ヲタキッシュ(利尻島在住のブログ)

釣り(ロックフィッシング)、利尻島情報、ピュアオーディオ、ビリケン商会のガレージキット等がメインです。リンクフリーです。
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

イトウも最高潮 まさしくエデン これ以上は無理???

 宗谷地方は釣り最高潮ですが、イトウ釣りもまさしくピークです。今回は2日分まとめて紹介します。(日は少しずれています)

 まず1日目。まさしくイトウ釣りのXデイ。いかにも釣れそうな日でした。釣り場に着くとアカハラが産卵で大暴れしています。こういう時はイトウも活発です。

 まず1匹目は、バスのようなサイトフィッシングです。予想はしていたのですが、立ち込んで移動していくと足下にイトウがいました。目の前にワームを垂らし、ヒラヒラさせたのですが、イヤイヤしながらすぐ横の岩陰に移動しました。ただ、頭半分は見えませんがしっぽは見えています。そこでシンカーを一番小さいものにし、目の前に落とし込むとヒットしました。60センチ級ですね。

イトウ1

 その後は、アカハラを意識して攻めると65~75センチのイトウ2匹目~5匹目まで次々ヒットしました。

イトウ2
イトウ3
イトウ4
イトウ5

 1番大きそうだったやつだけ長さを測りました。竿と一緒に映っているやつで75センチでした。この日は短時間で釣れ盛りまさしくエデンでした。

  さて別の日です。この日はうって変わって不調です。

いつものお約束の

釣れん釣れん釣れん釣れん
釣れん釣れん釣れん釣れん


となり、虫も出てきて草も伸び始めて視界の悪い河畔林や川の中を3時間以上歩き回り、やっと小さめの50センチ級がヒットしました。

イトウ6

 その近くにゴミで水面が埋まっているポイントがあったので、バスのラバージグでの釣りのように、最も重いシンカーをつけてゴミを貫通させてみたところガツンと当たりましたが、竿が柔らかくフッキングが決まりませんでした。フリッピングロッドんら乗せられていたかも?

 さて場所を変えて、今度は深場でクロガシラのちょんちょん釣りの要領でしつこく攻めていると、60~70センチクラスが2匹ヒットしました。

イトウ7
イトウ8

 また場所を変えて、同じく深場でちょんちょんしますがかかりません。何故かサクラマスがトロ場をうろついています。普通は流心にいるはずなのにおかしいです。イトウに定位置を追い出された可能性があります。そこで流れが急な小さな落ち込みに、ヤマメ釣りの要領でミノーを投げたところ、ミノーが水を噛んだ瞬間に70センチくらいのイトウがヒットしました。

イトウ9

 キャッチ後、もう一度同じ場所にキャストしたところ足下までイトウが追ってきて大口を開けてルアーに襲いかかってきたのですが、流れが急すぎてヒットに持ち込めませんでした。(流れが速く、距離も短いため着水からルアー回収まで3秒もありません。着水の直後以外では食わせるのは難しいです。)その後30分ほどあの手この手で攻めましたがもうヒットしてくれませんでした。

 小さい流れ込みに70センチくらいのイトウが2匹もいたことになります。下の岩も見えていたので、水深は30センチくらいでしょうか。イトウは色々な場所にいますね。

 2日間で計9匹のイトウをキャッチしました。こんなことは最初で最後の気がします。びっくりですが、こんなこともあるんですね。

※イトウは同じように見えますが、違います。ただ実際に、サイズ的にも色的にもよく似ていました。イトウは極力水から出さずに、極力手で触らずに、1匹を除き長さも測らず、すぐにリリースしました。
 
 以下の動画は、一番小さな6番目のイトウとのファイトシーンです。あまりよく撮れていませんが川の雰囲気がわかると思います。流心に立ち込んで釣っています。川の狭さとかがわかるかと思います。(川幅は数メートル)最初のシーンで映る目の前のブッシュでヒットしました。

関連記事
[ 2012/06/11 23:12 ] 釣り | トラックバック(-) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ページ最上部へ