ヲタキッシュ(利尻島在住のブログ)

釣り(ロックフィッシング)、利尻島情報、ピュアオーディオ、ビリケン商会のガレージキット等がメインです。リンクフリーです。
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

NDーS1000 の最終形態?TOSケーブルで電気的には完全アイソレート

 先日バッテリー駆動にて、家庭用交流電源からND-S1000を完全にアイソレートしました。今回はラインも含めた電気的なループを断ち切るために光ケーブル(TOS-TOS)を導入しました。

 ワイヤーワールド Super NOVA6 です。(写真右 左は吉田苑のハヤブサ)ワイヤーワールドでは最上級ですが、他のメーカーも含めれば中位かな?

商品のHP:http://naspecaudio.com/wire-world/%e3%83%88%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af/

 オーディオクエストのOptlink-5がベストなのでしょうが高過ぎますし中古は偽物が怖い...SAECのOPC-X1の中古がネットで2本も出ていたのですが次の日には2本とも売り切れ...となり、中古で手頃なスーパーノヴァとなりました。

wireworld

 ガラス製のはずですが、細身で非常に柔らかくて驚きました。

 さて音質です。最初の1音が出た瞬間、うわぁワイヤーワールドの音がすると思いました。以前ワイヤーワールドは多用しておりまして、嫌なほどその音がしました。(ワイヤーワールドが嫌いなわけではないです)これは絶対無理無理と思ったのですが、しばらくエージングをしました。
 もちろん光ケーブルにはエージングなんてほとんど無いでしょうから、耳のエージングです

 しばらく聴いていたら、耳が慣れましたよ。あまり違和感を感じなくなりました。

 落ち着いたところで、同軸のハヤブサとの比較です。音は違うことは違います。やはりハヤブサの方が自然です。(聴き慣れているだけかも?)まあ、アンプで瞬間切り替えしても大きくは違わないです。ジッターの関係か、光の方が少しひずんでいる感じです。密度感も同軸のハヤブサが上ですね。(光と同軸なのでDACやND-S1000の問題も大きいと思います)個人的には同軸使用の勝ち。

 ただ、せっかく購入しましたし、完全アイソレートすればオメガSACD2の再生時に悪さをしないでしょうから、このままもう少しSUPERNOVA6を使ってみます。長時間試聴で我慢が出来なくなればハヤブサに戻すでしょう。ちなみに、ケーブルの方向性はあまり感じませんでした。

(追記)
 ハヤブサを外して、空きRCA端子にキャップをつけたら良い感じの音になりました。同軸・光のダブル使用が良くなかったのか?同軸をつないだままでは光のメリットが活かされないのか?は謎ですが、これならまあ良い感じです。このままSUPERNOVA6でいこうかな?

 ND-S1000の音はかなり良くなりましたが、オメガSACD2改と比べるとやはり劣りますね。まあDACが違うので当たり前といえば当たり前ですけどね。DACを替えれば良くなるのかこの辺が限界なのかが気になるところです。SACD2にデジタル入力がないのが残念です。
関連記事
[ 2011/02/11 14:52 ] ピュアオーディオ | トラックバック(-) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ページ最上部へ