ヲタキッシュ(利尻島在住のブログ)

釣り(ロックフィッシング)、利尻島情報、ピュアオーディオ、ビリケン商会のガレージキット等がメインです。リンクフリーです。
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

イトウ釣りシーズンもピークになりました......が

 イトウ釣りシーズンもピークです。お昼くらいからゆっくり狙うも、銀色のかっこいい外道はかかりましたが(もちろんリリース)、イトウはまたしてもボウズ。

 次の日の夕方は、釣り男さんとイトウのちょい釣り。イトウ釣りでは初コラボ。捕食音やハネは少しあるものの、ボウズ。(イトウ釣りのポイントかどうかどうかもわかりませんでしたが、魚は大きかったです。)

 今度は時間をかけて、ポイント開拓をしましたが、良さそうな場所はいまいちわからず撃沈。よくわからない道路も通りました。
 コンクリートブロックが金具で連結されて敷き詰められています。これで完成なのかな?本当に道路???走るとガタンゴトンします。
変な道
変な道2
 他にも崩れそうな道路も含めて、すれ違いも出来ない道を10キロほど走りましたが、めぼしいポイントは無し。残り数百メートルで普通の道路に出られるというところで、なんとゲートが.....仕方ないのでまた10キロ引き返しました。対向車が全く来ない訳ですね。途中の砂利道も、轍がありませんでしたし。まあ、さんざんな結果でした。

※愛媛に住んでいるときも似たことがありました。コスモスで有名な旧伊予三島市(現四国中央市)翠波高原には、海側からはぐねぐね道を通り、長いトンネルを抜けて、高原よりずっと内陸側に移動しそこから戻って入るのが正規のルートです。
 それでは結構大回りになり、相当距離があるので、山から直線直下で海側に落ちるように下りるルートをとったことがあります。(距離は非常に短い)その時もひどかったです。だんだん道が狭くなり、急勾配になり、状態もひどくなり、ほとんどバックも出来なくなりました。戻ろうにも下るしかありませんでした。やっとの事で、街の明かりが見えてゴールと思ったら、水害で橋が落ちていました。
 また同じ道を何とか戻り、大回りの正規ルートで戻りました。運転上手な同僚が運転していたので助かりました。自分でしたら遭難していました。(もうその道は消滅したっぽいです。)
関連記事
[ 2009/06/01 00:45 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ページ最上部へ