったそうで、スピーカーもフォーカルのエレクトラに変わっていました。

部屋

 今回もオーディオ、釣り、お酒と大変有意義なお話が聞けました。鮭釣りで雄雌の釣り分けも可能とのことでした。ただ口で説明できるような物ではないそうです。棚の取り方とルアーの動かし方だそうです。(ルアー単体での釣り分けだそうです)

【第3ラウンド 鮭釣り】
 寝不足状態で鮭釣りです。鮭シーズンも終盤となり、自分の1軍しかけが尽きてきているため、やや苦戦しました。(鮭釣りのマニアックなしかけは、地元になかったりしますし、通販でも買えないんですよね。)タモ網も持ち運びの関係で小さめのを使用していて苦戦しました。

 しかし、オス3匹、メス3匹ゲットしました。ブナ祭りでしたが、ピカピカのメスも1匹混じっていました。(釣ったばかりの時は、ブナももっと光っていました)

鮭6匹
ピカピカ

 ピカピカのメス鮭を見て下の娘が「ピカピカでママみたいだね」って言っていた。何か買って欲しいものでもあるのだろうか???

 今朝は10匹以上釣っていた人もいたので少し悔しかったです。丁度最高の時合いの時に、ウキが壊れたのが一番痛かったですね。(鮭が暴れて折れた)その時に2匹分くらい損した感じです。

 というわけで、今シーズンの離島遠征はこれにて終了となります。利尻山もやっと初冠雪となりました。雪虫も飛んでいますし、雪の季節がすぐそこまで来ていますね。

利尻
[ 2012/10/14 14:33 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(8)

観光もかねて、久しぶりに礼文島へ(その3 観光編)

(その2 観光編)からの続きです。

3 元地海岸
 桃岩周辺は(その1 釣り編)で出ていますので省略。

 奇岩と言えば地蔵岩

地蔵岩

 地蔵岩の手前のメノウ浜でメノウ拾いに興じました。観光客が他に全く居ないのでたくさん拾えました。(写真には削れて角が丸まったガラス片も混じっています)

メノウ拾い
拾い2
メノウ

4 「北のカナリアたち」ロケ現場

 「北のカナリアたち」の学校のセットを探すべく、地元の方に聴き込み調査を行い場所を特定しました。この像があるところから上がったところです。

目印

 しかし、工事中で立ち入り禁止でした。無理して入ろうとすると地獄の番犬ケルベロスに食い殺されます。残念

ロケ地

5 その他

①スコトン岬の謎の石

謎の石

②今は廃校となったスコトン小学校。昔は綺麗でカワイイ小学校でした。

スコトン小学校

③キャンプ生活時代にお世話になった銭湯の船泊湯(2日に1回営業)

船泊湯

④利尻ほど塩辛くはないが、普通よりは塩辛いセイコーマートホットシェフのおにぎり

おにぎり

 やはり、利尻島のセイコーマートホットシェフのおにぎりが、日本一塩辛いおにぎりかも知れませんね。 

※掲載した写真以外に、以前住んでいた久種湖と緑が丘の両キャンプ場にも行きました。真っ昼間漁港内の鮭もサイトで狙いましたが、4回餌をくわえたものの、すぐに吐き出されてヒットに至らず。
 花のない季節でしたが、他の観光客とはほとんど合わずに自然を独り占めできました。(団体さんもいましたが、時間がずれていたようで遭いませんでした。)
 下の娘は先日、TVの「日本珍百景」で出ていたユースホステル桃岩荘に泊まりたがっていたけど、10月からは休館なんだよね~残念。(派手なお見送りと、それを全員で何時間もかけて覚えなくてはいけないことで有名な宿です。)
[ 2012/10/09 21:49 ] 利尻島情報 | トラックバック(-) | Comment(2)

観光もかねて、久しぶりに礼文島へ(その2 観光編)

(その1 釣り編)からの続きです。

 朝1便で女子供共と合流し、家族4人で観光となりました。私は1年ぶりですが、女子供共は8年ぶりの礼文島です

 上の娘は結構記憶にあるようですが、下の娘は記憶がないらしいです。実は16~7年ほど前の無職の頃は合計1~2ヶ月礼文島に滞在していました。上の娘はその時の記憶は赤ちゃんだったため流石に無いらしいです。(久種湖や緑が丘のキャンプ場に住んでいました。宅急便の住所は「緑が丘キャンプ場のテント」で届きました。)

 久しぶりなので、モロ観光地巡りをしました。

1 スコトン岬
 一番北の最果て感抜群の岬です。(日本の最北端ではないので、最北という表現をしてあります。)いつもながらバカみたいに風が強いです。

 見所は何故かお金が挟まれている看板兼柱。柱の足下には落ちたお金が...関係ない手すりにもお金が...まるで神社のようです

柱
アップ
落ちたお金
挟んである

 やはりもうひとつはこれでしょう。

看板
家
スコトン荘

 崖下に民宿があります。昔はもっとボロでよりインパクトがありました。

2 西上泊(澄海岬)
 「北のカナリアたち」のロケ地でもあるそうです。海が透明でメチャクチャ綺麗なはずですが、波が高くて普通の海でした

澄海

 海岸線は流石に美しくダイナミックで凄かったです。

岩肌

 観光客は1人もおらず、完璧な快晴でしたので昼寝をしました。

空
昼寝
昼寝2

 写真は無いのですが、駐車場のこのお店で食べたエビ汁200円が非常に美味しかったです。大型のシマエビが2匹ずつはいっておりエビ味噌も美味でした。

お店

 エビ汁の写真がないのは、全く味に期待していなかったからです

 だって、そのエビ汁は注文を受けてから完全に1から作ったんだもん。注文を受けてからお湯を沸かして、エビ茹でて、味噌を溶いて、ネギ切って....非常に驚きました。まさしくスローフード。

 長くなったので(その3 観光編)に続きます。
[ 2012/10/09 21:18 ] 利尻島情報 | トラックバック(-) | Comment(2)

観光もかねて、久しぶりに礼文島へ(その1 釣り編)

 稚内近辺では鮭が釣れています。しかしながら、先日行った日は新しい群れがほとんど入らなかったようで悪くボウズ。利尻島は、えげつないほどにギリギリまで網が入っており、岸近くには鮭はほとんど居ない模様。(先日行われた鮭釣り大会もあまり釣れているようではなかったですね...)もう少し魚が抜けられるように網を張ってくれれば良いのですが...

 というわけで、映画「北のカナリアたち」ももうすぐ公開ですので、観光もかねて礼文島に渡りました。海の向こうに利尻山が見えています。木の生えていない丘が礼文島の特徴です。

礼文島

 鮭を狙っても良いのですが、昼間はブナばかりですし、風波が激しいので穴釣りをしました。大型のハチガラを狙ったのですが、写真一番上の26センチが最高でした。(ハチガラは計10匹程度釣れました。)

ハチガラ
穴ソイ
ガヤ

 写真2枚目のソイ、3枚目のガヤも含めマシンガンのように釣れました1つの穴で20匹くらい連続というのもありました。1つの穴で多くても5匹くらいですので、今回は凄まじかったです。

 桃岩付近のダイナミックな地形や、夕焼けの利尻山を独り占めして1日の終了です。(周囲には誰もいません。写真では迫力が伝わりませんね...)

岩
桃岩
桃岩

 夕食後礼文温泉「うすゆきの湯」に入り就寝。いつも通りの野宿でしたが、朝は11℃まで気温が下がったため、相当寒かったです。マミータイプの寝袋はあったのですが、中は完全に夏物でしたから寒かったです。この季節はフリースくらいは必要ですね。

 目覚めて早朝は、鮭釣りです。島にしては釣り場は混んでいました。

鮭釣り

 4ヒットの1バラシで、オス1、メス2ゲットです。タモ入れに手間取り久しぶりにバラしてしまいました。(綺麗なメスでしたのでもったいなかったです)状況はまあまあで、0~3匹という感じです。大体の人は釣って帰っていました。

鮭釣り

 というわけで、この後我が家の女子供共がフェリーで到着し合流します。

礼文島観光の(その2)に続きます。
[ 2012/10/08 23:22 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

利尻でチョイ釣り マヅメ時には釣りはやらず

 少し書くのが遅くなりましたが利尻にチョイ釣りに行きました。2便で島に渡り、3便(最終便)で帰る真っ昼間チョイ釣りパターンです。

 台風の後で網が上がっていたため、朝は爆釣だったとのこと。(ただし、朝は余波もあり頭から波をかぶりずぶ濡れだったそうです)私が着いた時(昼前)には完全に沈黙していました。多少群れはいますが全く食い気がありません。

 それでも頑張って、オス2メス2の計4匹釣れました。ホッチャレに近かったオスの1匹はリリースして以下の3匹をキープしました。

3匹

 ちなみに、1番上のメスはウロコは光っていましたが身は白っぽく、逆に下の2匹はややブナが入っていましたが身は赤かったです。体色より太っているか痩せているかに着目した方が身の状態が解るかも?やはり、やせ気味の魚は栄養が卵にとられて白っぽくて水っぽい身になっている気がします。

 今回は夕方の便に乗ったので夕日の写真をのせます。上から、利尻山、鴛泊港、ペシ岬、礼文に沈む夕日、夕闇の礼文です。

利尻の夕方
フェリー空見た夕日
ペシ岬の夕日
礼文に沈む夕日
海夕闇
[ 2012/10/05 05:55 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(2)
ページ最上部へ