ヲタキッシュ(利尻島在住のブログ)

釣り(ロックフィッシング)、利尻島情報、ピュアオーディオ、ビリケン商会のガレージキット等がメインです。リンクフリーです。
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

MITオラクルACV購入

 この3連休はスキーにでも行く予定でしたが(通常行くのは、南国育ちの私ですから素人向けのマウントレースイ!!!)、2日連続で飲み過ぎたこともあり中止。
 丁度ヤフオクにて購入したMITオラクルACV中古が到着したために色々と試しました。購入動機は先日ダイナから借りたPIの効果があまりにも大きかったからです。「じゃあPI買え!!」ということになりそうですが、とても買える値段ではありません。MIT ACV
 つまり、我が家の電源はまだ相当汚れているということです。(DA7100は使用していますが...)そこで手軽にノイズを除去出来そうなMITオラクルACVがたまたまヤフオクに出ていたので購入。以前使用していたMITオラクルAC1よりノイズ除去効果が高いとのこと。

 DENKEN DA7100につながっていたJPSカプトベターと差し替えての比較になります。ちなみに箱無しタイプのMIT Z3との比較では鮮明さ等でさすがにカプトベターの勝ち
 MITオラクルAC1対カプトベターでは、その当時は一長一短の印象でした。
 本日の勝負はMITオラクルACVの勝ち。全体にグレードが上がった感じです。特にパワフルさとノイズ感が違います。
 じゃあ、今回勝ったACVと前回引き分けのAC1はそれほど差があるのかというとそうでももないと思います。今回の対決は適材適所の関係で勝負が付いた感じです。
 以前AC1とカプトベターを比較したのはアンプやCDPという機器そのものだったのですが、今回は電源装置での比較です。カプトベターは省電力用、前段用に向いている気がします。電源装置では力を発揮出来なさそうです。実際に華奢で、見た感じノイズに弱そうですし、ノイズも吸収してくれなさそうです。
 試しに、カプトベターをアンプにつなげて最強ケーブルのメクセル8N-PC8100と比較したところ、相当に健闘し、情報量、解像度、透明度ではPC8100にやや劣るものの、滑らかさ、癖の少なさ、聴きやすさ、自然さで勝りました。カプトベターは良い条件下では相当の力を発揮しますね。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ