ヲタキッシュ(利尻島在住のブログ)

釣り(ロックフィッシング)、利尻島情報、ピュアオーディオ、ビリケン商会のガレージキット等がメインです。リンクフリーです。
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

ブリ釣りの後はブリホルモン(美味)

 ひさしぶりにみっちゃんの船に乗せてもらってブリ釣りに行きました。今回は70~75センチのブリが3本釣れました。(ワラササイズです)刺身やブリカマ焼きは次の日以降が美味しいので、まずはお約束のブリホルモンを作りました。

ブリホルモン

 今回は生の南蛮があったので、それも入れました。作り方はいつも通り、塩でしめて、湯がいて灰汁の出そうな部分や変な部分を丁寧に取り除いて(これが重要)、焦げ目が付くくらい炒めて、ニンニクとバターで仕上げました。(ソイのホルモンも入っています)ホルモン嫌いの嫁もこれは食べます。あっさり味で癖や臭みが無く、硬めではあるものの、ちゃんとかみ切れます。

 ちなみに市販品では以下の佐々木畜産のマルチョク手造りコロコロホルモンなら嫁も食べます。ホルモン好きの私のイチオシでもあります。

ホルモン

 今回は、同船した島のお嬢様が私の写真を撮ってくれたので紹介します。(ありがとうございました)

 これはファイト中です。新兵器のGOCEAN S64MLは、太くて重いだけあってなかなかハイパワーな竿です。手元まで来たブリは結構疲れていました。
ファイト

 これはナイフで〆ようとしているところです。この後、しっぽから神経締めで仕上げます。
捌き

 利尻島と私。
釣り

 今回の全員の釣果です。ブリが渋く、ソイも超渋かったのですが、同船の方が釣ったクロソイは巨大でした。
獲物
[ 2017/08/21 21:39 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

旅のお供に ZUCA PRO Travel 座れるスーツケース

 今回の帰省時に新しくスーツケースを購入しました。ZUCA PRO Travel 座れるスーツケース(キャリーバッグ)(ズーカ プロ トラベル)です。耐荷重は136キロなのでかなりのデブまで大丈夫。(サイズは機内持ち込みOKです。ただし利尻空港は不可。)
ZUCAのHP:https://zuca-jp.com/index.html

ZUCA1

 私でも余裕なので、嫁なら余裕です。(坂内食堂で並んでいる時に使用)
椅子

 中味は小さなパックになっており綺麗に収納できます。またあちこちに小さな収納スペースがあります。(写真はHPより)
中味

 意外な使い方として、机代わりになります。(写真のお菓子は札幌おかきOh!焼とうきびです。美味しくてオススメです)
台

よしみ YOSHIMI 「札幌おかきOh!焼とうきび」18g×10袋入りよしみ YOSHIMI 「札幌おかきOh!焼とうきび」18g×10袋入り


売り上げランキング : 9254

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 今回はどこも比較的混んだいたので、ラーメン屋、新幹線、電車やモノレール、フェリー乗り場等で大変活躍してくれました。一応インプレを書いておきます。現物が見たい方はヨドバシには置いてあったりします。

(長所)
・座れる。デブでも大丈夫。
・タイヤがメチャクチャ優秀。静かで異常なまでに引き手が軽い。
・収納が多く、付属のパックも多く綺麗に収納できる。
・あまり使っている人がいない。(特に紺色はほとんど無い)


(短所)
・値段が高い。
・持つとかなり重い。(階段等はつらい)
・幅が狭いので、引いている時に転倒しやすい。結構コケる。
・どうしても容量は少なめ。
・布なので汚れやすい。水が浸みる。


 別バージョンに ZUCA FLYER(ズーカ フライヤー)もあります。
ZUCA PROとFLYERの違いを書いておきます。お金があって空港使用がメインならばFLYERの方が良いと思います。
値段:FLYERが高い。
容量:FLYERが少し大きい。
座りやすさ:おそらくPROが座りやすい
引く時の安定性:FLYERが幅が広くて良い。
混雑時の取り回し:おそらくPROが細い分良さそう。

【ZUCAプロ】 ZUCA ProTravel Silver / Black【ZUCAプロ】 ZUCA ProTravel Silver / Black

ネクストワンスポーツ
売り上げランキング : 11162

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【zuca】zuca フライヤー silver/black【zuca】zuca フライヤー silver/black

ネクストワンスポーツ
売り上げランキング : 70740

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


※自分は以下で安価な並行輸入品を購入しました。
https://store.shopping.yahoo.co.jp/glv/ZCA-9.html
[ 2017/08/15 14:12 ] パソコン・スマホ・ガジェット | トラックバック(-) | Comment(0)

今回の福島帰省のメモ

(以下メモ)今回のスケジュール
1日目 次女と2人で利尻島からフェリーで稚内へ、稚内空港から羽田空港へ。
     夕方から新橋で福島物産展を見学後、池袋サンシャイン60等を散策。
2日目 午前中は東京駅を堪能し、午後新幹線にて福島へ移動。嫁と合流。実家で挨拶の後、高子沼で釣り。
3日目 午前中に親戚周りをした後、(次女は仙台在住の長女と合流)浜通地方の被災地訪問。その後近所の池で釣り。
4日目 嫁と喜多方観光後、仙台に移動し娘達と合流。久しぶりに家族全員集合し仙台七夕祭りをクソ暑い中堪能。
5日目 仙台水族館、かき小屋、パン屋の後1人で新幹線にて移動。渋谷に行った後、アクアパーク品川へ。
6日目 午前中ヨドバシ秋葉原を堪能した後、羽田に移動、稚内に到着。フェリーの最終便にて利尻島に帰宅。
 なかなかのハードスケジュールでした。ニッカの宮城工場に行けなかったことと、喜多方の朝ラーメンの時間帯に間に合わなかったこと、新橋の怪獣酒場に行けなかったことが心残りです。

この写真は帰りの飛行機から見たオトンルイ風車群(天塩町)です。(中央の右から左にある白い物体が風車群です)
オトンルイ

こちらは雲海から顔を出した利尻山です。
利尻山

 ちなみに今回の戦利品。島では手に入らないカップラーメン群。
カップラーメン
※メモ
広島とこころの油そば、ちゃんぷるーはまあまあ。UFOは食えないレベルのゴミ。ペヤングのWは流石に辛く、もういいかな。(常人には無理な辛さのレベル)ペヤングの納豆は有り。なみえ焼きそばは美味しく出来た。


(その1)ラーメン編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2052.html 
(その2)グルメ編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2053.html
(その3)お酒編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2055.html
(その4)水族館編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2054.html
(その5)色々編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2056.html
(その6)被災地訪問編:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2057.html
[ 2017/08/12 11:20 ] 関東・東北旅行 | トラックバック(-) | Comment(0)

6年ぶりに嫁の実家福島県へ (その6)被災地訪問編

 あの3.11から6年以上が経過しました。その中でも福島県は津波だけで無く放射能の被害も受けています。現在どうなっているのかを見に行きました。ただ私は、浜通地方に行くのは初めてなので、元がどのようなものであったのかは解りません。


(その1)まずは、飯舘村を通りました。ここはふくいちの風下に当たり、放射線量が多かった地域です。今年の3月31日にほとんどのの地区が避難解除になりました。まだ解除されて5ヶ月も経っていません。

 まだ作物は作ることが出来ないのでしょう。ほとんどの畑にはひまわりが植えられていました。(ひまわりはセシウムを土壌から吸収すると言われています。真偽は不明のようです。)
ひまわり

 空間線量はいまだに1マイクロと高めの場所もありました。年間線量にすると9ミリシーベルトくらいです。年間20ミリシーベルトが避難困難区域の数値なのでまだ高めですね。
1マイクロシーベルト 

 除染で出された土があちこちに積み上げられています。
貯蔵施設


(その2)続いては、南相馬市付近の海岸線です。(小高地区かな)

 あちこちに、ここまで津波が来たという看板が立っています。見えている建物は、除染した土を置くための重機の等の基地だと思われます。
看板

 津波看板より低い土地には何もありません。見渡す限り家は全く1軒もありません。かなり遠くまで何も無い場所が、何十キロも続いています。人が住んでいた形跡はゼロです。どのくらいの人が住んでいたのか全く想像は出来ません。
荒れ地

 海岸線はどこも堤防の建設で忙しそうです。
堤防

 以下の動画はこの近くで撮影されたものと思われます。16秒から37秒くらいが特に津波のすさまじさを表しています。



(その3)続いて浪江町です。(DASH村があったことで有名です)ここも今年の3月31日に避難区域が解除されたばかりです。状況を知らない私はお昼は浪江焼きそばを食べるつもりでした。しかし、全くそんな状態ではありませんでした。

 まだゴーストタウンという感じでした。人も多少住んでいるとは思いますが誰も見かけませんでした。
浪江1

浪江2

浪江4
 
 ここももちろんやっていません。
浪江5
 
 嫁のお友達が結婚式を挙げた旧百足屋ホテルはなみえホテルになっていました。営業しているかは謎です。
むかでや

 信金だけは営業しているようでした。(他に営業しているのはローソンだけかも?)
浪江3

 完全に避難困難区域の双葉町の手前にあったのが、このローソンです。ここから数十キロ?は無人地帯の高放射線量区域で駐車・停車することもままならないため、ここだけ異様に人がいます。浪江町の台所を支えるためか、セイコーマートのように野菜も比較的扱っていました。
ローソン

 東相馬の道の駅になみえ焼きそばが売っていたので購入して帰りました。
焼きそば


(その4)さて続いて、いまだに町民が一切帰還できない双葉町です。隣接する大熊町も通っていると思うのですが途中でUターンしたのでよく解りません。

 入り口には、作業員の放射線量を測定するスクリーニング施設がありました。また、写真を拡大してもらえば読めますが、ここから先は歩行者やバイクは高放射線のため進入禁止です。
入り口

 もちろん線量は高いです。
線量
 
 ファミマもこの有様です。
ファミマ

 双葉町の市街地に抜ける道は沢山あるのですが、全てふさがれています。家は沢山見えますが誰も住んでいません。入ることすら出来ません。
検問

 写真で見えるのは事故を起こした原子炉では無いのですが、ふくいちなんてすぐそこです。少し遠いですが、歩いて行ける距離です。 
ふくいち

ふくいち2

 警備員以外で唯一姿を見たのは、道路沿いの花壇に水をやるお姉さんでした。かつて自分の家だったのかもしれません。国道沿いの家なら水まきだけは出来そうです。(おそらく家に入るのは禁止だと思います)


(その5)最後は相馬市です。この付近は海抜が低いのに建物が綺麗に残っていました。なぜだかは解りません。ただ、この橋に行く途中にはサロベツ原野のように何も無い平原が続いていました。

平原

 この建物は復元できたようです。下の5年前の写真と比較してください。後方に見える松川浦大橋も通れるようになりました。(その先は通行止めですが。)

建物

5年前

 以下の映像にも、この橋とこの建物が映っています。実際にこの場所まで行ってから映像を見ると恐ろしさが何倍にもなりました。実際に体験された方はどれほど恐ろしかったのかと思います。


 3.11から6年以上経った今でもこれほど酷い状況だとは思いもしませんでした。特に双葉町や大熊町では現時点でも自分の家に入ることすら、近づくことすら出来ません。帰還が可能になった浪江町や飯舘村はまだ修理されていない家や空き家が多くゴーストタウンのようです。津波の被害を受けた海岸地域は全く人が住んでいません。除染土は幹線道路付近では目立たないように壁を作って見えにくくしてありますがおそらく膨大な量があると思われます。実家のある中通り地方は農作物の出荷が再開できていますが、海はまだ完全に漁が再開しているようではありません。東北地方が3.11の被害から1日も早く復興できることを願います。
[ 2017/08/11 20:53 ] 関東・東北旅行 | トラックバック(-) | Comment(0)

6年ぶりに嫁の実家福島県へ (その5)色々編

 今回はその他諸々です。

(その1)ブラックバス釣り
 四国に住んでいた頃はよくバス釣りをしていました。25年ぶりにバス釣りに挑戦です。しかし、真夏なので釣れる可能性は極小、そのため大型のミミズを付けてせめてブルーギルだけでも釣る作戦でした。
1日目は、廃墟遊園地で有名な高子沼で挑戦しましたが不発。(釣り人も多かったが釣れていなさそう)
2日目は、移動時間がなかったのでお墓の裏の沼で挑戦。(一応バスはいるらしい)

竿
竿は今回のために購入したパックロッドジャクソン バスタード BTS-645LTです。

カワムツ
エサ以外のワームやバッグも上州屋池袋店で色々取りそろえたのですが、結局釣れたのはカワムツ2匹のみ....ブルーギルすら釣れませんでした。ただ、釣りの最中に結婚式に来て挨拶をしてくれた嫁の小学校時代の恩師が、お孫さん達と散歩にここまで来て、たまたま出会えたのは驚きでした。



(その2)改装したサンシャイン60
 東京では次女と2人で買い物をしたのですが、新しくなったサンシャイン60に行ってびっくり。メチャ最新鋭になっていました。特にプロジェクションマッピングの鏡の部屋と、3つのVRは凄かったです。科学の最先端に触れた感じです。閉館間際でガラガラで助かりました。(慌てていたのでどこか見落とした気がします)

60

VR

夜景

 3つのVRのうち写真の2つは体が動く(動かす)ので、体感効果が解らなくも無いのですが、ブランコタイプのやつ(写真無し)はブランコにただじ~っと乗っているだけで体は全く動いていないはずです。何故あれほど動いているように体感出来るのか謎です。結構強力なので、酔いやすい人は酔うと思います。サンシャイン60、最新科学技術、恐るべし。



(その3)いつものホテル
 前回も使用した怪しい格安ホテルを今回も使用しました。
 前回の記事:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1746.html

ホテル

 今回は帰宅が遅くなり11時を過ぎたのでエレベーターが停止してしまいました。そうなると5階まで階段で歩かなくてはいけません。しかし、気配りを忘れていない素敵なホテルです。

3階には休憩用の椅子が置いてあります
階段1

4階にも5階と間違わないようにちゃんと看板がありますし、なぜか変な荷物が放置されています。
階段2

 今回はちゃんと窓のある部屋が当たりました。窓からの風景もなかなか無いレアなものでした。こっこれは...ベランダ兼物置かな?
窓の外

 見ての通り昭和感満載ですが清潔に保たれていますし、冷房もキンキンに効きますし(これは重要)、wifiやPCもあり、、漫画も多量にあり、人的なサービスも良いです。薬も色々用意してあるようですし、多量の知恵の輪、アイロン、果てはドライバーからペンチやニッパ等の工具、虫眼鏡まで使い放題です。(材料さえ有れば爆弾も作れそうです)
知恵の輪は全部外して戻せたら5000円もらえるようです。(英語で書いてあるから外人客限定かも?)

工具

知恵の輪

 カードが使えるはずなのに使えなかったり、夜中に奇声を発する人がいたり、フロントのおじさんがあまりにラフな格好のためお客さんと見分けが付かなかったり、共同の風呂場にう○こが落ちていたりしますが、それらは些細なことに過ぎません。

 今回は戦闘態勢でキメキメのオタクグループもいましたが大変紳士的な方ばかりでした。やはり外国の方が声が大きくて少しうるさいかな~。色々な言語が飛び交ってどこの国か解らないですけどね。古い建物なので、何にせよ寝たばこだけが怖いですね~。(部屋はもちろん禁煙です)火事になってもここの壁なら人力で破ることが出来ますけどね。(外壁は無理)

 2人で6000円と格安なのでオススメです。(誰にでもお勧めできるわけでは無いのですが...)シングルはちょっと高めで4500円くらい。(今回の部屋は1つはベッド、もう一つはソファベッドを伸ばしたものだったのかも?まあ些細なことですけどね。)

(その1)ラーメン編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2052.html
(その2)グルメ編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2053.html
(その3)お酒編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2055.html
(その4)水族館編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2054.html
(その6)被災地訪問編:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2057.html
[ 2017/08/10 18:54 ] 関東・東北旅行 | トラックバック(-) | Comment(0)

6年ぶりに嫁の実家福島県へ (その4)水族館はしご編

 今回は、午前から家族4人で仙台うみの杜水族館、その日の夜には1人で品川アクアパークに行きました。

(その1) 仙台うみの杜水族館
 まずは、ホヤが頭上からお出迎えです。今回は食べる機会が無く残念でした。新鮮なホヤは美味しいですよ。古くなると臭いですけどね。
施設HP:http://www.uminomori.jp/umino/

ホヤ

 何と言っても圧巻なのがイワシがメインの大水槽です。巨大な群れがぐるんぐるんしています。

鰯1

鰯2

 以下に2万5千匹のイワシ水槽の動画をアップしました。1シーン目が通常のイワシ大水槽、2シーン目がシュモクザメから逃げるイワシの群れ、3シーン目がSparkling of Life & Musicのショーです。


 他にも大きなマンボウやダイオウグソクムシもいてなかなかのものです。

マンボウ

ダイオウグソクムシ

 クラゲ水槽も美しいです。

くらげ

クラゲ1

 イルカやアシカのショーも素晴らしかったです。夏場は前列3列までは、イルカやアシカにめっちゃくちゃに水をぶっかけられます。写真が小さくて見づらいですが、中央のアシカ君はホースで観客に水をぶっかけます。次は最前列で水浴びしながら観たいです。今回は腰抜けどもが嫌がったので中段くらいから観ました。ただ、最前列の人はカッパを持参していました。

ショー

 平日なのに仙台七夕祭り期間中のため激混みでした。落ち着いてみられなかったのが心残りです。とにかくイワシは必見です。


(その2) 品川アクアパーク
 自分だけ一足早く羽田経由で帰るので、品川プリンスホテルに隣接している品川アクアパークにも足を伸ばしました。ここはプロジェクションマッピングとイルカショーを合わせたドルフィンパフォーマンスが見所です。(ドラマ「水族館ガール」のロケはここではなく、しながわ水族館の方です。)
施設HP:http://www.aqua-park.jp/aqua/

 暗くて綺麗に写真が撮れなかったので、雰囲気だけ。プール中央に水を垂らしてそこもスクリーンとして利用しています。水をスクリーンにするのは大昔の宮崎シーガイアのショーを思い出します。

イルカ1

イルカ2

イルカ4

 ショー以外でも、トンネル水槽等見所は多いですね。こちらの水族館は空いていましたので閉園の10時までゆっくり観ました。ただ、そのため食事したかったお店が大体閉まっていまい(例:新橋の海獣酒場)、そのままホテルに帰りました。

クラゲ1

クラゲ2

クラゲ3

 下の写真ですが、お魚の横のボタンを押すと、大声でキメキメの台詞を言ってくれるという、なかなか狂った企画でした。意外とウケていました。(写真はひげが特徴的なオジサンと言う魚です)水槽が10種類くらい有ったので、常にキメキメの台詞が複数同時に大音量で流れ続けていました。

声優

 下の写真の水槽は前面がスクリーンになっていて、タブレットの画面のように色々な操作ができます。とにかくハイテク満載の水族館でした。

ビデオ

以下にクラゲ水槽とハイテク水槽の動画をアップしました。後半の小魚の群れは全て映像です。一応水槽内にはゴンズイが入っています。


(その1)ラーメン編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2052.html 
(その2)グルメ編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2053.html
(その3)お酒編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2055.html
(その5)色々編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2056.html
(その6)被災地訪問編:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2057.html
[ 2017/08/09 20:39 ] 関東・東北旅行 | トラックバック(-) | Comment(0)

6年ぶりに嫁の実家福島県へ (その3)お酒編

 今回はお酒の新をする機会に恵まれました。

(その1) 羽田空港内のワールドワインバー by ピーロート
ワイン
結論:高いワインは美味しい。


(その2)新橋でやっていた福島県フェア
 暑いし混んでいるはで落ち着いて飲めない...1000円分(3杯)だけ飲みました。メヒカリ等も食べたかったのですが混んでいて諦めました。
新橋福島フェア
結論:高い日本酒は美味しい。どこのを飲んだかは、その場で失念。


(その3)喜多方の大和川酒造
非常に広く、博物館もかねているので観光にもぴったり。有料も含めて、さんざん飲ませてもらった。
お店のHP:http://www.yauemon.co.jp/
ヤマト川

ヤマト川2
結論:高い日本酒は美味しい。しかし有る一定以上は好みの差かな?よく解らない。 


(その4)喜多方の小原酒造
お店のHP:http://www.oharashuzo.co.jp/ 
お店の50mくらいまで近づいてから、たどり着くまで10分ほどかかった。ナビに店舗では無く、醸造所の方に連れて行かれた。
小原

小原2
 ここはクラシックを聴かせて醸造することが特徴の酒蔵です。お店には私が以前愛用していたダイヤトーンのDS-A3が置いてあり現役で鳴らされていました。以前は醸造所でも使用されていたそうです。今はボーズとのこと。ちなみにダイヤトーンの工場は郡山市にあったんですよ。  
DS-A3
結論:高い日本酒は美味しい。しかし有る一定以上は好みの差かな?よく解らない。古酒は確かに古くなった味がした。


 実は、ニッカの宮城工場にも行く予定でしたが、水族館とかき小屋で時間を使い果たしてしまいタイムアウトとなりました


(おまけ)今回最も美味しかったお酒 
ヨークベニマルで500mLで1400円の、奥の松の純米大吟醸 山田錦です。非常に香りが高くするすると飲めます。嫁の父母も絶賛していました。ワイングラスでおいしい日本酒アワード2016 最高金賞だそうです。

奥の松

(その1)ラーメン編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2052.html 
(その2)グルメ編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2053.html
(その4)水族館編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2054.html
(その5)色々編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2056.html
(その6)被災地訪問編:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2057.html
[ 2017/08/09 18:15 ] 関東・東北旅行 | トラックバック(-) | Comment(0)

6年ぶりに嫁の実家福島県へ (その2)グルメ編

 さて、ラーメンを中心に食べ歩いたのですが、それ以外も食べていますのでメモとして残しておきます。

(その1) 円盤餃子 照井 福島駅
 まずは福島県の名物である円盤餃子の照井さんです。本店は常に激混みだそうで時間も無かったので福島駅にある支店で食べました。(ここでも15分待ち)

照井

円盤餃子

 3人でこれを2皿注文しました。揚げ餃子の気がします。具のそれぞれの歯触りや味が立っていて良い感じでした。バランスも良くどんどんパクパク食べることが出来ました。お酒のメニューが非常に豊富でしたが、車の運転が有り飲めなかったのが残念です。

(その2) かき小屋 仙台市
 牡蠣食べ放題のお店です。1人2700円と値段は張りますが焼き牡蠣をたらふく食べられます。30℃を超える気温下の屋外で炭火焼きをするスタイルのため、お客さんは少なめでした。(普通は激混みらしいです)

 帰省中、家族はバラバラで動いていたのでここが唯一家族全員で食事が出来る場所だったのに、次女は「牡蠣は食えない」と言って裏切りやがり、車の中でヒーローアカデミアを読んでいやがった。
 
カキ小屋

牡蠣

牡蠣アップ

 下の写真の20Lくらいのペール缶に食べた殻を入れます。これを満タンにするくらい食べたかったのですが、3分の2くらいで満腹になりました。(3人合わせれば余裕で1缶以上いっています)写真右の水色ポリバケツ(自分でこれに牡蠣を入れて持ってくる)で4杯半ほど食べました。

食った

 サロマ湖の鶴賀リゾートで牡蠣食べ放題をして以来でした。(今はもうやっていないのかも?)出来れば生牡蠣食べ放題もやってみたいです。生牡蠣の方が好きなんですよね。  

(その3) 石窯パン工房 パンセ 仙台市
 牡蠣を食べてお腹いっぱいでしたが、別腹と言うことで有名なパン屋さん、石窯パン工房パンセに行きました。

パンセ

 自分はあまりずんだは好きでは無いのですが、美味しいパン屋が作るずんだパンなら食べられるかもと思い食べてみました。美味しく食べることが出来ました。少し慣れたので羽田ではずんだシェイクを飲むことが出来るようになりました。これ以外のパンも全て美味しくいただきました。お腹がはち切れそうでした。

ずんだパン

(その4) 福島の桃
 嫁が軽トラックで農作物を出荷している農協の直売所は果物が格安。写真の訳あり品の桃は1箱500円、ブドウも安いし、朝一なら大粒のブルベリーも手に入ります。(ただし、現地価格で現地のみで購入可)

モモ

ブルーベリー

 安くて美味しいので、ご飯代わりに桃を食べていたら数日で2キロ以上も太りました。そして今も体重が戻りません。せっかく2回の利尻登山で5キロ減量したのに....

(おまけ)知る人ぞ知る、仙台市のエメラルド色の花京院通郵便局(JoJoのネタ)
花京院

(その1)ラーメン編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2052.html 
(その3)お酒編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2055.html
(その4)水族館編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2054.html
(その5)色々編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2056.html
(その6)被災地訪問編:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2057.html
[ 2017/08/09 12:59 ] 関東・東北旅行 | トラックバック(-) | Comment(0)

6年ぶりに嫁の実家福島県へ (その1)ラーメン編

 6年ぶりに嫁の実家がある福島県に行きました。前回は旅行の通過点のため東北サファリパークしか行けませんでしたが、今回は3泊したので、福島の浜通と会津、仙台を見て回れました。備忘録として色々書いていきたいと思います。

 まずは、軽くラーメンネタです。喜多方に行くのは25年ぶりくらいかと思います。(その時は、無名店+源来軒+坂内食堂の3軒をまわりました)

(その1)はせ川
 ラーメン屋が120軒もある喜多方でも指折りの人気店だそうです。開店30分前に到着できたのですんなり入れました。行列が出来るのは必至なようで、店の前には並び客用にテントが張ってあり(写真の左側)、麦茶が準備されていました。

お店のHP:http://www.gurutto-aizu.com/detail/index_492.html

はせ川

 メニューはトッピング方式でした。私は醤油に特大チャーシュー+卵で、嫁は日曜日のKuRoはせ川限定の霜降りにチャーシュー+卵でいただきました。

ラーメン 特製

黒はせがわ

卵

 スープは、自分のイメージした喜多方ラーメンとは少し違って東京風の味でした。

 醤油ラーメンは、ややしょっぱめで魚の出汁が良く効いていました。チャーシューもしょっぱめなのでのどが渇きそうでした。醤油ラーメンに背脂をぎっしり乗せた霜降りラーメンは見た目と違ってまろやかな感じです。ギトギト感はないです。どちらも現代風のバランスがとれた意識高い系のラーメンでした。黄身がオレンジ色の卵も味が濃くて良いですね。極めて丁寧に作られて美味しいのですが、自分にはやっぱり塩分が強すぎかなあ~。(嫁も同意見。福島は塩分強めの気がします。)

(その2)坂内食堂
 さて25年ぶりの再訪となりました。以前の味の印象は、「無名店や源来軒と味の方向性は似ているが、全てにおいてぴかっと秀でている。」というものでした。その当時から人気で並んでいた記憶がありますが、今回も並んでいました。(30分から1時間待ちの感じでした。私たちは30分待ちでした。1人1分で時間が読めます。30人並んでいたなら30分待ちです。)
※お隣奥に見えている「松」と言うお店も行列はないもののかなり美味しいらしいです。次は行って見たいです。

お店のHP:http://ban-nai.com/

ばんない

 この時点で、快晴・無風・33℃と言うヤバい状態でした。ただし、サービスで日傘を貸していただけました。(写真の日傘は全てお店のレンタル)ちなみに、この時はあまりの暑さで、車のクーラーも効かなくなりました。(途中で洗車をして車の温度を下げました)

日傘

 はせ川で特大チャーシューを頼んだ後ですが、チャーシューが美味しい店なので肉そばを注文しました。(嫁は普通の志那そば)

肉

 味は昔と同じく、透明な見た目と同じく優しい味の塩とんこつ中華そばです。チャーシューは普通の硬さで味付け薄めで旨みの多い肉で、自分はトップレベルで好きです。今でも確かに美味しいですし味もほとんど変わっていないのですが、昔はもっとぶっちぎっていた気がします。あのおばあちゃんはまだ生きているのかな?

 ちなみに、支店があちこちにあって私も数度食べましたが、支店はここの通販ラーメンと同じくらいのレベルかな?支店を食べて美味しいと思ったならここの本店で食べると良いと思います。味の方向性は同じなのですが、食べた感じはかなり違います。

 喜多方はお店も沢山有り、朝ラーメンの文化もあり、良いところですね~。是非また食べに行きたいです。次は朝ラーから挑戦して3軒は巡りたいですね。(なまえ、松、あべ食堂、喜一、まこと食堂あたりか...)


(ここから下は東京で食べたラーメン)
 乗り換えのため東京で2泊しました。その時のラーメンの記録も少し書いておきます。

(その1)一風堂 SHIROMARU-BASE 渋谷 
 ここは、一風堂が出来た当時の味を再現しているお店とのこと。一風堂は、開店2年目の昭和61年当時にたまにランチで通っていたので味を確かめに行きました。(ランチは餃子が付いていたのでコスパが高かった)

一風堂 白ベース

白ベース

 現在の一風堂よりかなり濃いめのスープですが、くどくはありませんし、まろやかです。ただ「32年前のあの味か?」と言われてもよく解りません。言われてみればこんな感じだった気はします。一風堂は良く味を変えるのでなかなかつかみ所がありませんね。

 しかし、北海道のばりきやの味が、20年くらい前の一風堂の味を継承しているのは間違いないですね。今となっては店員も知らないかもしれませんが、元々ばりきやは一風堂がプロデュースした店なんですよ。開店当時からず~っと食べ続けていますが、味が非常に安定しています。20年くらい前の一風堂の味がそのまま保存されている感じです。個人的には今なら一風堂よりばりきやの方が好きです。最近の一風堂は意識高い系になりすぎてるかな?
ばりきやHP:http://www.bariki-ya.com/index.html
 
(その2)斑鳩 東京駅
 ず~っと食べてみたかった東京の名店。たまたま空いていたので食べてみました。

斑鳩

斑鳩 ラーメン

 一口食べてみて思ったのは、「札幌狸小路の一徹に雰囲気だけは似ている」でした。作り方は全く違うはずなのに、雰囲気は似ていました。バランスのとれた今風のザ東京ラーメンという感じでしたね。上品な感じのスープです。ただ何らかの突き抜けた感じはしませんでした。

(その3)博多天神 新橋店で2回.池袋店で1回
 時間が無い時や、他の店が混んでいる時、変な時間帯で他の店がやっていない時はお約束のここで食事をします。

 チェーン店ですが、福岡にはお店がないという、ちょっとインチキな感じのお店で、見た目も中味も接客も全てにおいてとっても意識低い系。だがそれが長浜ラーメンっぽいんです。他店比かなり安いですし、よく使います。(替え玉1個ついて500円。卵は+50円)

博多天神

博多天神

 意外だったのが次女が美味しいと言って食べたことです。家では濃いラーメンマンを食べたりするので薄味と感じたそうだ。相変わらず、何事もテキトーでテキトーに美味しかったです。(前回利用時には奇跡的に美味しかった?)今回空いている時には、お水を汲んでくれたりと、実はサービスが良いと言うことが解りました。(このお店でサービスを期待するのは野暮)

 今回の旅では、何だかんだ言っても坂内食堂の肉そばが一番美味しかったですね。特にチャーシューが良かったです。


(おまけ)渋谷のこのデブ専のお店なら自分の着られる服が沢山有りそうだ。(行ってないけど)
服や

(その2)グルメ編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2053.html
(その3)お酒編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2055.html
(その4)水族館編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2054.html
(その5)色々編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2056.html
(その6)被災地訪問編:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2057.html
[ 2017/08/09 12:09 ] 関東・東北旅行 | トラックバック(-) | Comment(0)

今シーズン初のウニ

 今シーズンは天候不順のためウニ漁があまりありませんでした。そうなると、ウニが高騰するのでウニにありつけません。(今シーズンは高騰どころか、なかなか売っていなかった)数日間ウニ漁があったので、やっとウニを食べられました。今回は奮発して、高級な蝦夷バフンウニを購入しました。見たとおり非常に状態が良く美味でした。

ウニ

 今回は沓形の米田商店さんで購入しました。島ではレアな、鮮魚を売っているお店です。何が売っているかは行ってみないと全く解りませんが、鮮魚は地物も多く新鮮です。

米田商店
[ 2017/08/03 06:44 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)
ページ最上部へ