ヲタキッシュ(利尻島在住のブログ)

釣り(ロックフィッシング)、利尻島情報、ピュアオーディオ、ビリケン商会のガレージキット等がメインです。リンクフリーです。
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

NMODE X-PM10 導入 (その1)

 PCオーディオを本格的に導入したついでにアンプも替えてみました。

 今まではシャープのSM SX-100(DーClock + SE化)でした。豊富な情報量と抜群の駆動力と癖の少なさが特徴のアンプでした。以前使用していたクレルのKAV500iや、国産セパレート(LUX C-08 + サンスイ B-2105V)とも大きく差をつけていました。

 特に音に不満があったわけではないですが、買い換えの理由はいくつかあります。

1 転勤族なので軽い器機の方が良い。これでシステム全体が相当軽量になります。
2 現有のラックは軽い器機の方が都合が良い。薄めのカーボンラックのため耐荷重が小さい。
3 消費電力が小さい方が良い。SX100も十分小さいですけどね。(ブレーカーが落ちやすいので)
4 21世紀の製品も試してみたい。(SX100は1999年の製品)


 SX100に負けない音が出せて、筐体が小さくて、消費電力が少なく、価格も安めとなると、もうNMODE のX-PM10ぐらいしか思いつきません。

 全体で10キロを切りますし、消費電力は24W、昨年販売開始の製品なので条件的には良いです。価格もSX100と比べるとかなり安いです。電源が別筐体なのは少し邪魔ですが我慢します。音はSX100を作った人と同じなので問題はないであろうとの判断です。(システムはシンプルにしたいのでプリメインしか考えていません)

基本的にはノーマル仕様なので注文して1週間で到着しました。(耳だけカットしてもらいました。)
意外と大きな外箱にはきちんとメーカー名が印刷されていました。(ただの箱で来ると思っていました)
上半分は、多量の梱包材と電源部、下半分が本体でした。

外箱
中箱
本体

 長くなったので(その2)に続きます。

※お金にもう少し余裕があり、重さと消費電力にこだわらなければ、楠薫さんオススメのOVER model PM1 も興味がありました。薄型・軽量なら DEVIALETのD-Premier も良さそうですが、あまりにも高過ぎですね。条件を無視すればダールジールのCTH-8550がいいかも? 
関連記事
[ 2011/12/18 16:21 ] ピュアオーディオ | トラックバック(-) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ページ最上部へ