ヲタキッシュ(利尻島在住のブログ)

釣り(ロックフィッシング)、利尻島情報、ピュアオーディオ、ビリケン商会のガレージキット等がメインです。リンクフリーです。
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

イトウ初夏の陣 ニューウェポン投入

 昨日から宗谷地方は快晴。最高気温も17℃程度。水温もベストでしょう。しかし、快晴過ぎて基本的にイトウは厳しそう。昨日までは春、今日から初夏という感じです。

 快晴の初夏でベスト水温となれば、ジャングル系のポイントがベストでしょう。

 今日のために、ニューウェポンを導入しました。
ニューウエポン

Deeo2(ディーオ2)TR 20-160TR オモリ負荷10~40号。
マコガレイ・メバル・アイナメ・食わせフグ・イシモチ用。

 そう、船竿です。そう、自分としては穴釣り用の竿です。

 何故、船竿であり、穴釣りロッドをイトウ釣りに使うのか?

1 何といっても短いから
  元々160センチの竿ですが、グリップを切断して140センチ弱にしています。
  (正直、グリップは短くし過ぎました...扱いづらい)
  竿自体はこのくらいの長さじゃないと、この場所では振りづらいです。
2 万が一、大物がきて綱引きになった時でも折れないから。
  グラスソリッドなので非常に折れにくいです。上品なカーボンバスロッドでは無理すると折れてしまいます。

 さて、使い勝手ですが....
1 重い
  グラスソリッドのため、短いくせに異常に重い。アンタレスも重い。オーバーヘッドキャストがキツイほど重い。
  グリップが短すぎてバランスが悪く余計持ち重りする。(これは自分の失敗)
2 ルアーアクションがつけられない
  グラスの船竿なのでベナンベナン。ルアーがキビキビ動かない。(これはイタイ)
3 感度悪いし、飛ばない
  所詮船竿だからね。仕方ないよね。飛距離はせいぜい15mかな。
  飛距離0のポイントもあるし、ほとんど10m以内だから十分といえば十分。
  
 実釣結果は次に....

※短さではフローターロッドが最適なのですが華奢で折られそうなので却下。パワーと短さの両立では、シイラロッドやジギングロッドが適しており、かなり候補を考えましたが、短いタイプは全てワンピースですし、それでもやや長すぎ・硬すぎ、軽いルアーが投げにくいので却下しました。
関連記事
[ 2011/06/26 18:18 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ページ最上部へ