ヲタキッシュ(利尻島在住のブログ)

釣り(ロックフィッシング)、利尻島情報、ピュアオーディオ、ビリケン商会のガレージキット等がメインです。リンクフリーです。
2013 031234567891011121314151617181920212223242526272829302013 05

いぐあなの春プロジェクト完了

 今日のニュースでは、日本中春も陽気だそうだ。ちなみに明日の稚内市の予想最低気温は2℃、最高気温は4℃。まあ、氷点下ではないので春といえなくもない。しかし、本日我が家に春が届けられた

荷物

 箱には英語で書かれているので、最初は何が送られてきたのかと思いましたよ。実印と非売品の文字だけが日本を感じさせます。これこそいぐあなの春プロジェクトの品だったのです。

 中身はこれです。
中身

 ちゃっちゃっとカットして貼り付けて組み立ててみました。大きさは全長30センチくらいです。バンダイの怪獣シリーズと、ブルマアクの怪獣シリーズの中間くらいのサイズ感です。

いぐあな1
いぐあな2
いぐあな3
いぐあな4

 間着が多く、動かせて遊べるようになっています。このいぐあなくんの正体は、特撮の神様レイハリーハウゼンの「原子怪獣現る」に出てくるリドザウルスです。(ゴジラの元ネタで有名です)以下のyoutubeで予告編が見られます。



 実は、これは非売品なのです。このブログの読者でもあり、ビリケン商会等で活躍された造形師のブッカ親びんの作ったサンプル品です。ただ、海外作品の版権はとてつもなく高いため(数百万円?)、実際に製品化されるかは不透明です。製品化されれば、世界中で売られるでしょうし(既に海の向こうでも話題になっているようです)、製品化されなければ幻の商品となる運命です。

ブッカ親びんのブログ:http://tarao55izumi.bijual.com/

 リアルでありながら、お手軽に作ることができて、おもちゃとして気にせずに遊べる、まさしく立派な大人のおもちゃに仕上がっています。さて、これが世界の人々の手に渡るのか否か???版権が安いと良いのですが....

※現在、ゴリラ4のプロジェクトが進行中です。興味のある方は親びんのHPにGO。
[ 2013/04/29 21:34 ] 怪獣やガレージキット | トラックバック(-) | Comment(2)

釣り男さん遠方より来る 海アメ・海サクラチャレンジ

 今春転勤した、釣り男さんが室蘭からはるばる稚内に舞い戻ってきました。夕方仕事を終えてから移動したそうで、車で7~8時間はかかったのではとおもいます。2時間だけ仮眠をとったそうです。

 さて、朝5時にスタートです。波の具合は良いのですが、濁っています。イキナリダメっぽいです。

ショア1

 釣り男さんのために、ボボ兄さん、黒い彗星さん、代理さん、名前忘れたさんはっちゃんでした豪華敏腕アングラーが勢揃いでした。

 しかし、濁りには勝てず場所替え...したものの、誰も濁りには勝てず。もう帰ろうかという時に私に来ましたよ。

海アメ

 40センチくらいのアメマスが釣れました。釣り男さんの「今日は7時に釣れます。」の予想通り、きっかり7時に釣れました。解氷アメマスはボウズでしたし、先日のカレイ釣りもボウズでしたから、今シーズン初の獲物です。

 その後しばらく頑張りましたが、誰も釣れませんでした。私は8時過ぎにはあがりました。もう少し粘るという釣り男さんを見送りました。釣り男さんまた来てね。今度やるなら、利尻でモンスターソイでしょ。

さらば 
[ 2013/04/27 20:29 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(5)

釣り人の車(軽)はジムニーで決まりだ パジェ子ちゃんの後釜がキター

 先月、愛車パジェ子ちゃんはブリザード・ホワイトアウトの中、追突され廃車となりました
記事:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1659.html

 以前から何度も主張しているとおり、釣り車(軽)はジムニーで決まりであってそれ以外は認められない。しかし、安さには逆らえず、ご縁もあってパジェ子ちゃんを購入した。廃車になるにあたり補償金が出るので、それを元手に新しく車を購入しました。

 それがこれだ。

パジェ郎君

 はい、今回もパジェロミニです。性別は男で、名前はパジェ郎君です。(下の娘が命名しました。)

 ジムニーにしなかった理由ですが、もちろん価格です。パジェロミニとジムニーでは圧倒的にジムニーが高価です。このパジェ郎君は走行も少なく、機関良好、外観もそこそこ綺麗な個体なのですが、同じ価格でジムニーの場合は、錆び錆びか走行10万㎞オーバー車位しか買えません。また、パジェ子ちゃんのパーツをそのまま流せるのもまたパジェロミニにした理由です。

 ちなみに、このパジェ郎君はカーセンサーで、走行少なめ・4WD・ターボ・4速ATでは最も価格の安い個体でした。嫁が、上の娘の引っ越しに行く途中、乗り換え時間の僅かな隙間時間を利用して現物を見て決めた車です。(お店が見つからず、実際に車を見たのは1分間だけだったとのこと。車を取りに行って、札幌から300km以上運転して帰ってきたのも嫁です。)

パジェ郎後ろ

 パジェ郎君のスペックは、平成10年車、走行5万キロ、4WD、ターボ、4速ATです。

 パジェ子ちゃんより少し大きく、ターボなので凄くパワフルで、4速ATなので静かで燃費も良いです。(リッター12キロ)乗り心地は道路の凹凸を良く吸収するためかなりマイルドで荷物がぴょんぴょん跳ねたりしません。トータルでちょっとびっくりするくらいよく走ります。さすが新型車です。

 特に便利なのが、集中ドアロックですね。パジェ子ちゃんは全てのドアの鍵を1つ1つ閉めていかないといけなかったのですが、パジェ郎君は運転席のドアで鍵を開閉すれば全てのドアを同時に開閉できます。(普通の車には必ず付いている装備ですけどね)

でも顔はパジェ子ちゃんの方が良いですね。
[ 2013/04/14 15:18 ] 車 HONDA BEAT | トラックバック(-) | Comment(6)

利尻島 第3回 ロックフィッシュ大会 「つりしん」さん大間違いですよ~

 いよいよ利尻島 第3回 ロックフィッシュ大会の正式アナウンスが「つりしん」に掲載されました。

つりしん

 しかし、つりしんさん、大きなミスをしていますよ今回は第3回です
  
大会誤
大会正

 昨年の大会が第2回大会です。もちろん優勝者は私でした。
http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1560.html

 一昨年度の第1回大会は7位でした。
http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1452.html

 今回も優勝目指して頑張りたいと思います。

なんと、諸事情で今年の大会は中止となりました残念です
[ 2013/04/06 17:02 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(9)

伊藤潤二 「うずまき」読みました ヒーローが最高

 恐怖漫画の「富江」シリーズで有名な伊藤潤二氏の漫画は昔から大好きです。(富江シリーズ:殺されても殺されても生き返ってくる美少女富江のお話。映画化もされています。)

 この中編「うずまき」も知ってはいたのですが、怖くなさそうでしたので未読でした。(内容は、最初から最後まで呆れてしまうほど渦巻きに関するネタ、ネタ、ネタのオンパレード。)

 先日「シグルイ」中古全巻を購入する際、「うずまき」中古全巻も購入すれば送料が無料になるのでついでに購入してみました。「シグルイ」が大当たりなのは注文前から確定でしたが、この「うずまき」もなかなかのものでした。

 確かに、あまり怖くなく、ギャグっぽいホラー漫画?なのですが、とにかく主人公の美少女(ヒロイン)を守る、同級生の彼氏(ヒーロー)が凄いんです。

 ヒロインは普通の美少女なのですが、ヒーローが凄いです。どう見てもすぐに殺されるモブキャラです。

1 完全な引きこもりです
ヒーロー1
2 お皿にびびっています
ヒーロー2

ひきこもりで、陰鬱な性格で、目の下にはいつもクマ、
何にでも過剰反応し、すぐに半狂乱になり、、
口癖は「ひどく 禍々しいものを感じる」
おまけに、体力もコミュニケーション能力も不足。


普通の漫画なら変態ストーカーのキャラ。
だけど、このマンガではヒーローというびっくりな設定。

3 台風がヒロインに恋をしました
ヒーロー3

 何故、常識的な美少女と半狂乱の変態男が恋人同士なのかがよく解らないのもポイント。この作品には娘達2人も引き込まれたらしく、異常な表情で目を輝かせて真剣に読んでいました。読後の感想は2人とも「この作者は絶対にキ○ガイ」とのこと。

 私は何故か中毒症状が出て、何度も何度も読み返してしまいました。明らかに読む人を選ぶ作品ですが、気になった方は一読されることをオススメします。私は大傑作だと思います。映画も作られており、そちらも観てみたいと思っています。ただ、映画の方は絶対に糞だと思いますけどね。

うずまき (ビッグコミックススペシャル)うずまき (ビッグコミックススペシャル)
伊藤 潤二

小学館 2010-08-30
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

うずまき [DVD]うずまき [DVD]
伊藤潤二

東映ビデオ 2001-01-21
売り上げランキング : 83849

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 

たまたま、以下のページで伊藤潤二氏の作品が読めます。短編「いじめっ娘」。
http://blog.livedoor.jp/chihhylove/archives/7816519.html
[ 2013/04/06 15:40 ] 映画や漫画 | トラックバック(-) | Comment(0)
ページ最上部へ