ヲタキッシュ(利尻島在住のブログ)

釣り(ロックフィッシング)、利尻島情報、ピュアオーディオ、ビリケン商会のガレージキット等がメインです。リンクフリーです。
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

利尻島も夏祭りのピークです

 利尻島も夏は結構暑いです。気温はせいぜい25℃までしか上がりませんが、海に囲まれているので湿度が90%以上有ることも多いです。また、家は断熱が良いため、一度暖まると温度が下がらないのが難点です。外は涼しくても部屋のかなだけは暑いことが多々あります。ただ、今日は最高気温24℃で、湿度75%で風があったので日陰では肌寒いくらいでした。

 昨夜は鴛泊港で花火大会でした。私は釣り接待のため行けませんでしたが、女子供がフェリーの上から見てきたそうです。なかなか美しかったようです。次回は是非見てみたいです。ただ、フェリーからだと少し遠いようなので大音量マニアの我が家の場合は、地上から見た方が良いかも?とのことでした。

花火1

花火2

チケット

 今夜は、浮島祭りでした。女子供は出たらしいのですが見つけられませんでした。
祭り

 利尻島に観光で来られる方は祭りを目指して来島されるのも良いでしょう。8月11日(木)にはうにうにフェスティバルも実施されます。
その他のイベントはこちら
[ 2016/08/05 21:45 ] 利尻島情報 | トラックバック(-) | Comment(4)

火曜と日曜、1週間で2度の利尻山登山 

 前回の登山は火曜日でした。その筋肉痛が癒やす間もなく、またしてもイベントで利尻山登山となりました。なんと、1週間で2回の利尻登山です。筋肉痛を治すため、温泉やプールに通いまして何とか登山できる体調にまで戻せました。
前回の記事:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1975.html

 しかし、今回は今年最高の暑さとぶつかり、ぶっ倒れるかと思いました。最高気温は24℃くらいでしたが、湿度がほぼ100%なので(霧や雲の中を歩く)で熱中症になりそうでした。眼下の雲海の写真も撮っておけば良かった....

雲

雲山

 スタートから9合目まで激アツでしたし、右膝が痛くなり9合目でリタイアとなりました。ただ恐ろしいのは、9合目でリタイアしても2.5合目まで自力で下山しないといけないことです。膝は痛いは、暑いはで大変でした。前回のダメージが蓄積していたのでしょう。

 下の写真は9合目から山頂を見上げたところです。ここからハードな山道が片道1時間続くんですよね。今回は無理でした。

山頂

 下山時、標高が下がり6合目の雲の下に出ると礼文島がよく見えました。体調を万全にして涼しい時にリベンジですね。

礼文島

以下覚え書き

所要時間 往復約10時間
登りのスタートから激アツでスローペースで9合目でも暑い。(山頂のみ涼しかったらしい)
下山時は膝痛で完全に牛歩。モーラステープを貼って、ボルタレンを飲んでギリギリ

(行き)約4時間半以上
麓~4合目 45分
4~5合目 50分
5~6合目 30分
6~7合目 30分
7~8合目 65分(第2展望まで45分)ここはヤバい・長い
8~9合目 55分
9~山頂  リタイア

(帰り)約5時間(下りの方が時間がかかった)
9~8合目 70分
8~7合目 60分
7~6合目 40分 
6~5合目 30分 
5~4合目 50分 
4~麓   40分 

・塩分不足解消に乾燥梅を持って行ったのは良かった。
・スポーツドリンクも今回は2L以上にした。水分は、暑かったため3L必要であった。(9合目まででも)真水も凍らせて持って行った。
・今回も体重が2キロ減って91.8キロになった。やはり痩せる。
・今回購入した以下の新兵器は役に立った。これがなければもっと足がやられていたかも???腰から足をしっかりとサポートしてくれて、歩きやすさ、疲れにくさが違う。
(シーダブリュエックス)CW-X スポーツタイツ ジェネレーター [メンズ](シーダブリュエックス)CW-X スポーツタイツ ジェネレーター [メンズ]
0

CW-X(シーダブリューエックス) 2014-07-19
売り上げランキング : 208

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

・トレッキングポールも買い換えた。悪くない。
Black Diamond ブラックダイヤモンド トレイルプロショック BD82320:*Black Diamond ブラックダイヤモンド トレイルプロショック BD82320:*

BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)
売り上げランキング : 45597

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[ 2016/07/26 21:33 ] 利尻島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)

今年も利尻山に登りました

 昨年に引き続き、職場のレクで利尻山に登りました
昨年の記事:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1901.html

 今年は真夏ということもあり(平地の最高気温が22℃)、下山時の7合目付近から急激に暑くなり、熱中症になりそうな勢いでしたが何とか無事に下山できました。汗をかきすぎて塩分不足になったのかもしれません。

 登りでの5合目付近で、リス君(リップ君?リップちゃん?)が出迎えてくれました。

リス

 登りはとにかく冷え切った強風が吹き荒れており、雲も多く景色もイマイチでした。手袋がないと手がかじかむほどでした。しかし、暑がりの私にとってはシャツ1枚で丁度良い温度でした。(体感温度は5℃くらいかも?)

 下の写真のような崩落しそうな崖を登り切って少し行けば山頂にたどり着けます。崖から落ちたら相当ヤバいです。上がれません。

ガレ場

 山頂はやや暖かかったのですが、他の方にはかなり寒かったらしく、「寒さで口が空かなくて水が飲めない」と言う人もいました。自分以外は厚着でした。「そんな格好で大丈夫かい?」と心配されましたが、少し暑いくらいでした。

山頂

 昨年と違ったのは、まだ花がたくさん咲いていたことです。(ピークは過ぎていると思いますが...)ただ、あまりに風が強すぎてカメラを固定できず手ぶれしているので写真はイマイチです。何故か発色も悪いですね。肉眼で見るともっともっと色鮮やかです

斜面の花

花畑

景色

花アップ

花1

 下山時には雲も晴れ、綺麗な景色が拝めました。白い部分は残雪です。

9合目

8合目

 利尻山は基本的に体力勝負の山なので、体力に自信のある方は是非チャレンジしてください。アスリート系の人は往復5時間程度でいけます。絶景が待っていますよ。

以下覚え書き

所要時間 往復約10時間(歩行は約11キロ、高低差は約1500m)
登りはスムーズであったが、下山時の暑さでやられた。肉体のダメージも前回よりかなり大。
(行き)約5時間
麓~4合目 40分
4~5合目 40分
5~6合目 30分
6~7合目 30分
7~8合目 60分(第2展望まで40分)ここはヤバい・長い
8~9合目 50分
9~山頂  60分 ここもヤバい荒い

山頂で25分休憩

(帰り)約4時間45分
頂~9合目 60分
9~8合目 40分
8~7合目 50分
7~6合目 25分 暑さでやられてきた
6~5合目 30分 暑さでへろへろ
5~4合目 45分 暑さでへろへろ
4~麓   40分  膝も痛くなってきたが暑さが和らいで少しはマシ

・塩分不足になったかも?スポーツドリンクを1L以上にして塩気のある食べ物も次回は必要かも?
・今回も体重が2キロ減って93キロになった。やはり痩せる。
・以下は今回購入したニューウェポン。非常に便利でした。リュックに入れた飲み水をチューチュー出来ます。ただこれとは別に、リュックに止める器具も買う必要があります。
SOURCE(ソース) コンバーチューブ SH205SOURCE(ソース) コンバーチューブ SH205

SOURCE(ソース) 2011-04-01
売り上げランキング : 49845

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 さて、明明後日も利尻山に登らないといけません。それまでに筋肉痛は治まるのか???
[ 2016/07/21 22:13 ] 利尻島情報 | トラックバック(-) | Comment(2)

利尻も夏 雨だけどシュノーケリング

 先日は気温13℃でシュノーケリングをしました。今日は雨は降っているものの、気温は22℃と夏の暖かさです。これは泳がなくてはなるまい。というわけでシュノーケリングをしました。

 しかし、海に入ると、寒い寒い寒い....風の関係か?ポイントの違いか分からないのですが、海水が異常に冷たくて30分でギブアップでした。

 今回は、クラゲやら(1枚目)、ウニやら(3枚目)、オオナゴ?(4枚目)やらを見ることが出来ました。基本は5枚目の通り海藻ですけどね。

クラゲ1

クラゲ2

ウニ

オオナゴ?

海藻

 実は今回からカメラがオリンパスのTG-2からTG-4に変わりました。画質その他ですが、基本的には同じです。ただ、太陽が出ていればもう少し良い写真が撮れると思います。

OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS TG-4 Tough レッド 1600万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-4 REDOLYMPUS デジタルカメラ STYLUS TG-4 Tough レッド 1600万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-4 RED

オリンパス 2015-05-22
売り上げランキング : 1146

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[ 2016/07/02 17:51 ] 利尻島情報 | トラックバック(-) | Comment(4)

この夏初の海水浴 ただしウエットスーツ着用

 利尻にも夏が来ました。ただ今日はお昼でも気温は13℃ですけどね

 というわけで、先日シュノーケリングセットを購入したばかりの同僚と海水浴(シュノーケリング)に行ってきました。(写真は同僚です)ウエットスーツ無しでは凍死すると思います。

たそがれ

 こんな感じの磯場から、エントリーです。
磯

 穴の空いたかっこいい岩場もあります。
あなま

 海の中は、海藻と海藻と海藻と海藻と海藻と海藻でした。いつものことですけどね。今回は特に海藻が多すぎてウニも見つかりませんでした。40センチくらいのアブラコだけ見ることが出来ました。小魚の群れは多かったので、夜ガヤなら釣れそうです。他は???

昆布森1

昆布森2

昆布森3

 急に荒れてきたので、30分程度で上がりましたが久しぶりの海は楽しかったです。今度は凪で天気の良い日に泳ぎたいと思います。
[ 2016/06/25 10:30 ] 利尻島情報 | トラックバック(-) | Comment(6)

利尻島はエゾカンゾウがそろそろ見頃です

 今日の夕方は久しぶりに晴れたので、そろそろ見頃のエゾカンゾウの群生地に行きました。(利尻町沓形の神居地区です)花が少なめなのでピークはこれからの気がします。それともピークは過ぎちゃった???一応写真を挙げておきます。

エゾカンゾウ1

エゾカンゾウ2

エゾカンゾウ3

エゾカンゾウ4

エゾカンゾウ

昨年のエゾカンゾウの記事:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1875.html
一昨年のエゾカンゾウの記事:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1775.html

追加
[ 2016/06/19 19:18 ] 利尻島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)

利尻島ではウミネコの雛が産まれる季節です

 利尻島ではウミネコが孵化する季節です。海に夜釣りに行ったところ、ピーピーと鳴き声が聞こえました。近づいてみたところウミネコが孵化していました。

 これは孵化したばかりです。(右側)
雛1

 孵化しかけている卵。(右下)
卵1

 兄弟が3羽で寄り添っていました。もふもふです。
雛2

 少し大きくなって散歩しているいる雛もいました。
雛3

 産まれたばかりの雛の動画です。


 島のあちこちで孵化しており、しばらくしたらどんどん巣立っていくことでしょう。ちなみに釣りは全然ダメでした。ガヤと小型のソイのみでした。
[ 2016/06/16 23:25 ] 利尻島情報 | トラックバック(-) | Comment(2)

礼文島はお花の季節です 桃岩展望台コースをトレッキング(その2)

 礼文トレッキング(その2)です。今回見られた高山植物の写真です。(撮影失敗多数)名前は間違っているかも???参考までに。
(その1)はこちら:http://okapon2005.blog27.fc2.com/blog-entry-1968.html

ミヤマキンポウゲ
植物3

チシマフウロ
植物1

ヒナゲシ
植物7

クロユリ
植物5

レブンハナシノブ
植物2

ハクサンチドリ
植物4

エゾイブキトラノオ
植物7

ミヤマオダマキ 
庭の花

 下の写真のように、海抜0m付近の民家の庭先に高山植物が雑草のように咲き乱れているのは礼文島だけのはず。これは利尻でも無理。

庭の花

レブンコザクラ
花1

ネムロシオガマ
花2

エゾノハクサンイチゲ
花3

サクラソウモドキ
花4

レブンシオガマ
花5

レブンキンバイソウ(礼文固有種)
花6

 一番メジャーな礼文アツモリソウは、島の北側で人工繁殖されており今回は見られませんでした。(今回は南側をトレッキング)しかし、桃岩コースにもあったとのこと!!見逃しましたよ~。
[ 2016/06/12 07:11 ] 利尻島情報 | トラックバック(-) | Comment(4)

礼文島はお花の季節です 桃岩展望台コースをトレッキング(その1)

 利尻礼文は、これからいよいよ観光シーズンのピークに向かいます。今週土曜日に日帰りで、嫁と二人でお隣の礼文島にトレッキングに行きました。コースは一番人気の桃岩展望台コースです。短めのコースですが、花も多く、奇岩も多く見られ、フェリー乗り場からも徒歩だけで行けるのでイチオシです。(今回は利尻島から自分たち以外も多くの人がトレッキングのため礼文に渡ってきていました)

 花はたくさん咲いているのですが、小さい花なので写真を拡大しないと見えません。(クリックで拡大)高山植物なので小さくて可憐な花が多いのです。礼文島はほぼ海抜0mから高山植物が見られる日本では唯一?の場所です。

 礼文島のトレッキングコースは、北海道の数ある観光名所の中でも自然の凄さを感じられるポイントとしてはトップクラスだと思います。心の洗濯にも最適です。利尻山も同じく素晴らしいのですが、利尻山登山と比べるとかなりお手軽なので、誰にもオススメしやすいです。

礼文全景
礼文2

 こんな感じの場所を数キロにわたって歩きます。白っぽい筋が遊歩道です。ずーっと何キロも続いています。
礼文4

 下の写真の右下の離れ岩が、有名な猫岩です。
礼文1

 散策路の西側(写真左)が高山植物帯、東側(写真右)が笹藪帯なのですが、笹藪はまだ緑になっていませんでした。人も少なく絶景を独り占めです。たまにすれ違う観光客も、良さそうな方ばかりでした。(写真は嫁です。腰が悪いので、トレッキングでリハビリです。)
礼文5

 撮影しながらゆっくりゆっくり歩いて3時間半ほどで、北のカナリアパークに到着しました。うっすらと利尻島が見えました。ここが利尻島が最も美しく見えるポイントと言われています。(薄曇りで霞もかかっていました)なんと、アントニオ猪木さんがちょこっと来ていたらしいのですが、私は気がつきませんでした。会えずに残念。
礼文6

 今回は沓形フェリーターミナルから出発し、元地灯台を経由し、北のカナリアパークに行き、そこから徒歩でターミナルまで帰りました。走行距離は11キロ、時間は5時間程度でした。タクシーやバスで送迎されれば2~3時間で十分回れそうです。高齢者の方でも大丈夫です。

 嫁がカナリアパークに飾ってある写真の1枚に小さく写っていたのには驚いた。
写真部屋

 以下のマップは、礼文島トレイルオフィシャルウェブで最新版がダウンロード出来ます。詳しい情報も載っており必見のHPです。
HP:http://rebun-trail.jp/news.html
マップ

(その2に続く)
パノラマ
[ 2016/06/12 07:01 ] 利尻島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)

みんな出ずっぱり 全校生徒33人の島の運動会

 今日、次女(中3)の中学校で運動会が行われました。仕事等の関係で見るのは今回が初めてでした。通常の運動会とは大違いで大いに楽しめました。

 天気は晴れで、最高気温も13℃まで上がりましたが、強風のため手がかじかむほど寒かったです。スキーウェアやダウンジャケットで丁度良い感じでした。毛布をかぶっている人も多かったです。
 
 下の写真が、開会式です。全校生徒33人です。観客は座り放題、移動し放題です。
開会式改

 以下がプログラムです。なんと、13ある競技のうち、11が全員参加競技です。来賓種目も幼児種目も手伝いで出ている生徒は、完全に出ずっぱりです。

プログラム

 特筆すべき点
1 来賓種目がある 
最近はあまりないと思います。年配の町のお偉いさん達に、お玉リレーをやってもらっていました。

2 幼児種目に高校生も参加
幼児種目のパン食い競争に、人が少ないので高校生も参加。大きな体でダイナミックにパン食い競争。

3 10種目までトイレに行く間もなし
あまりにもどんどん進行するために、トイレに行く間も、おやつを食べる間もなし。

4 長縄跳びが成功しすぎていつまでも終了せず
練習では200回台までしか飛べていなかったのに、2年生が372回、3年生が437回も飛んだためにいつまでも終了せず。(合計1時間以上やっていたのでは?例年の優勝ラインは200回程度。) 

なわとび

5 縄跳びで疲れ果てたため、最終競技の前に休憩が入った

6 娘のいた赤チームは、0勝1分け他は全敗かも???負けすぎ。 

7 閉会式で万歳三唱

8 運動会終了後は暗くなるまで学年別に焼き肉

9 暗くなってからはエンドレスに花火大会(我が家は早めに9時過ぎに帰宅)

 朝9時にスタートし、夜9時になっても終わらない大イベントでした。ちなみに私も綱引きに出場しました。3年生の親は重量級揃いでしたので圧勝でした。
  
 この中学校は次年度には統合され、別の場所に新設されるので、この学校として行われる運動会としては最後になりました。(統合されても学校の規模はほとんど変わりませんが...)

佇む
[ 2016/05/29 21:53 ] 利尻島情報 | トラックバック(-) | Comment(2)

NHKのど自慢の反響

 遅くなりましたが、これでのど自慢ネタは最後とします。放送事故寸前とのことで、あまりに反響がでかく、自分で見るのが恐ろしくなかなか通しで見ることが出来ませんでしたが、ようやく通しでみました。他の方がまともだった分、やはり一際ヤバかったですね。「歌っていなくても動きが激しくて目立っているし、後ろにいても前の人より顔が大きく見えるから、遠近法がおかしくなっている。」と嫁から言われました。

 しかしまあとにかく、地元では一気に有名になりまして、利尻島や稚内市の人だけでなく、礼文島の人や浜頓別町の人からも「見ましたよ~」と言われました。また、今回の出演者とは全員初対面でしたが、知り合いの知り合いという人が5人ほどいました。宗谷地方がいくら広いとは言え(京都府と同じくらい)、人口は7万人強しかいませんからね。意外と世間は狭いです。

 放送時、ツイッターでは盛り上がったらしく、「ガッチャマン」がトレンドで13位まで上がりました。相当つぶやかれたようです。少しだけ載せておきます。全国の応援してくれた皆さんありがとうございました。

 今回は、キワモノ枠での出場でしたが、合格したかったですね~。踊りやシャウトをもう少し抑えた方が音程や音色が安定したのですが、パワー重視の全力で行きました。またいつの日か出てみたいです。

1
2
3
4

資料
小林幸子さんのブログ:http://ameblo.jp/sachiko-kobayashi/entry-12153545219.html
アメーバニュース:http://news.ameba.jp/20160424-681/
小田切アナのブログ:http://www.nhk.or.jp/nodojiman-blog/200/243195.html
NHKのHPより:http://www6.nhk.or.jp/nodojiman/list/backnumber.html?i=160424
動画が有りました:http://newskei.com/?p=24931
[ 2016/05/10 20:10 ] 利尻島情報 | トラックバック(-) | Comment(4)

NHKのど自慢への道(本選編)

 本戦の朝は早い。7時45分に集合し、そこからまた怒濤の一日が始まりました。

 まずは、歌唱順の発表と自己紹介からはじまり、服装チェックやら諸注意やら...もう忘れました。続いていよいよリハーサルです。出入りの練習、立ち位置の確認(全体的な見栄えや身長等で微調整がありました。)、マイクの受け渡し、実際の通し練習と次々と行われました。

 自分も含めて皆さん色々と間違えまくっていました。マイクを持っているのにマイクを使わずにしゃべったり(←自分はコレ)、番号を間違えたり、マイクを渡しそびれたり、出るタイミングを間違えたりと、素人集団なのでヤバい感じでした。

 完璧に出来ないうちに、ゲストの小林幸子さんとTMレボリューションの西川貴教さんのマイクチェックが始まりました。最前列でお二人の歌を堪能できました。流石に歌上手いです。TVを通しても上手いですが、間近で見るとさらに凄いです。軽く歌っているだけでも圧倒されました。何かね、もう声の出方がぜんぜん違うのよ。

 その後、ゲストお二人を入れてもう一度軽くリハーサルを行いました。

 その後軽くお弁当をいただいて少し休憩。(確かその時に、出場者1人1人に演出の方から歌についてのアドバイスをいただきました。)休憩時間中は皆さん小声でそれぞれ練習していました。私もブツブツ何回も何回も歌詞をつぶやいていました。(ステージに立つと頭が真っ白になるので、体に歌詞を覚え込ませました。)

 さて、お客さんが全て入場した後私たちも入場するかと思ったのですが、誰も居ないロビーで数人が歌って気合いを入れました。(私も歌いました)皆で円陣を組んで気合いを入れてとうとう会場入りでした。

 TVには映っていませんが、最初の入場は観客席からでした。それから部隊袖に移動してオンエアとなりました。

 さて、本番は見ていただけたとおりです。私の分は、放送事故寸前ですね。

 終わった後はすぐに終わりではなく、チャンピオンがもう一度歌ってから、ゲストのお二人が二曲づつ歌ってくれました。応援に来ていた娘も大興奮だったそうです。裏切り者の嫁は仕事のため応援には来ませんでした
 
 控え室に戻り、いよいよラストです。一人一人感想を言って、プライバシーに関する注意を受け、お土産をもらって2時20分に終了しました。

トロフィー
サイン

 大変名残惜しかったのですが、フェリー最終便の出港まで残り10分しかありませんでした。タクシーが全く居なかったため、稚内駅まで走りタクシーに飛び乗り、釣り銭ももらわず、フェリーのチケット売り場に着き次第大声で「利尻行きのフェリーに乗りまーす」と言ってチケットを買い、また全力で走りフェリーに乗り込みました。既にタラップを外している可能性もあったので、係の人が途中まで着いてきてくれました。出港1分前の2時29分に乗り込めました。ギリギリセーフでした。 

 非常~に長く濃い2日間でした。おかげで体重が1~2キロ落ちました。

体重

(つづく)
[ 2016/04/26 23:34 ] 利尻島情報 | トラックバック(-) | Comment(7)

NHKのど自慢への道(予選編)

 約12年前に紋別市で行われたNHKのど自慢では元同僚と「もののけ姫」を歌って、大ウケしたものの予選落ちしました。今回の稚内大会では見事本戦に出場し、世界130カ国に放送事故寸前の映像をお届けすることが出来ました。そこで、のど自慢を目指す方のために色々と覚え書きをしておきたいと思います。

 ネタバレ多数なので見ない方が良い人もいるかもしれませんが、のど自慢出場のコツというか必要なことは少しは書かれていると思います。


1 最初の関門 応募はがき
 最初の関門が応募はがきです。今回は400通から250通が選ばれました。(都市部は数千レベルだそうです)これは抽選ではなく、選抜です。全て目を通しているそうです。きちんと書き込まなければ受からないようです。また、地域別、年齢別、男女別等でもバランスをとるようです。いい加減に書いてはここで躓きます。特に選曲理由が大切だと思います


2 超難関の予選会
 はがきで選抜された250組から20組が選ばれます。競争率10倍以上の狭き門です。ここが非常に難関です。

 イントロを含めて約1分間の勝負です。(実際に歌うのは40秒程度か?)その短い時間に勝負をつけなくてはいけません。イントロが長い曲は短くされているので注意が必要です。もちろんキーの指定も出来ません。出足が遅い曲だと、もぞもぞ歌っているうちに打ち切られます。

 歌う順番は、五十音順です。そのため同じ歌を歌う人は連続で歌わされます。今回はゲストのTMレボリューションさんの曲が連続でした(5連チャン以上だった気がします)。中島みゆきさんの「糸」もやたらと多かったです。
 歌い終わったら、司会者さんとディレクターさんとお話をします。これも審査対象なのかは不明です。

 ロビーでは時間差で会場内の様子を放映しており、自分の歌う姿を見ることが出来ます。自分は恐ろしくて見ることが出来ませんでした。ちなみに自分の番号は61番でした。

 サービスとして、自分の歌う姿の写真がいただけます。また、可愛いバッジももらえます。

写真
バッジ

 予選会の模様は、地元のTV局だけは放送されます。(2時間枠)予選会にさえ出られれば、地元のTVには出演することが出来ます。これはかなり凄いことだと思います。

3 予選会終了後
 4時間半に及ぶ予選会が終了した後、約1時間の審査時間を経て結果が発表されます。発表は番号順です。番号を呼ばれたときにすぐにステージに上がれなければ失格です。グループ全員が揃っている必要がありますし、未成年は保護者もいないとその場で失格です。この後に行われる説明会も全て出席出来ないと失格となります。

 ここからは、予選通過の電話すら出来ないほど忙しくなります。予選通過者は別室に集められすぐに説明会に入ります。まずは、本戦の説明からはじまり、写真撮影、名前や曲名の再確認、服装のチェック等が行われました。(本戦も予選と全く同じ服装であることが絶対条件です

 アナウンサーの方とインタビューの打ち合わせ、ディレクターの方との打ち合わせ、演奏の方とイントロの出だしの確認と歌うキーの調整等が行われました。(ここで、予選の時に歌った時の原曲CDが必要になるので必ず持って行きましょう)
 全てが終わるまで2時間くらいはかかったと思います。(怒濤の2時間でした)その後にやっと、知人に予選通過の連絡が出来ました。

 その後に、予選に一緒に出場した稚内の知人とカラオケ(光速童路)にてお話しして、軽~く歌ってホテルで宿泊しました。

 スタッフの方々は私たちが帰宅した後、歌った映像や、聞き取り調査を元にして、曲順や立ち位置を決める会議を行ったようです。また、編曲者の方は、本番が生演奏ですからベストな形に1人1人それぞれに譜面を起こすそうです。もの凄い手間がかかっていますね。

(つづく)
[ 2016/04/24 21:39 ] 利尻島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)

4月は出会いと別れの季節

 昨日、今日の2日間で6人の同僚達が旅立っていきました。島ならではの紙テープや生演奏でのお見送りでした。

見送り
見送り2

 今日の気温は3℃と低いうえに、強風が吹き荒れていて非常に寒かったのですが、最後の利尻山はバッチリ見えていました。肉眼でも絵画のようでした。

寒い
利尻山

 今日の午後の便では新しい4人の仲間をお迎えしました。また新しい1年間のスタートです。  
[ 2016/04/01 20:55 ] 利尻島情報 | トラックバック(-) | Comment(4)

BSアンテナが昇天 このままではルパンの最終回が見られない

 金曜日にBSアンテナが故障していることが発覚。本体が海水で腐食して壊れた模様。場所柄、我が家は塩分を含む風が当たるというより、海水が直接かかる環境にあります。(海からは数十メートルは離れていますが、大時化の時には波飛沫が直接到達します)車や家の窓には塩が析出していますし、車は錆でボロボロです。

 そのため、BSアンテナがたった2年で昇天しました。電気回路が入っている部分は下向きですし、一応シールドされているので、水が入る感じでもないのですが、海水に水没したかのように塩を吹いていました。

アンテナ
塩吹き
 
 このままでは日曜日に放送されるルパン三世の最終回が見られません。金曜日の夜にヨドバシに注文し、土曜発送、日曜到着となりました。

 先ほど速攻で設置し、BSを見ることが出来るようにしました。

 これで、日曜日に放送されるルパン三世の最終回はOK

 と思いきや

 ルパン三世の最終回は、確かに日曜ではあるものの、土曜深夜の放送でした。
 つまり、ルパン三世の最終回には間に合いませんでした。
 
 まあ、何にせよ間に合いませんでしたけどね。これで、生涯2度目の最終回見逃しです。ちなみに、最初の見逃しは、実写版セーラームーンです(北川景子がセーラーマーズを演じていたやつ)。

(追記)なんと、ルパン三世の最終回は日曜深夜だったので、さっき確認したら録画されていました。観ることが出来ました。
[ 2016/03/27 13:44 ] 利尻島情報 | トラックバック(-) | Comment(0)
ページ最上部へ