ヲタキッシュ(利尻島在住のブログ)

釣り(ロックフィッシング)、利尻島情報、ピュアオーディオ、ビリケン商会のガレージキット等がメインです。リンクフリーです。
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

オデオ総決算 その3 ケーブル関係

 ケーブル関係はかなり苦戦しました。何といっても東京と違って試聴が出来ません。上京した際にお店で色々聴かせてもらって、あとは脳内試聴です。

 それでも、インコネは東京のダイナミックオーディオから貸し出しをしてもらい、キンバーセレクトや、オーディオクエストの最上級品を家で実際に試すことが出来ました。で、結局『JPSのスーパーコンダクター2XLR』から変化無し。圧倒的に出来の良いステルスのインドラやノードストのバハラの格安中古品が有って、お金が有れば購入するかも知れません。無理っぽい

 SPケーブルは『JPSのスーパーコンダクター2』です。これはあまり比較したことはありません。しかし一度、あるハイエンド品と自宅で比較しましたが、こっちの方が良かったので使い続けています。さらに、ガード下の島田氏の話では、このケーブルの兄貴分のカプトベターSPなら、『キンバーセレクトの銀線とも同レベル』ということなので『我が家のは、キンセレの銀+銅と同レベル』と、勝手に自分にいい聞かせて使い続けています。
ケーブル
 問題は電源関係です。電源は全体のトーンに大きな影響を与えます。色々検討した結果、やはりVRDSには一番ぴったりとくる『メクセル 8N-PC8100』、高解像度、透明度の高さ、それでいて密度感もあり良好。アンプには何故か非常に相性が良かった『トランスペアレントPLMM』元々は、パワーアイソレーターPIMM用なのですが、アンプにつなぐと、PC8100と比較してもエコーが綺麗に広がり高域が伸びきります。(ちょっと全体的に緩くなるという弱点もありますが...)
 パワーアイソレーターPIMMには、先日来た『NBS ブラックラベル』です。物理的にここにしか使えない感じです。昨日と比べると、低域が沈んできて良い感じです。逆に高域がもやってきましたが、これは改善されてくるでしょう。(まだ目が覚めていないようです。)
 とりあえず、ケーブル類もしばらく変更はなさそうです。

※今まで使用してきた電源ケーブルで好印象だったのは、MITのオラクルACVと、JPSのカプトベターですね。この2本は、現在使用中の3本に負けていませんね。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ