ヲタキッシュ(利尻島在住のブログ)

釣り(ロックフィッシング)、利尻島情報、ピュアオーディオ、ビリケン商会のガレージキット等がメインです。リンクフリーです。
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

礼文島での釣果

 礼文島ツアーでの釣果です。

 最も釣れる可能性が高く、最も期待していた鮭は何とボウズ。この時期は島全体に鮭がうようよしているのですが、姿すらほとんど見ることが出来ませんでした。(利尻島も鮭が異常に少ない状態が続いています。その反面ブリが釣れ続いています。)と言うわけで、それ以外の釣果です。


1 ソイの夜釣り
 強風の悪条件の中、何とか港で釣りが出来ました。風に負けず何とか頑張って、クロソイの良型が結構出ました。嫁も30センチくらいのクロソイを釣りました。風が無ければもっと釣れたと思います。(利尻より、型も数も釣れるかも?)

嫁クロソイ

 自分の最高は写真の43センチのクロソイです。41センチも釣れました。秋なので痩せています。
クロソイ43センチ


2 渓流釣り
 利尻と礼文の釣りで大きな違いが渓流です。利尻島ではほとんどの川が砂防ダムとなり自然河川はほとんどありませんが、礼文島には自然河川が多く残っており、イワナ(アメマス)の魚影がすこぶる濃いです。おそらく、知床の河川のオショロコマより魚影が濃いと思います。春先では降海型のアメマスも釣れます。40センチくらいのは釣ったことがあります。
 
 地元民の話だと、数匹なら消しゴムでも釣れるとのこと。以前、内路小学校の生徒が学校前の内路川で、ご飯粒をエサにしてイワナを沢山釣っていました。(内路小学校は現在廃校)

 適当に川に降りて、素人の嫁が適当にやってもバンバン釣れます。遡上している鮭が邪魔しなければもっと簡単に釣れます。(鮭を警戒して中大型魚が隠れてしまうんですよ。釣りづらい場所に隠れてしまいます。)この立ち位置から動かなくても10匹とか釣れます。(ただしミニミニサイズも含みます)
渓流

イワナ

 イワナだけは少しキープして家で焼いて食べました。川魚はゆっくり時間をかけて水分を抜いた方が美味しくいただけると思います。レモン汁をかけていただきました。
イワナ

イワナ焼き


3 テトラの穴釣り
 利尻島でも穴釣りは良く釣れます。(巨大なやつも釣れます)ただ、礼文島や天売島ではハチガラが良く釣れるんですよ。竿は大型魚をブチ抜いても折れないようにグラスロッドを使用します。

 ガヤ、クロソイ、シマゾイ、ハチガラが全部で30匹くらい釣れましたが、半分近くがハチガラでした。また、どうしてもテトラの奥に潜られてのラインブレイクもそこそこありました。(ラインがいくら太くても潜る角度等によって無理なこともあります)針が折れたり、針がもげたりもしたので市販のブラクリでは無理がありそうです。大型魚をあげるのは難しいです。穴釣りの魚は全てリリースしました。

穴釣り

 嫁や娘も良型ハチガラをゲット。
ハチガラ

 今回のハチガラの最大サイズは31センチです。
ハチガラ31センチ

 利尻島にもハチガラポイントはあるようなのですが、自分はよく解りません。たまには釣れます。

前回の礼文釣行:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1617.html
前々回の礼文釣行:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1507.html 
[ 2017/10/09 18:29 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)

1泊2日弾丸礼文島ツアー

 次女が秋休みで帰ってきたので、家族3人で1泊2日礼文島弾丸ツアーを敢行しました。(写真は澄海岬)

澄海岬

ツアー内容 滞在は27時間
(1日目)
09:40〜10:25 利尻の鴛泊港→礼文島香深港
11:00      鮭の釣り場状況の確認
12:00      双葉食堂で食事 
12:30      澄海岬見学
13:00~16:30 礼文岳登山 登山口のトイレは10月で閉鎖していた
17:00      スコトン岬見学 お店に飛び込んだらまだ営業中であった(おそらく営業してくれた)。
          トイレは閉められていた。(ただし多目的トイレだけ使用できた)
18:00~19:30 ソイの夜釣り
20:00      海鮮処かふかで夕食予定であったが20:03に到着したところ、20:00オーダーストップ
          いつも手堅く営業をしているちどりにて食事。
21:00      いつもお世話になっている旅館うきしまに到着。
         うすゆきの湯に行くつもりが、10月からは9時までの営業とのことで入れず。
         (HPには10時までときちんと記載あり おいおいおい)

22:00     就寝          

(2日目)
04:30      起床
05:00      鮭釣りに出発
07:00~     鮭がいないので渓流で釣り
09:00      北のカナリアパークで嫁の写っている写真を確認
10:00      鮭釣り再挑戦 次女はメノウ拾い
11:00      鮭が釣れないのでテトラの穴釣り
12:00      海鮮処かふかで昼食
13:25〜14:10 香深港→鴛泊港

 
(10月以降の島観光の注意事項)
1 天候が荒れることが多くなり、帰れなくなる可能性がだんだん高くなります。
2 10月から島全体が冬仕様になるので、公衆トイレ等の各施設が閉鎖になったり、お店が閉まったり営業時間が変更になることが多いです。
3 フェリーは便数も減り、時間設定的にも不便です。

(利尻・礼文島観光の基本的な注意事項)
1 クレジットカードがあまり使えません。(特に礼文島)現金を忘れずに。
2 休みの日にはガソリンを入れられません。(特に礼文島。利尻は土曜は沓形、日曜は鴛泊で給油可)
3 お店の営業時間等はあくまで目安と思ってください。(これ重要)
4 セイコーマートはありますが、24時間営業ではありません。
5 礼文の船泊にはファミリーマートがありますが、皆さんの知っているファミリーマートではありません。(色々売ってはいます)
6 礼文の香深にはデパートもありますが、皆さんのイメージするデパートではありません。

詳細は以後アップしていきます
[ 2017/10/09 17:23 ] 利尻島・礼文島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)
ページ最上部へ