ヲタキッシュ(利尻島在住のブログ)

釣り(ロックフィッシング)、利尻島情報、ピュアオーディオ、ビリケン商会のガレージキット等がメインです。リンクフリーです。
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

6年ぶりに嫁の実家福島県へ (その4)水族館はしご編

 今回は、午前から家族4人で仙台うみの杜水族館、その日の夜には1人で品川アクアパークに行きました。

(その1) 仙台うみの杜水族館
 まずは、ホヤが頭上からお出迎えです。今回は食べる機会が無く残念でした。新鮮なホヤは美味しいですよ。古くなると臭いですけどね。
施設HP:http://www.uminomori.jp/umino/

ホヤ

 何と言っても圧巻なのがイワシがメインの大水槽です。巨大な群れがぐるんぐるんしています。

鰯1

鰯2

 以下に2万5千匹のイワシ水槽の動画をアップしました。1シーン目が通常のイワシ大水槽、2シーン目がシュモクザメから逃げるイワシの群れ、3シーン目がSparkling of Life & Musicのショーです。


 他にも大きなマンボウやダイオウグソクムシもいてなかなかのものです。

マンボウ

ダイオウグソクムシ

 クラゲ水槽も美しいです。

くらげ

クラゲ1

 イルカやアシカのショーも素晴らしかったです。夏場は前列3列までは、イルカやアシカにめっちゃくちゃに水をぶっかけられます。写真が小さくて見づらいですが、中央のアシカ君はホースで観客に水をぶっかけます。次は最前列で水浴びしながら観たいです。今回は腰抜けどもが嫌がったので中段くらいから観ました。ただ、最前列の人はカッパを持参していました。

ショー

 平日なのに仙台七夕祭り期間中のため激混みでした。落ち着いてみられなかったのが心残りです。とにかくイワシは必見です。


(その2) 品川アクアパーク
 自分だけ一足早く羽田経由で帰るので、品川プリンスホテルに隣接している品川アクアパークにも足を伸ばしました。ここはプロジェクションマッピングとイルカショーを合わせたドルフィンパフォーマンスが見所です。(ドラマ「水族館ガール」のロケはここではなく、しながわ水族館の方です。)
施設HP:http://www.aqua-park.jp/aqua/

 暗くて綺麗に写真が撮れなかったので、雰囲気だけ。プール中央に水を垂らしてそこもスクリーンとして利用しています。水をスクリーンにするのは大昔の宮崎シーガイアのショーを思い出します。

イルカ1

イルカ2

イルカ4

 ショー以外でも、トンネル水槽等見所は多いですね。こちらの水族館は空いていましたので閉園の10時までゆっくり観ました。ただ、そのため食事したかったお店が大体閉まっていまい(例:新橋の海獣酒場)、そのままホテルに帰りました。

クラゲ1

クラゲ2

クラゲ3

 下の写真ですが、お魚の横のボタンを押すと、大声でキメキメの台詞を言ってくれるという、なかなか狂った企画でした。意外とウケていました。(写真はひげが特徴的なオジサンと言う魚です)水槽が10種類くらい有ったので、常にキメキメの台詞が複数同時に大音量で流れ続けていました。

声優

 下の写真の水槽は前面がスクリーンになっていて、タブレットの画面のように色々な操作ができます。とにかくハイテク満載の水族館でした。

ビデオ

以下にクラゲ水槽とハイテク水槽の動画をアップしました。後半の小魚の群れは全て映像です。一応水槽内にはゴンズイが入っています。


(その1)ラーメン編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2052.html 
(その2)グルメ編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2053.html
(その3)お酒編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2055.html
(その5)色々編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2056.html
(その6)被災地訪問編:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2057.html
[ 2017/08/09 20:39 ] 関東・東北旅行 | トラックバック(-) | Comment(0)

6年ぶりに嫁の実家福島県へ (その3)お酒編

 今回はお酒の新をする機会に恵まれました。

(その1) 羽田空港内のワールドワインバー by ピーロート
ワイン
結論:高いワインは美味しい。


(その2)新橋でやっていた福島県フェア
 暑いし混んでいるはで落ち着いて飲めない...1000円分(3杯)だけ飲みました。メヒカリ等も食べたかったのですが混んでいて諦めました。
新橋福島フェア
結論:高い日本酒は美味しい。どこのを飲んだかは、その場で失念。


(その3)喜多方の大和川酒造
非常に広く、博物館もかねているので観光にもぴったり。有料も含めて、さんざん飲ませてもらった。
お店のHP:http://www.yauemon.co.jp/
ヤマト川

ヤマト川2
結論:高い日本酒は美味しい。しかし有る一定以上は好みの差かな?よく解らない。 


(その4)喜多方の小原酒造
お店のHP:http://www.oharashuzo.co.jp/ 
お店の50mくらいまで近づいてから、たどり着くまで10分ほどかかった。ナビに店舗では無く、醸造所の方に連れて行かれた。
小原

小原2
 ここはクラシックを聴かせて醸造することが特徴の酒蔵です。お店には私が以前愛用していたダイヤトーンのDS-A3が置いてあり現役で鳴らされていました。以前は醸造所でも使用されていたそうです。今はボーズとのこと。ちなみにダイヤトーンの工場は郡山市にあったんですよ。  
DS-A3
結論:高い日本酒は美味しい。しかし有る一定以上は好みの差かな?よく解らない。古酒は確かに古くなった味がした。


 実は、ニッカの宮城工場にも行く予定でしたが、水族館とかき小屋で時間を使い果たしてしまいタイムアウトとなりました


(おまけ)今回最も美味しかったお酒 
ヨークベニマルで500mLで1400円の、奥の松の純米大吟醸 山田錦です。非常に香りが高くするすると飲めます。嫁の父母も絶賛していました。ワイングラスでおいしい日本酒アワード2016 最高金賞だそうです。

奥の松

(その1)ラーメン編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2052.html 
(その2)グルメ編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2053.html
(その4)水族館編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2054.html
(その5)色々編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2056.html
(その6)被災地訪問編:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2057.html
[ 2017/08/09 18:15 ] 関東・東北旅行 | トラックバック(-) | Comment(0)

6年ぶりに嫁の実家福島県へ (その2)グルメ編

 さて、ラーメンを中心に食べ歩いたのですが、それ以外も食べていますのでメモとして残しておきます。

(その1) 円盤餃子 照井 福島駅
 まずは福島県の名物である円盤餃子の照井さんです。本店は常に激混みだそうで時間も無かったので福島駅にある支店で食べました。(ここでも15分待ち)

照井

円盤餃子

 3人でこれを2皿注文しました。揚げ餃子の気がします。具のそれぞれの歯触りや味が立っていて良い感じでした。バランスも良くどんどんパクパク食べることが出来ました。お酒のメニューが非常に豊富でしたが、車の運転が有り飲めなかったのが残念です。

(その2) かき小屋 仙台市
 牡蠣食べ放題のお店です。1人2700円と値段は張りますが焼き牡蠣をたらふく食べられます。30℃を超える気温下の屋外で炭火焼きをするスタイルのため、お客さんは少なめでした。(普通は激混みらしいです)

 帰省中、家族はバラバラで動いていたのでここが唯一家族全員で食事が出来る場所だったのに、次女は「牡蠣は食えない」と言って裏切りやがり、車の中でヒーローアカデミアを読んでいやがった。
 
カキ小屋

牡蠣

牡蠣アップ

 下の写真の20Lくらいのペール缶に食べた殻を入れます。これを満タンにするくらい食べたかったのですが、3分の2くらいで満腹になりました。(3人合わせれば余裕で1缶以上いっています)写真右の水色ポリバケツ(自分でこれに牡蠣を入れて持ってくる)で4杯半ほど食べました。

食った

 サロマ湖の鶴賀リゾートで牡蠣食べ放題をして以来でした。(今はもうやっていないのかも?)出来れば生牡蠣食べ放題もやってみたいです。生牡蠣の方が好きなんですよね。  

(その3) 石窯パン工房 パンセ 仙台市
 牡蠣を食べてお腹いっぱいでしたが、別腹と言うことで有名なパン屋さん、石窯パン工房パンセに行きました。

パンセ

 自分はあまりずんだは好きでは無いのですが、美味しいパン屋が作るずんだパンなら食べられるかもと思い食べてみました。美味しく食べることが出来ました。少し慣れたので羽田ではずんだシェイクを飲むことが出来るようになりました。これ以外のパンも全て美味しくいただきました。お腹がはち切れそうでした。

ずんだパン

(その4) 福島の桃
 嫁が軽トラックで農作物を出荷している農協の直売所は果物が格安。写真の訳あり品の桃は1箱500円、ブドウも安いし、朝一なら大粒のブルベリーも手に入ります。(ただし、現地価格で現地のみで購入可)

モモ

ブルーベリー

 安くて美味しいので、ご飯代わりに桃を食べていたら数日で2キロ以上も太りました。そして今も体重が戻りません。せっかく2回の利尻登山で5キロ減量したのに....

(おまけ)知る人ぞ知る、仙台市のエメラルド色の花京院通郵便局(JoJoのネタ)
花京院

(その1)ラーメン編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2052.html 
(その3)お酒編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2055.html
(その4)水族館編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2054.html
(その5)色々編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2056.html
(その6)被災地訪問編:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2057.html
[ 2017/08/09 12:59 ] 関東・東北旅行 | トラックバック(-) | Comment(0)

6年ぶりに嫁の実家福島県へ (その1)ラーメン編

 6年ぶりに嫁の実家がある福島県に行きました。前回は旅行の通過点のため東北サファリパークしか行けませんでしたが、今回は3泊したので、福島の浜通と会津、仙台を見て回れました。備忘録として色々書いていきたいと思います。

 まずは、軽くラーメンネタです。喜多方に行くのは25年ぶりくらいかと思います。(その時は、無名店+源来軒+坂内食堂の3軒をまわりました)

(その1)はせ川
 ラーメン屋が120軒もある喜多方でも指折りの人気店だそうです。開店30分前に到着できたのですんなり入れました。行列が出来るのは必至なようで、店の前には並び客用にテントが張ってあり(写真の左側)、麦茶が準備されていました。

お店のHP:http://www.gurutto-aizu.com/detail/index_492.html

はせ川

 メニューはトッピング方式でした。私は醤油に特大チャーシュー+卵で、嫁は日曜日のKuRoはせ川限定の霜降りにチャーシュー+卵でいただきました。

ラーメン 特製

黒はせがわ

卵

 スープは、自分のイメージした喜多方ラーメンとは少し違って東京風の味でした。

 醤油ラーメンは、ややしょっぱめで魚の出汁が良く効いていました。チャーシューもしょっぱめなのでのどが渇きそうでした。醤油ラーメンに背脂をぎっしり乗せた霜降りラーメンは見た目と違ってまろやかな感じです。ギトギト感はないです。どちらも現代風のバランスがとれた意識高い系のラーメンでした。黄身がオレンジ色の卵も味が濃くて良いですね。極めて丁寧に作られて美味しいのですが、自分にはやっぱり塩分が強すぎかなあ~。(嫁も同意見。福島は塩分強めの気がします。)

(その2)坂内食堂
 さて25年ぶりの再訪となりました。以前の味の印象は、「無名店や源来軒と味の方向性は似ているが、全てにおいてぴかっと秀でている。」というものでした。その当時から人気で並んでいた記憶がありますが、今回も並んでいました。(30分から1時間待ちの感じでした。私たちは30分待ちでした。1人1分で時間が読めます。30人並んでいたなら30分待ちです。)
※お隣奥に見えている「松」と言うお店も行列はないもののかなり美味しいらしいです。次は行って見たいです。

お店のHP:http://ban-nai.com/

ばんない

 この時点で、快晴・無風・33℃と言うヤバい状態でした。ただし、サービスで日傘を貸していただけました。(写真の日傘は全てお店のレンタル)ちなみに、この時はあまりの暑さで、車のクーラーも効かなくなりました。(途中で洗車をして車の温度を下げました)

日傘

 はせ川で特大チャーシューを頼んだ後ですが、チャーシューが美味しい店なので肉そばを注文しました。(嫁は普通の志那そば)

肉

 味は昔と同じく、透明な見た目と同じく優しい味の塩とんこつ中華そばです。チャーシューは普通の硬さで味付け薄めで旨みの多い肉で、自分はトップレベルで好きです。今でも確かに美味しいですし味もほとんど変わっていないのですが、昔はもっとぶっちぎっていた気がします。あのおばあちゃんはまだ生きているのかな?

 ちなみに、支店があちこちにあって私も数度食べましたが、支店はここの通販ラーメンと同じくらいのレベルかな?支店を食べて美味しいと思ったならここの本店で食べると良いと思います。味の方向性は同じなのですが、食べた感じはかなり違います。

 喜多方はお店も沢山有り、朝ラーメンの文化もあり、良いところですね~。是非また食べに行きたいです。次は朝ラーから挑戦して3軒は巡りたいですね。(なまえ、松、あべ食堂、喜一、まこと食堂あたりか...)


(ここから下は東京で食べたラーメン)
 乗り換えのため東京で2泊しました。その時のラーメンの記録も少し書いておきます。

(その1)一風堂 SHIROMARU-BASE 渋谷 
 ここは、一風堂が出来た当時の味を再現しているお店とのこと。一風堂は、開店2年目の昭和61年当時にたまにランチで通っていたので味を確かめに行きました。(ランチは餃子が付いていたのでコスパが高かった)

一風堂 白ベース

白ベース

 現在の一風堂よりかなり濃いめのスープですが、くどくはありませんし、まろやかです。ただ「32年前のあの味か?」と言われてもよく解りません。言われてみればこんな感じだった気はします。一風堂は良く味を変えるのでなかなかつかみ所がありませんね。

 しかし、北海道のばりきやの味が、20年くらい前の一風堂の味を継承しているのは間違いないですね。今となっては店員も知らないかもしれませんが、元々ばりきやは一風堂がプロデュースした店なんですよ。開店当時からず~っと食べ続けていますが、味が非常に安定しています。20年くらい前の一風堂の味がそのまま保存されている感じです。個人的には今なら一風堂よりばりきやの方が好きです。最近の一風堂は意識高い系になりすぎてるかな?
ばりきやHP:http://www.bariki-ya.com/index.html
 
(その2)斑鳩 東京駅
 ず~っと食べてみたかった東京の名店。たまたま空いていたので食べてみました。

斑鳩

斑鳩 ラーメン

 一口食べてみて思ったのは、「札幌狸小路の一徹に雰囲気だけは似ている」でした。作り方は全く違うはずなのに、雰囲気は似ていました。バランスのとれた今風のザ東京ラーメンという感じでしたね。上品な感じのスープです。ただ何らかの突き抜けた感じはしませんでした。

(その3)博多天神 新橋店で2回.池袋店で1回
 時間が無い時や、他の店が混んでいる時、変な時間帯で他の店がやっていない時はお約束のここで食事をします。

 チェーン店ですが、福岡にはお店がないという、ちょっとインチキな感じのお店で、見た目も中味も接客も全てにおいてとっても意識低い系。だがそれが長浜ラーメンっぽいんです。他店比かなり安いですし、よく使います。(替え玉1個ついて500円。卵は+50円)

博多天神

博多天神

 意外だったのが次女が美味しいと言って食べたことです。家では濃いラーメンマンを食べたりするので薄味と感じたそうだ。相変わらず、何事もテキトーでテキトーに美味しかったです。(前回利用時には奇跡的に美味しかった?)今回空いている時には、お水を汲んでくれたりと、実はサービスが良いと言うことが解りました。(このお店でサービスを期待するのは野暮)

 今回の旅では、何だかんだ言っても坂内食堂の肉そばが一番美味しかったですね。特にチャーシューが良かったです。


(おまけ)渋谷のこのデブ専のお店なら自分の着られる服が沢山有りそうだ。(行ってないけど)
服や

(その2)グルメ編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2053.html
(その3)お酒編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2055.html
(その4)水族館編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2054.html
(その5)色々編はこちらhttp://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2056.html
(その6)被災地訪問編:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-2057.html
[ 2017/08/09 12:09 ] 関東・東北旅行 | トラックバック(-) | Comment(0)
ページ最上部へ