ヲタキッシュ(利尻島在住のブログ)

釣り(ロックフィッシング)、利尻島情報、ピュアオーディオ、ビリケン商会のガレージキット等がメインです。リンクフリーです。
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

ビジターQ 家族愛を感動的に(?)描いた作品 (レンタル有り)

 鬼才三池監督が、家族愛を描いたビジターQを紹介します。

【評価】★★★☆(3.5点)

【ジャンル】ヒューマン・ファミリー・インモラル

【ストーリー】
完全に崩壊しきった家族の中に、一人の訪問者が現れる。
崩壊しきった家族は再生することが出来るのか....(R-18)




【感想】
 ストーリーはちゃんとあります。また、父親役の遠藤憲一、母親役の内田春菊、この2人の怪演が凄まじいです。一歩間違えば、俳優業を廃業しかねない勢いです。観ているこちらが辛くなります。(死体役の中原翔子も酷すぎる扱いでしたね。)

 基本は心温まるヒューマンドラマなのですが、絶対に家族団らんでは観てはいけない映画です。(R-18だった)まあ、映画開始数秒で今の言葉が理解できると思います。

 間違ってそのまま観続けていくともっと恐ろしいことになります。ただし、家族でこれを最後まで観切る事が出来れば一生忘れることの出来ない思い出になることでしょう。(=プライスレス

 エログロバイオレンス度は(三池作品にしては)低めですが、インモラル度が異常に高いです。

 やっちゃいけないこと、見ちゃいけないものをお腹いっぱいになるまで観ながらも、少しだけ感動したい・カタルシスを味わいたい人にはお勧めの映画です。
 ところで、これを未婚のカップルが観たら、結婚したくなるのか?結婚したくなくなるのかどちらなんでしょうね。
関連記事
[ 2010/02/12 11:31 ] 映画や漫画 | トラックバック(-) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ページ最上部へ