ヲタキッシュ(利尻島在住のブログ)

釣り(ロックフィッシング)、利尻島情報、ピュアオーディオ、ビリケン商会のガレージキット等がメインです。リンクフリーです。
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

無人島の食事

 最初の3日間は、冷凍で持ち込んだなまものを何とか食べることが出来ました。葉野菜も何とか食べることが出来ます。ここまでは、普通の食事が出来ました。

 1週間までは、保存食を食べることが可能です。例えば、納豆、キムチ、佃煮、干物等...しかし、何れも食べられるギリギリでした。
 納豆は腐敗を開始し、強烈なアンモニア臭?を放ち、干物は、ウジでホワイトアウトしており、キムチは食べられるものの、通常とは違った甘く酸っぱく濃い味になっていました。
 私はこの時点で帰還しました。そのため、食には特に困ったことはありませんでした。ここまではノアールさんがいつもリッチなアウトドア食を作ってくれました。(ホッケ飯、めかぶ納豆、刺身の霜降り)

 残された2人はこの先何を食べていくのでしょうか?『山には食べるものが全く無く、海は完全な夏枯れ....』このような状況も想定して、レトルトは多量に持ち込んでいるので何とかなるとは思います。残った3週間弱のうち、漁師が魚を数回運んできてくれるでしょうからそれが頼みの綱でしょうか?

 ちなみに、今回特に役に立ったのは圧力鍋と無洗米でした。圧力鍋は確実に短時間で炊きあがるので、ガスの消費が非常に少なくて済みました。無洗米は洗わなくて良いので水の消費が少なくて良かったです。
 「さとうのご飯」は手軽で美味しいのですが、ゆで時間がかかりすぎますね。電気が有ればレンジですぐ出来るので、こちらの方が良いかも?
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ